本月三十一日議事日程(請願)自  第一至第二〇五意見書竝びに同月同日議事日程(建議)自 第一至第六十議案及び報告書    ━━━━━━━━━━━━━  請 願   意見書 特別報告第一號復興促進のため特別措置に関する請願(第五号) 請願者神奈川縣藤澤市辻堂五千六百三十五番地会社員梅原悦太郎 紹介議員坂東幸太郎君本請願の趣旨は、現下の日本において、復興すべき事業は多々あるが、住むに家なき國民の住宅復興こそは、急務中の急務である。然るにこれが復興は、闇行爲をしなければ到底不可能である、ついては、資材・賃銀等に関する各種の闇行爲を、闇としないような特別の措置を講じて、復興重点主義を徹底せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第二號開放せられた宮城地域の整備に関する請願(第三号) 請願者藤澤市辻堂五千六百三十五番地会社員梅原悦太郎 紹介議員坂東幸太郎君本請願の趣旨は、今回宮城の一部が開放せられたことは、國民のひとしく感激している所であるが、これら地域の整備は、まだ充分に行届かず、乱雜な状態に放置してある、これは一面恐多いことでもあり、又不便極まりないことでもある、ついては、政府は速かにこれが整備の実をあげられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第三號土木建築等に機械力使用促進に関する請願(第一九号) 請願者藤澤市辻堂五千六百三十五番地会社員梅原悦太郎 紹介議員坂東幸太郎君本請願の趣旨は、我國の土木建築その他における機械使用の実情は、すこぶる不徹底であつて、これでは祖國再建の大業は到底期待することができない憾がある、故に政府は、これを自然の成行に任せておかず、内閣あるいは内務省に一局を設けて、徹底的に機械化の普及並びに在來の器具機械の改良を図られたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第四號各種物資の増産重点主義徹底に関する請願(第二〇号) 請願者藤澤市辻堂五千六百三十五番地会社員梅原悦太郎 紹介議員坂東幸太郎君本請願の趣旨は、救國の根本である各種物資の増産を実現するため、事情の如何を問わず、一切の障害となるものは断然これを排除して、増産重点主義を徹底させ、漸次國民生活を潤沢ならしめるよう、必要な措置を講ぜられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第五號配給公社設置反対の請願(第六七号) 請願者栃木縣芳賀郡物部村大字高田高橋匡房外四名 紹介議員山口好一君本請願の趣旨は、政府は臨時物資需給調整法に基いて、近く配給公社設置の企図を有するようであるが(一)公社では安心して次の生産計画ができない。(二)農民の利益と一致しない。(三)日本肥料会社の反対と同じ欠点が指摘される。(四)農業者の協同経済運動を否定するものである。(五)農地改革に関する連合軍の指令に反する。ついては、かかる法案が議会に提出された場合には、集荷配給の公平適正と、明るい日本農村建設の見地から、同法案を審議せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第六號ソ連軍占領地からの復員促進に関する請願(第四六号) 請願者北海道後志郡余市郡大江村大字仁木村杢保弥代吉 紹介議員小川原政信君苫米地英俊君本請願の趣旨は、終戰後第三年を迎えて、新憲法は愈愈実施の運びとなつたが、ソ連管下にいる多数の未復員者は、遠くシベリヤ方面に移駐せられたようである。しかも同方面よりの送還はなお四、五年を要することでもあり、酷寒の地にあつて、強制労働に服しているようであるが、その安否さえ計り知れないような有樣である。又その家族たちは、老いたる者はその子の帰るのを待たないで死し、妻子は路頭に迷うものも少くないのである。ついては、政府は速かにこれらの將兵が一日も早く帰ることのできるように、あらゆる方法を講ぜられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第七號相模原町座間を座間町に分立の請願(第一八号) 請願者神奈川縣高座郡相模原町座間入谷三千六百十番地農業山田和夫 紹介議員坂東幸太郎君本請願の趣旨は、神奈川縣高座郡相模原町は、昭和十六年四月軍部の半重圧的な勧告により、旧座間町外七箇町村を合併して、本邦にその類を見ない大きな町を建設したのであるが、敗戰の今日においては、最早根底よりその意義を失い、町の行政機構の如きも全く跛行状態にあり、且つ交通不便による住民の各種用務の澁滯も大なるものがある、故に速かに旧座間町を相模原町より分立せしめられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第八號旗川築堤工事施行の請願(第七〇号) 請願者栃木縣安蘇郡赤見村大字赤見賣野林作 紹介議員山口好一君本請願の趣旨は、栃木縣安蘇郡旗川村、赤見村及び佐野市地内を貫流する旗川は、旗川橋附近において、築堤がないため、崩壞等を起して、水路も時時変化をする、そのために両岸の田畑は多大の損害を受けつつある、ついては、食糧増産のため、又水路を必要程度に狹く整理して、ここに植林等もできるようにするため、旗川橋上下、各一里の間に、河身改修の工事を行い、同時に両岸に堤防を速かに築かれたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第九號姫路、上郡間道路改修の請願(第三七号) 請願者相生市陸千二百九十五番地ノ一西播合同運輸株式会社社長小西喜代治外一名 紹介議員森崎了三君本請願の趣旨は、兵庫縣下姫路、上郡間の國道は、隣接各府縣の貨物自動車の往來最も頻繁であり、且つ民営バスの運轉も最近復活したので、たださえ惡道路である所の上郡、姫路間四十二粁の路線は、待避又待避で、二時間余を費すと共に、振動が激しいために、自動車並びにタイヤーの損傷は、はなはだしいものがある。ついては、速かに本路線の幅員を拡張し、路面を改修して、國家再建、産業復興のために資せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一〇號姫路、下関間國道第二号線改修の請願(第五〇号) 請願者東京都京橋區全國貨物自動車運送事業組合聯合会々長吉松喬外一名 紹介議員森崎了三君本請願の趣旨は、山陽國道は、國道第二号線の大部分を占める本州西部を貫く最重要幹線道路であるが、その道路は昔のままの非常に不完全なもので、再建日本の文化に適應した機能を発揮することはできない実情である。そもそも産業の興隆と國民生活の向上を企図するためには、路面交通機関の発達と、その活躍とによらなければならない、然るにこの東海道と並び稱される山陽道を、現状のままに放置されることは、誠に慨嘆に耐えない。ついては、政府は速かに本國道の改良工事の実施を図られたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一一號帶廣、札内間道路を地方費道に編入並びに札内川に橋梁架設の請願(第三六号) 請願者北海道中川郡幕別町長代理助役富谷武夫 紹介議員森三樹二君本請願の趣旨は、北海道中川郡幕別町字札内町村道南四線道路の箇所は、本町の西部に位し、地味が肥えていて、農産物の生産量は断然他を圧するほどの農耕地である、然るに近來の交通状態は、鉄道輸送より道路輸送に轉換しつつある現状であるから、本道路と帶廣市を結ぶ間を地方費道に編入して、その効用を発揮されたい、又本町及び東十勝と帶廣市とを結ぶ路線には、現在札内橋があるのみで、災害等の場合には交通不能の虞もあり、且つはなはだしく回わり道をしなければならないので、この札内川に橋梁を架設し、以て地方産業の振興を図られたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一二號自給製塩業者助成に関する請願(第六一号) 請願者福島縣双葉郡富岡町自給製塩組合長大和田進外七十四名 紹介議員中野寅吉君同上(第六二号) 請願者福島縣双葉郡富岡町大字小浜農業玉井惣三郎外百二名 紹介議員中野寅吉君同上(一〇六号) 請願者福島縣耶麻郡岩月村大字喜多方八百番地著述業幽岳小百合外八名 紹介議員中野寅吉君本請願の趣旨は、海の國日本が、食塩に困つている現状を見るに忍びないで、福島縣双葉郡一帶の住民は、自給製塩に邁進し、日産二千貫余を産出して、数十万の同胞に供給しているが、製塩業の生命線ともいうべき薪木は、一束につき十四・五円、ほかに統制手数料一円五十錢を納入しなければ、入手困難な状態である。ついては、製塩用薪木を薪炭統制規則の外に置き、更に海水のボーメーを高める所の濃縮設備並びに熱処理釜等の合理化の指導をせられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一三號未成年者飮酒禁止法の徹底に関する請願(第二号) 請願者藤澤市辻堂五千六百三十五番地会社員梅原悦太郎 紹介議員坂東幸太郎君本請願の趣旨は、未成年者の飮酒は、既に法の禁ずる所であるが、戰時中この惡風にわかに増大し、更に終戰後は、失望と落胆とにより、虚脱状態にあるこれら未成年者の飮酒の惡風益益増大し、誠に寒心に耐えないものがある。ついては、政府はこれが取締を強化し、本法の徹底を期せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一四號未成年者喫煙禁止法の徹底に関する請願(第二一号) 請願者藤澤市辻堂五千六百三十五番地会社員梅原悦太郎 紹介議員坂東幸太郎君本請願の趣旨は、未成年者の喫煙は、生理的にも医学的にも有害であるばかりでなく、風儀を害し、教育上にも惡影響を及ぼすことは明白である、然るに近來労働に從事する青少年はもちろん、中学生に至るまでこの弊害に陷つてゐるのであつて、誠に慨嘆に耐えない、しかも諸般の実情より察して、國家の力によるのでなければ如何ともし難い現状である。故に政府は現行法規を励行して、この惡風の絶滅を期せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一五號藏王山國立公園指定に関する請願(第四一号) 請願者山形縣南村山郡堀田村長代理助役伊東與三郎外五名 紹介議員牧野寛索君本請願の趣旨は、山形縣藏王山は、十数里にわたる一大火山群より成り、高山植物においても異草名花を有し、且つ冬山の樹氷群團は世界無比であり、又温泉郷であるのみでなく、科学の山、景勝の山、國民保健の山として学界、文化人、アルピニスト等の、又近來は進駐軍の、眞に当山の眞價を激賞する所である、ついては、文化國家、観光日本として立つ今後の我が國としては、その使命達成上、廣くこれを國際的に紹介するため、前記藏王山を國立公園に指定せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一六號盲唖者処理改善に関する請願(第五八号) 請願者京都市上京区花ノ坊町一番地京都府立盲学校長島田俊平 紹介議員田中伊三次君本請願の趣旨は、盲唖者の処遇を改善するため(一)法的差別を撤廃して(イ)判・檢事、弁護士等になり得る途を開き(ロ)医療関係者になり得るように國民医療法を改正すること(二)社会施設を充実して(イ)養老年金制度を確立し、老後の生活を保証し(ロ)交通機関の乘車及び有料文化施設に入場の際は、附添人の料金を全免し(ハ)國立点字出版所を設立して、優良図書を出版し(ニ)全國の図書舘に盲人部を設け、点字文献の整備を図書舘法文中に追加すること(三)学制改革について(イ)義務就学制を実施し(ロ)高等諸学校、大学の門戸を開放し(ハ)盲人で盲学校教員に、聾者で聾学校教員になろうとする者には、檢定試驗により資格をとり得るようにし、(ニ)國立盲人大学を各地に設立して、地方盲人に大学教育をうける機会を與えること、もしそれができない場合には、京都に設立すること等の措置を講ぜられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一七號食糧供出妨害者処罰に関する請願(第三三号) 請願者藤澤市辻堂五千六百三十五番地会社員梅原悦太郎 紹介議員坂東幸太郎君本請願の趣旨は、食糧の統制の行われている今日においては、その供出がなければ、一般國民は餓死するより外ないのである。然るに農家に対して、政府の買上げ價格が安いという理由の下に、供出の必要がないというようなことを宣傳して、供出の妨害をなす者がある。これは一面農家に違法をしいるものであり、反面闇を助長するものであるから、政府は闇を取締ると同時に、これらの妨害行爲に対しても、法規を励行して嚴重に取締られたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一八號新憲法の精神徹底に関する請願(第四号) 請願者神奈川縣藤澤市辻堂五千六百三十五番地会社員梅原悦太郎 紹介議員坂東幸太郎君本請願の趣旨は、興國の氣風も教育の方針も社会の改善も、要するに新憲法を國民に周知せしめ、その精神を徹底せしめることが根本である。もちろん政府においても議会においても、これが普及徹底に努力はしているが、その発足いささか鈍き憾がある。ついては、速かに万全の策を講して、これが徹底を図られたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一九號下田町の史跡及び天然記念物調査に関する請願(第三二号) 請願者藤澤市辻堂五千六百三十五番地会社員梅原悦太郎 紹介議員坂東幸太郎君本請願の趣旨は、靜岡縣下田町には、史跡として、天正年間の名城である鵜島城趾のある天主台、下田奉行所跡、下田條約締結の場所である了仙寺、ハリス氏が領事館としれ使用した玉泉寺等があり、又天然記念物として、吉田松陰の銅像のある三島神社境内に千古の奇岩があり、何れも後世に記念するに足るものと信ずる、ついては、政府は速かにこれらについて詳細に調査の上、史跡及び天然記念物として指定せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第二〇號米澤工業專門学校昇格に関する請願(第三九号) 請願者山形縣織物統制組合理事長猪俣政次郎外一名 紹介議員牧野寛索君同上(第四〇号) 請願者米澤市長代理助役安部多門 紹介議員牧野寛索君本請願の趣旨は、米澤工業專門学校は、明治四十三年設立以來、本縣並びに東北地方の産業に対して、積極的に指導啓発の任に当つて來たのであるが、最近著しく纖維産業の重要性が増大せられるに至つた、然るに本縣は、上杉鷹山公の昔より、纖維産業については、他縣に比し、常に優位指導的立場にあるので、この際我が米澤工業專門学校をして、紡織を主とする單科大学に昇格して、我が國纖維産業のため、絶大なる貢献をなさしめるようにされたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第二一號学童による空閑地利用の桑樹増植に関する請願(第四二号) 請願者栃木縣下都賀郡石橋町大字下石橋百九十八番地農業吉田幸四郎 紹介議員菅又薫君坂東幸太郎君本請願の趣旨は、生糸及び絹織物は、食糧以下輸入貿易の見返品として、又國内纖維給源の大宗として重要なる事実に鑑み、養蚕業の振興こそは、平和日本再建の緊要事と信ずる、ついては、第九十囘議会にもこれが請願を提出して採択されたのであるが、全國の学童をして、空閑地を利用して桑樹を増植するよう、速かにその実現方を図られたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第二二號大谷光瑩の事績を國定教科書に載録の請願(第四七号) 請願者北海道虻田郡倶知安町僧侶松下求 紹介議員小川原政信君苫米地英俊君本請願の趣旨は、大谷光瑩は、明治維新の直後、内外多端、世相混迷の際、早くも北海道の開拓・移民・教化の三大願を具申し、勅許を拜して、一行百八十名を率いて渡道し、途中排佛家の妨害等種々の困苦を突破して、諸所に道路を改修、新設し、橋梁を架設すること数十に及んで、まづ開拓の基礎を築いたのである、これより先、光瑩は渡道前各地を巡つて、開拓移住の奬励をしたため、その後移民の数も増加し、植民の実績が大いに挙り、本願寺農場の名を各地に留めるに至つた、これらは皆その宗教的感化の力である、しかもその年齢は、わずか十九才であつた、このような捨身的な精神と進取的な氣象とは、全く模範的な活教材とするに足るものである、ついては、この大谷光瑩の事績を國民学校用教科書に載録せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第二三號大宮村所在旧中島飛行機工場住宅敷地の買戻しに関する請願(第六八号) 請願者栃木縣下都賀郡大宮村長飯島長一郎 紹介議員山口好一君本請願の趣旨は、栃木縣下都賀郡大宮村は、もと山林五十四町余を保有していたのであるが、今次戰爭の拡大に伴い、本村大字大宮並びに平柳に、昭和十六年十二月旧中島飛行機株式会社栃木工場設置のため、山林十七町、畑七町余を工場敷地として、又昭和十九年十月山林四町五反余、畑二反余を同工場從業員の住宅敷地として、買收されたのであるが、住宅敷地の方は全然起工するに至らなかつた。ついては、食糧増産上、緊要なる自給肥料の原料である落葉並びに燃料確保のため、現在ほとんど放置されている所の右山林を、前所有者に買戻させて、農耕の便益を図られたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第二四號 小野寺郵便局に電話事務開始の請願(第六九号) 請願者栃木縣下都賀郡小野寺村大字新里横山勇一 紹介議員山口好一君本請願の趣旨は、栃木縣下都賀郡小野寺村は、疊表、茣蓙等の生産地であつて、その年産額は五百万円に垂んとする情勢である、更に林産、米産等も多く、各都市との取引の関係から、村民の電話加入希望者は数十に及んでいる、ついては、速かに小野寺郵便局に電話事務を開始せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第二五號熱海市所在の農地を農地調整法より除外の請願(第一七号) 請願者靜岡縣熱海市長鶴見憲外二十五名 紹介議員坂東幸太郎君本請願の趣旨は、靜岡縣熱海市は、由來温泉都市として発展して來たのであるが、今後は國際観光都市として益益外貨獲得の重大なる使命を帶びることとなつた、然るに農地調整法が施行されるに及んで、観光大熱海建設に一大障害を來たすこととなつた、ついては、熱海市所在の農地は、農地調整法より除外せられたというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第二六號農耕地の一部に牧草地設置の請願(第二五号) 請願者藤澤市辻堂五千六百三十五番地会社員梅原悦太郎 紹介議員坂東幸郎君本請願の趣旨は、我が國は比較的家畜の少いことと、肥料の欠乏していることとが食糧事情の貧困を來さしめているので、これが改善の方法として、一面には家畜の飼養を大いに奬励し、反面には農耕地の一部に牧草地を設定し、これを輪作することによつて牧草及び肥料を自給し、農産、畜産の増産に資するため、適当な方策を講究して、これが実施を図られたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第二七號一行政区域内に農地分区制度の再檢討に関する請願(第二九号) 請願者藤澤市辻堂五千六百三十五番地会社員梅原悦太郎 紹介議員坂東幸太郎君本請願の趣旨は、農地法施行の根本精神は、自作農の創設であつて、これにより農地の効用発揮と、小作人の地位の向上を図るにあるのであるから、近き將來において宅地となり、あるいは工場地となる見込のある土地をしいて行政区域内であるにもかかはらず、農地として分置する必要はない、かかる場合にはその土地を買取つた小作人が地主となつて、これを宅地用、工場地用として、高地代收納の不労所得を得たり、更にこれを高價に賣却したりすることができる。このような弊害を防止するため、本制度を再檢討せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第二八號自動車用木炭増配の請願(第四九号) 請願者東京都京橋区木挽町全國貨物自動車運送事業組合聯合会々長吉松喬 紹介議員森崎了三君本請願の趣旨は、物資輸送力の確保が重要視されている今日において、自動車用の代用燃料、特に木炭の現物入手が極めて困難である、そのため木炭車の一箇月平均稼働日数は、僅に六日程度である。このような状態では、一般民生の安定、労働爭議等、社会問題も予見せられて、実に由々しき大事であるといわなければならない。ついては、これが緩和策として木炭用燃料の増配を懇請すると共に、現在休眠を余儀なくされている石炭、コーライト燃料車にも、これを木炭車に換算して、総合的配給制を実施し、配給量の増加を図られたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第二九號茶業振興に関する請願(第三五号) 請願者藤澤市辻堂五千六百三十五番地会社員梅原悦太郎 紹介議員坂東幸太郎君本請願の趣旨は我が國の製茶業は、世界的にも有名で、かつてはその産額の半数まで輸出した実績がある。然るに我が國の食糧事情は、急速にその増産を期することのできないことはもちろん、又経済を無視して高價な食糧を生産することも不利であるから、日本の特産物である製茶を奬励して、これを見返品として、比較的安價な食糧品を輸入する方が合理的である、ついては、戰爭のために茶園は荒廃し、諸般の條件は惡化しているが、政府は速かに適切な対策を講じて、茶業を振興して、國民生活の安定に資せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第三〇號酒田市に國営肥料工場設置の請願(第五六号) 請願者酒田市長代理助役臨時代理者本間重三外三名 紹介議員圖司安正君石黒武重君大久保傳藏君同上(五九号) 請願者鶴岡市長加藤精三外五名 紹介議員圖司安正君石黒武重君大久保傳藏君山本武夫君本請願の趣旨は、山形縣庄内地方は、昨年のような近年まれに見る豊作型の好天候にも、肥料不足のため、平年作が穫れないような有樣である、これでは全國に著聞している庄内米の危機も眼前に迫つているものだといえるが、床内米の崩壞は、國家の食糧政策の全面的崩壞を意味する、この眼前の危機を救うため、陸、海運共に惠まれている酒田市に、國営の肥料工場を速かに設置せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第三一號栃木縣下に大麻作付許可の請願(第四四号) 請願者栃木縣栃木市旭町四十四番地知久保雄外一名 紹介者員山口好一君同上(第四五号) 請願者栃木縣下都賀郡石橋町下石橋百九十八番地農業吉田幸四郎 紹介議員菅又薫君坂東幸太郎君本請願の趣旨は、マニラ麻の輸入のない今日において、國産麻は、各方面に日常用品として需要が著しく増大されることになつた、しかしその國産大麻の八割は栃木縣南部において生産されてゐたのであるが、最近この大麻の作付が関係当局によつて禁止されることになつた、これは実に生産者の死活問題であり、且つ大麻需要にも一大障害となるものである、しかもその禁止の理由は、麻は麻藥の原料となる虞があるというのであるが、生産者は断じてそういうことはしないのである、故にこれが禁止を速かに撤去して、從前の通り作付を許可せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第三二號大津漁港修築費國庫補助増額の請願(第二七号) 請願者茨城縣多賀郡大津町長臨時代理者村山清藏外一名 紹介議員山崎猛君本請願の趣旨は、茨城縣大津港は、縣下有数の重要漁港であるのに鑑み、先に農林省補助工事として、國家的見地より、昭和六年度及び昭和十一年度より工事を継続実施されたが、なほ設備が不充分であるため、昭和二十一年度より工費百万円を以て第三期工事を続行することに決したのであるが、なお且つ漁港としての完全を期することは、現下の窮迫した情勢下にあつては到底実現が困難であるから、昭和二十二年度において、更に九百万円の工費を計上して、最後の完成を期したい、ついては、右工費に対する國庫の補助を願いたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第三三號主食の供出方法その他に関する請願(第七二号) 請願者大分縣速見郡由布院村農業会長右田喜由外八十八名 紹介議員松原一彦君本請願の趣旨は、米麦の供出割当に関しては、農家が協同して自主的に決定するようにして、供出の基本数量は土地により決定し、檢見による方法を廃止し、供出完了後の残余は、農家の自由処分とし、代替物の供出を認め、自家保有米を一日一人六合とし、その外に祭礼慶弔用米として、相当量保有するようにしたい、又農村の振興を図り、農業生産の奬励方法を農家の生活と密接するようにし、農事の奬励施設に特別の配慮を拂い、田園の窃盜を嚴重に取締る等のことによつて農村の民主化と生産の増強とを図られたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第三四號供出米用包俵還付の請願(第四三号) 請願者東京都豊島区目白町三丁目三千六百二十五番地川崎巳之太郎君 紹介議員菅又薫君坂東幸太郎君本請願の趣旨は、農家の産米供出の奮発心を鈍らせるものは多々あるが、供出用包俵が無償であつて、絶対に農家に還つて來ないということも、その一つの大きな原因になつてゐる、なぜならば、近頃の物價高につれて、藁工品が非常に暴騰して、米俵の如きものも十五円の高値を呼んでいる、そういうものが中間業者に無償で押收されてしまうことは、はなはだしい不合理であるのみでなく、農家が次の供出をする際に、又新たに包俵の買入れをしなければならないので、その手数と迷惑は並大抵のものではない、故に包俵は、原則として必ず農家に還付するような方策を講ぜられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第三五號苫前村力晝に簡易乘降場設置の請願(第三四号) 請願者北海道苫前郡苫前村字力晝漁業平尾八郎外一名 紹介議員坂東幸太郎君本請願の趣旨は、北海道苫前郡苫前村字力晝は、鬼鹿村より本村に至る間の中心地で、学校、郵便局等の公共設備があり、戸数も二百戸に及ぶ所である。然るに鉄道の駅は、南方二粁の戸数十数戸の地点にあり、住民の不利不便は言語に絶するものがある。ついては、この辺一帶の中心地である力晝に速かに簡易乘降場を設置せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第三六號谷山町坂上に簡易停車場設置の請願(第五五号) 請願者鹿兒島縣鹿兒島郡谷山町代理大山五之助外三名 紹介議員上林山榮吉君本請願の趣旨は、鹿兒島縣鹿兒島郡谷山町坂之上は、指宿線谷山、五位野両駅の中間に位し、鹿兒島無線電信局谷山受信所があり、人口多くして交通又頻繁を極め、且つ農産物に富み、大森林を控えて、將來林産業の発展又期せられるのである。然るに坂之上は谷山、五位野駅間六、七粁の中間にありながら、同地域内に停車場を有しないので、住民の不利不便はなはだしく、産業の開発上誠に遺憾である。ついては、所要の経費、建物等全部を地元関係者において負担する故、速かに同所に簡易停車場を設置されたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第三七號仁木驛の跨線橋新設その他に関する請願(第四八号) 請願者北海道余市郡大江村長代理助役星山羊三 紹介議員小川原政信君苫米地英俊君本請願の趣旨は、北海道余市郡大江村は、純農村であつて、水稻と果樹・蔬菜を主産物とし、その年産額は約二千万円で、小樽・札幌両市を始め、全道主要都市への果樹・蔬菜の給源地である、しかして本村内の大部分は函館本線が縱貫していて、小樽・札幌両市と接近している関係上、從來から両都市よりの往來は頻繁であつたが、終戰前より今日に至るまで、轉入する者約一千人を数へ、特に昨今の食糧事情等のため、一層その往來は頻繁を極めるに至つた、然るに仁木驛は、明治三十八年建築当時そのままであつて、その狹いことは、雨天並びに冬季間における乘降客の困惑に耐えない所である、ついては、乘降時の危險防止のため、跨線橋を設置すると共に、駅舍の改築、貨物線ホームの延長、貨物倉庫の増築等の諸工事を速かに実施せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第三八號唐津、呼子間に鉄道敷設又は省営バス運輸開始の請願(第一三号) 請願者唐津市長代理助役横尾佐六外三名 紹介議員中村又一君本請願の趣旨は、唐津市より佐賀縣東松浦都湊村及び打上村を経て呼子町に至る約二十粁の間は、その位置九州北端に位し、わが國有数の大漁場を控え、海産物極めて多く、陸産物又豊富である、この海岸線一帶は、古來より海外との関係深く、且つ観光地帶としても有名で、呼子港は海上交通の要衝であつて、將來は産業の発展と相俟ち、國際観光地帶として、その隆昌は大いに期待することができる、然るに交通機関は、私営バスのみに依存しているため、地方住民の不便は言語に絶する有樣である、ついては、この区間に速かに鉄道を敷設せられたいのであるが、遅延の虞ある場合には、とりあえず省営バスの運行を即時実施せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第三九号豊富、沼川間鉄道敷設の請願(第一六号) 請願者北海道天塩郡豊富村市街地酒井繁太郎外十五名 紹介議員坂東幸太郎同上(一三七号) 請願者北海道天鹽郡豊富村豊富村開發振興会長酒井繁太郎外二名 紹介議員太田鐡太郎君本請願の趣旨は、北海道天塩郡豊富村の、農・林・鉱産資源が豊富で、その産額も多く、殊に本村よりエベコロベツ駅逓を経て沼川に至る間には、無盡藏と称せられる四十余の炭鉱区、密生する國有林、その他温泉、石油鉱区等があつて、もし交通運輸の便があつたならば、これが開発に資する所大なるものがある、昨春札幌鉄道局において、幌延、エベコロベツ駅逓間を測量したようであるが、この区間は山岳地帶で、工事至難なる箇所である、ついては、豊富、沼川間二十八粁の区間は、現在石炭輸送等のため日曹鉱業所の鉄道が敷設されているのであるから、この鉄道を省線に変更して、整備強化し、更にスベコロベツ駅逓より沼川間の鉄道を新設する方が得策と考えられる、ついては速かに比較測量実施の上、豊富よりエベコロベツ駅逓を経て沼川に至る鉄道を敷設せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第四〇號今市、田島間鉄道敷設の請願(第二四号) 請願者栃木縣今市町長熊谷安正 紹介議員山口好一君船田亮二君大島定吉君金子益太郎君山口光一郎君高瀬傳君江部順治君菅又薫君杉山一郎君戸叶里子君本請願の趣旨は、栃木縣今市町と福島縣田島町とを連ねる線は、表日本と裏日本とを結ぶ線であつて、昔から「お藏入」と称せられた奧会津の大資源を開発する鍵となるもので、戰後復興の使命を達成する上に絶大なる貢献をなすものである、本路線は世に野岩羽鉄道と稱せられて、その期成運動には、実に五十年の長き歴史を有するのである、昭和十一年には本鉄道の敷設工事に着手したのであるが、その後日支事変等のため、延々になつて今日に至つたのである、今や國家が最もこれを必要とする時において、又ここに請願するものである、ついては、政府は速かにこれが工事に着手して、今市、田島間の鉄道敷設を促進せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第四一號直江津、六日町間鉄道敷設等の請願(第五一号) 請願者新潟縣東頸城郡松代村長市川俊雄外九名 紹介議員塚田十一郎君本請願の趣旨は、信越線直江津駅より東頸城郡安塚村、松代村、中魚沼郡千手町、十日町等を経て、上越線六日町駅に連絡する鉄道を敷設するならば、同地方の文化産業の開発に貢献し得るのみでなく、北陸地方より上野駅に至る場合、信越線を経由するに比して、所要時間においても多大の短縮を期することができる、故に速かに本鉄道を敷設せられたいというのである、もし現下の國内情勢から、全線の敷設が困難ならば、信濃川発電工事のため現在十日町、浅川原間に運轉されている建設列車を営業用に充当して、一般旅客並びに貨物を輸送し、後日更にこれを延長敷設せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第四二號水戸、小見川間鉄道敷設の請願(第五七号) 請願者千葉縣香取郡小見川町小堀晃三外三十名 紹介議員寺島隆大郎君本請願の趣旨は、茨城縣鹿島郡鹿島町より同郡波崎町に至る一帶は、我が國有数の漁業地であるのみでなく、農産物の産額もすこぶる多く、且つ風光明媚の地である、故に我が國産業の振興の上からも、観光事業振與の上からも、地方開発の見地からも、水戸市より茨城縣鹿島郡鹿島町に至る國鉄新設線を延長して、同郡息栖村地先で、利根川を横断し、千葉縣香取郡小見川町において佐原松岸線に接続する鉄道を速かに敷設せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第四三號岩内、黒松内間鉄道敷設の請願(第六三号) 請願者北海道岩内郡岩内町長代理助役角田定吉外七名 紹介議員小川原政信君苫米地英俊君本請願の趣旨は、北海道西海岸地方は、本道文化発祥の地であつて、しかも水産界の宝庫であると共に、穀類、木材、鉱産物も多く、海陸の資源が極めて豊富であるにもかかわらず、鉄道の敷設されないことは、誠に遺憾である、幸い凾館本線より海岸に通ずる岩内線、壽都線、瀬棚線、福山線等があつて、わずかに西海岸の要所に点出してはいるが、それらの線を連絡する海岸線の敷設がない、然るに岩内、壽都、磯谷海岸地方は、その開発最も古く、本道漁業発達の根源地であり、殊に將來岩内町において港湾修築工事が完成すれば、漁業並びに機帆船の根拠地となることも予想され、その発展が期待される、ついては地方住民の利便を図ると共に、無盡の資源を開拓する交通路線として、岩内駅より、島野・磯谷・歌棄・熱郛・樽岸の各村を経て、黒松内駅に至る國有鉄道を、海岸連絡線の第一着手として敷設せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第四四號別刈、瀧川間省営バス運輸開始の請願(第二三号) 請願者北海道増毛郡増毛町長職務管掌地方事務官古田錦榮 紹介議員坂東幸太郎君本請願の趣旨は、北海道増毛郡増毛町は、本道屈指の豊富な魚田を有しており、殊に別刈村の漁獲高は本町の七割を占める状況である、然るに輸送機関不備のため、折角の鮮魚もその鮮度が極度に落ちている実情である、故に別刈村から雨龍郡北龍村を経て、空知郡瀧川町に通ずる路線に、省営トラツクの運行を開始せられたいというのである、なお本路線には、既に集團帰農者も多数入地しており、今後も益益増加の見込であるから、同時に省営バスの運輸も開始せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第四五號連合軍の拂下げ自車動による省営トラツク運営制限に関する請願(第三八号) 請願者神戸市生田區橘通一丁目一番地森崎了三 紹介議員森崎了三君同上(一〇一号) 請願者東京都京橋区木挽町一ノ二全國貨物自動車運送事業組合連合会会長吉松喬 紹介議員森崎了三君本請願の趣旨は、省営自動車による運輸の開設は、民営では採算のとれない路線もしくは、鉄道敷設に代るべき短路線に限定することが、運輸当局の方針であるにかかわらず、連合軍の拂下げ自動車を以て省営自動車運輸の大拡張を企てることは、連合軍の指令にも反し、又鉄道財政の赤字を増加し、更に民間企業を圧迫して、日本の産業再建を阻害するものである。故に速かに前記拂下げ自動車による省営トラツクの運営を制限し、余剩は民間に貸與して、自動車輸送力の総合的拡充強化を図られたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第四六號高森、小野屋間省営バス運輸開始の請願(第六六号) 請願者大分縣直入郡竹田町長高宮蘇吉外二〇名 紹介議員原尻束君本請願の趣旨は、高森線高森駅を起点とし、熊本縣阿蘇郡草部村、野尻村太分縣直入郡宮磯村、入田村、玉來町、竹田町、城原村、久住町、都野村、長湯村、下竹田村、同縣大分郡東庄内村を経て、同郡阿南村小野屋駅に至る路線に省営自動車の運輸開始は、沿道関係町村民の切実な問題として、多年熱望して來た所である、この路線中、竹田を中心とする宮砥に至る路線と、竹田より小野屋に至る路線には、現在民営によるバスの運行があるけれども、運轉回数は少く、車輛は破損し、時間が不正確で、地方民の不利不便はもちろん、熊本、大分両縣にわたつて重要物資の生産に富んでいる地方も、輸送難のために困つている現状である、ついては、前記区間に速かに省営自動車の運輸を開始せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第四七號小湊港一般用岸壁並びに船溜等工事施行に関する請願(第一号) 請願者青森縣東津軽郡小湊町長楠美隆之進 紹介議員夏堀源三郎君小笠原八十美君苫米地義三君山崎岩男君大澤喜代一君笹森順造君津島文治君本請願の趣旨は、青森縣津軽郡小湊港は、北海道と本州を結ぶ最も能率的な連絡港であり、目下運輸省の手によつて、同省專用の築港諸工事が進められているが、これと併行して、一般民間用の岸壁並びに二個所の船溜と防波堤及び導水堤を國費によつて建設し、本港を將來商港、工業港として発展せしめられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第四八號下田港拡張計画樹立に関する請願(第三一号) 請願者藤澤市辻堂五千六百三十五番地会社員梅原悦太郎 紹介議員坂東幸太郎君本請願の趣旨は、靜岡縣下田港は、東・西・北の三方を丘陵に囲まれた所の、伊勢湾、京浜間の良港であつて、湾入深く、水深に富み、風波をしのぎ、碇泊に便利である、既に繋留岸壁の一部及び臨港道路の建設はできてゐるが、將來下田町を中心として、近接村である濱崎村、白濱村、稻生澤村及び朝日村を打つて一丸とする大下田市の港湾としては、なお不充分であるから、本港に注ぐ川口の浚渫、繋留岸壁、波止場、棧橋の建造、その他各種の港湾に必要な背後施設を完備して、大量貨物の出入、多数船舶の碇泊に便利ならしめるように、速かに拡張計画を樹立せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第四九號罹災地における厩舍、作業場、堆肥舍等を家屋建築制限より除外の請願(第一一五号) 請願者宮崎縣兒湯郡高鍋町農民組合常任委員長川崎清八 紹介議員鹿島透君本請願の趣旨は、宮崎縣地方は、昭和二十年八、九月の二回にわたり暴風雨の被害を受け、農家の大半は倒壞して、その復旧は遅々として進まない、殊に厩、作業場、堆肥舍等は、そのままになつている現状である、然るに今回住宅以外の建築は不可能となるような制限が発せられた、かかることは、時局下最重要なる食糧の生産を阻害することはなはだしい、ついては、罹災地におけるこれ等建築物の復旧については、速かにその制限より除外し、且つ木材、釘等の資材を優先的に配給せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第五〇號飮食料金統制撤廃に関する請願(第一四二号) 請願者神奈川縣藤澤市辻堂五千六百三十五番地会社員梅原悦太郎 紹介議員坂東幸太郎君本請願の趣旨は、飮食料金を統制しても、業務用物資の公定價格による配給のない限り、丸公物資のみを以て営業のできる店のあるはずがない、從つてこの統制を逆用する惡徳業者すらあるのであるから、寧ろ飮食料金の統制を撤廃して、自由競爭に委せて、正直な営業者を勝利に導くようにせられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第五一號消費節約に関する請願(第一二四号) 請願者東京都世田谷区玉川奧澤町二丁目三百一番地岡田進 紹介議員布利秋君本請願の趣旨は、我が國現在のインフレ克服の途は、國民の一人々々が各自の消費を節約する以外にない、政府は國民の不用意な購買を抑制して、買おうとしても買えないような方策を樹立せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第五二號宮崎、都城間國道中一部変更促進の請願(第九三号) 請願者宮崎縣北諸縣郡高城町大字大井手市園清右エ門外五十六名 紹介議員伊東岩男君本請願の趣旨は、宮崎市より高岡、高城両町を経て都城市に通ずる現國道中、その一部である東諸縣郡高岡町大字内山字去川上流より、北諸縣郡高城町大字四家字蓑野に至る間を、東諸縣郡去川、北諸縣郡本八重、同郡雀ケ野を経て蓑野に至るように、約七粁の國道の変更方を請願するもので、その理由は、現國道では民衆の福利増進に寄與する所少いが、右変更によれば、その受ける経済的、社会的、文化的実益は至つて大なるものがある、それで第九十回議会においては、本請願委員会において採択になつたのであるが、予算の関係上、着工に至らないことは誠に遺憾である、ついては、右区間の変更を速かに実現せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第五三號大淀川河口の整理固定工事施行に関する請願(第一〇七号) 請願者宮崎市長二見甚郷外二名 紹介議員川野芳滿君本請願の趣旨は、宮崎縣下大淀川改修工事は、昭和二十一年度工事として既に着工、これが竣工の曉は、ほぼ完成に近いといつても差支ない、ただ大淀川改修として、最も肝心な河口の整理が、そのまま放置されていることは誠に遺憾に耐えない、元來大淀川の河口は、沿岸漂砂のため閉塞され易く、ある時代には北流すること三・五粁、又ある時代には南流すること一・五粁に及び、河口の正常位置を中心として南北約五十粁の区間に変動し、大洪水の因を成し、下流治水の拔本的改修も、これが固定しなければその実現を期することができない、更にこれが完成すれば、治水上の効果は固より、河口の航路が一定されるので、市民待望の宮崎港実現の可能性も生ずる訳である、ついては、政府は速かに宮崎地方の開発と発展のため、本河口の整理固定工事を実施せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第五四號新北上川に橋梁架設の請願(第一四四号) 請願者宮城縣桃生郡大川村長今野ならう外六名 紹介議員内海安吉君本請願の趣旨は、宮城縣新北上川の下流約二十粁の間には、不完全な渡船場が二箇所あるのみで、交通上、通信上の不便は固より、地方産業の開発上にも影響する所が少くない、殊に夜間並びに風浪の場合、あるいは結氷時期、出水時等においては、交通が全くできないような非文明的な現状である、しかして最近進駐軍当局の要望する三陸沿岸自動車道路の新設、並びに縣道志津川雄勝線の改修等も、この新北上川の架橋によつて始つてその目的を達することができるのである、のみならず対岸隣接各町村も、これによつてその労働力、資材並びに生産物を互に供給することができるのである、ついては、政府は速かに新北上川に橋梁を架設せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第五五號皿貝川改修工事施行の請願(第一四六号) 請願者皿貝川沿岸普通水利組合管理者宮城縣桃生郡飯野川町助役千葉啓造外四十名 紹介議員内海安吉君本請願の趣旨は、宮城縣桃生郡飯野川町、橋浦村、本吉郡十三濱村にわたる皿貝川本流は、大正年間に内務省において、北上川改修工事施行の際、附帶事業として改修されたが、その後年々土砂が流下埋沒して、河床が著しく隆起したため、出水の都度附近の耕地に汎濫し、町村部落宅地の被害もはなはだしい、殊に昭和十九年の水害は誠に惨状を極めたものである、しかし現下の町村財政では、これが対策の途がない実情に鑑み、國費を以て前記皿貝川の改修を実施せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第五六號泉橋架換えに関する請願(第九八号) 請願者京都府相樂郡上狛町新原在家四十八番地杉本万吉外一名 紹介議員木村チヨ君本請願の趣旨は、泉橋は京都府より奈良縣に通ずる幹線路であるのみでなく、附近一帶の観光路としても、決して見逃し得ない國際橋である、現在この橋の改修工事は着々と進行しているのであるが、交通上なほ考慮すべき余地が多い、又改修工事を行うことは、毎年のことで、莫大なる経費を要することになるので、この際國家百年の大計を考えて、根本的に架換えることが、経済的であると信ずる、ついては、速かに該橋の架換え工事を施行せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第五七號宇和島、蒋淵間道路改修の請願(第一二九号) 請願者愛媛縣北宇和島郡三浦村是澤芳光 紹介議員布利秋君本請願の趣旨は、愛媛縣宇和島、蒋淵間の道路は、中間的には開通しているが、開通箇所が断片的であるため、道路利用上の效果が挙がらず、不便極まりない、ついては、右道路の完成は関係各村民の要望であり、又失業救済と産業復興の見地からも速かに完成せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第五八號土地、家屋等の権利金暴利取締に関する請願(第一二五号) 請願者東京都世田谷区玉川奧澤町二丁目三百一番地宮部正 紹介議員布利秋君本請願の趣旨は、土地、家屋又はアパートの部屋を借り受ける場合、不法極まる高権利金を出さなければならないという現状に対して、政府は何等の取締も指導もしないで、傍観の状態にあることは、眞に遺憾である、ついては、この暴利の取締に努力せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第五九號闇行爲の取締に関する請願(第一二八号) 請願者東京都世田谷区玉川奧澤町二丁目三百一番地岡田進 紹介議員布利秋君本請願の趣旨は、闇の追放は、政府の実力では到底不可能なことであるのか、國民として誠に疑いなきを得ない、ついては、政府はあらゆる手段を講じて、速かに國民生活の安定を図られたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第六〇號行政書士法制定に関する請願(第一三〇号) 請願者大阪市旭區森小路町七百五十九番地鈴江茂市外四百五十二名 紹介議員細川八十八君林連君荊木一久君吉田安君椎熊三郎君本請願の趣旨は、從來代書人と称せられるものは、内務省令第四十号による代書人と、司法代書人とであつたが、司法代書人は、先に司法書士法の制定により、行政代書人に比し、一段と地位が向上した、然るに公務補助機関としての重要性と、公衆利用の度合の遙かに多い行政代書人に対しては、未だ行政書士法の制定がないことは誠に遺憾である、本件については、昭和十三年より前後三囘にわたり、行政書士法案が衆議院に上程されたが、審議未了に終つている、ついては、一般公衆と最も密接の関係にある行政代書人に対する行政書士法案の提出並びにこれが制定につき、格段の御盡力を賜りたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第六一號留萠町に市制施行の請願(第一五号) 請願者神奈川縣藤澤市辻堂五千六百三十五番地会社員梅原悦太郎 紹介議員坂東幸太郎君本請願の趣旨は、北海道留萠郡留萠町は、昭和二十年四月の調査によれば、人口三万を突破し、現今においては更に増加しており、且つその港は日本海に面する重要港として、数年前に税関支所も設けられ、商港としての使命が益益重大ならんとしている、殊に附近町村の発展と、天塩沿岸における漁獲物の増産と相俟つて、その発展は期して待つべきものがある。ついては、政府は速かに同町に市制を施行せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第六二號増毛町別刈に船入澗築設の請願(第二二号) 請願者藤澤市辻堂五千六百三十五番地会社員梅原悦太郎 紹介議員坂東幸太郎君本請願の趣旨は、北海道増毛郡増毛町字別刈は、全道隨一と言われる増毛町の水産揚陸高の約七割を占める地で、住民の全部が漁業に從事しているような状態である、しかも原始的なる港を使用していてさえこのような状態であるから、もしこの天與の港に相當なる船入澗を築設するならば、その産額の激増は火を見るよりも明かである、故に速かに同地に船入澗を築設せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第六三號稚内港を開港場に指定の請願(第二六号) 請願者藤澤市辻堂五千六百三十五番地会社員梅原悦太郎 紹介議員坂東幸太郎君本請願の趣旨は、北海道宗谷郡稚内港は、本邦の最北端に位して、ソ連領樺太に相対し、且は北洋漁業の策源地として重要であるのみでなく、背後には豊富な天然資源を控え、將來貿易再開の曉には、日ソ貿易に重要な地位を占めることは疑いないのである、故に政府は速かに前記稚内港を開港場に指定せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第六四號音更川治水工事施行の請願(第二八号) 請願者北海道河東郡音更村農業氏藤太郎外三名 紹介議員森三樹二君本名武君本請願の趣旨は、北海道音更川は、その源を遠く十勝、石狩両國々境の十勝岳に発し、五十有五粁で、上士幌村、士幌村、音更村の中軸を北から南に向けて貫流し、帶廣市附近で十勝川に合流する河川であつて、その流域には農家戸数が軒を連ねて存在し、各種農作物の好栽培地である、更に農地を適当に改革すれば、なお数百戸の入殖も可能であるが、一朝洪水に会すれば、沃土もたちまち荒廃に帰し、その被害に人畜にまで及ぶ状態である、それで現在局部的には若干の護岸工事が施行されているが、何れも一時的應急の施設に過ぎない、ついては、この際全流域にわたつて國費を以て速かに治水工事を実施せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第六五號苫前村力晝に漁港築設の請願(第三〇号) 請願者北海道苫前郡苫前村字力晝漁業石垣徳太郎 紹介議員坂東幸太郎君本請願の趣旨は、北海道苫前郡苫前村力晝は、天塩國の中央枢要部に位し、海田一帶は有名な天塩昆布の産地であり、又あらゆる漁族の繁殖並びに群來に適した本道屈指の水産資源地である、然るに漁港の設備がないために、毎年数隻の難船を出し、折角の漁獲物もこれを逸し去つている、ついては、この無限の大資源開発のため、速かに前記力晝に漁港を築設せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第六六號羅臼漁港拡張の請願(第七三号) 請願者北海道目梨郡羅臼村長代理助役上西義勇外一名 紹介議員伊藤郷一君本請願の趣旨は、北海道目梨郡羅臼村は、知床半島の南西に位し、南は標津村に接し、前面には根室海狹を控えた純漁村である、しかしてこの海域は、オホーツク海及び太平洋を結ぶ一大魚田を有し、寒暖両流が交錯して、漁獲物がすこぶる多い、然るに本村における船入澗は、昭和七・八年度に羅臼に築設せられたもので、その後昭和二十一年度に修築完成されたのであるが、終戰に伴う千島周辺の魚田喪失によつて、本村を中心として未開の知床魚田の開拓をして、水産食糧の一大増産を図らなければならない、ついては、既設の船入澗を拡張し、漁港としての各種施設を完備せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第六七號力晝、上平間道路改修の請願(第九七号) 請願者天塩國苫前郡苫前村字上平漁業濱畑久作外百三十六名 紹介議員坂東幸太郎君本請願の趣旨は、北海道苫前郡苫前村字力晝、上平間の通路は、本道まれに見る難道であつて、その区間約四粁、起伏はなはだしく、眞に危險な道路で、今日まで馬車、自動車、自轉車等の事故に る損害は決して少くない、そのため数年前よりこれが改修の計画はあつたが、時局の関係上果されなかつた、元來本道路は、留萠町より宗谷稚内に至る唯一の沿岸道路であつて、産業上、交通上重大使命を帶びているので、これが改修の曉は、関係町村はもちろん、本道進展の上に寄與する所絶大なるものがある、ついては、速かに該道路の改修を実施せられたいといふのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第六八號頓別村に漁港築設の請願(第一〇四号) 請願者北海道枝幸郡頓別村長代理助役木郷勝己 紹介議員武田信之助君本請願の趣旨は、北海道枝幸郡頓別村沿岸一帶は、オホーツク海に面する魚族豊富なる地方の中心部であるが、いまだ漁港の設備がなく、幾多の危險と不便を忍んで、辛うじて漁撈に從事している実情である、しかも終戰後、千島、樺太等世界的漁田を失つた今日、この方面における漁業の担う使命は重大である、幸い本村斜内は、漁港築設の諸條件に惠まれた最適の地と信ずるので、食糧増産と國富増進のため、速かに本村斜内に漁港を築設せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第六九號名寄支廳設置の請願(第一三四号) 請願者北海道上川郡名寄町長代理助役清野榮惣吉 紹介議員太田鐡太郎君本請願の趣旨は、現在北海道上川、網走、宗谷、空知各支廳中、支廳所在地に遠くして不便で、経済的にも交渉の少い地を分割して、名寄町に、名寄区裁判所管轄区域と同一区域を以て、名寄支廳を設置することは、終戰後の人心を新たにし、北海道の開発に資するため、最も必要であると信ずる、ついては、速かにこれが実現を図られたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第七〇號亞炭公廳設置に関する請願(第一二三号) 請願者宮城縣亞炭鉱業会々長佐伯滿雄 紹介議員庄司一郎君本請願の趣旨は、政府は石炭、コークス及び亞炭の重点配給を目的として、石炭公廳の設置を企図しているように傳聞するが、同公廳は亞炭を石炭、コークスと共に取扱う機関のようであるが、亞炭鉱業者は、(一)亞炭を石炭に從属せしめるような取扱には反対である(二)亞炭は石炭と異り、その生産、輸送、消費等を、石炭と混用されることは却てその施策を阻害される(三)集荷、輸送手段も石炭と同じものを経済的に兼用することはできない(四)石炭業者は亞炭、鉱業に関する知識がない等の理由により、石炭と同一機関による取扱には反対である、ついては、政府は速かに亞炭鉱業者に諮問して、亞炭公廳案を確立し、その機構、人事等についても業者の意見を徴し、又亞炭の販賣権を取上げる場合には、石炭のように過去において、政治的、経済的保護を受けなかつたことに鑑み相当の補償を考慮されたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第七一號朝鮮弁護士試驗受驗出願者に受驗資格付與の請願(第八三号) 請願者京都府舞鶴市字大君四三一上野太重郎 紹介議員大石ヨシエ君本請願の趣旨は、朝鮮弁護士試驗は、昭和二十年限り廃止となつたのであるが、昭和十八年以來戰乱のため、遠隔の受驗者は実際上受驗不能の状態であつた、その後敗戰の結果、該試驗は永久に廃止の運命となり、数千名の該試驗受驗準備者は、その希望を失い、方針に迷つている現状である、ついては、その救済措置として、法律第五十二号試驗の受驗者と同樣、該試驗の受驗資格を、從來の朝鮮弁護士試驗の受驗出願者に付與せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第七二號白山村安養寺に郵便局設置の請願(第七七号) 請願者福井縣丹生郡白山村安養寺区辻又右エ門外十名 紹介議員青木清左ヱ門君本請願の趣旨は、福井縣丹生郡白山村安養寺は、戸数百五十戸、人口九百名を算する所であるが、現在白山局よりは一里半の地点にあり、電話、電信、速達の便全くなく、危急の場合などには不便極まりない、ついては、本村安養寺に郵便局を設置せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第七三號串良町大園原に郵便局設置の請願(第一〇八号) 請願者鹿兒島縣肝屬郡串良町上小原平山清吉外八名 紹介議員二階堂進君本請願の趣旨は、鹿兒島縣肝屬郡串良町上小原字大園原は、上小原、下小原の中心地であるが、近接郵便局との距離遠く、交通の便が思はしくない、それで、もしこの地点に郵便局を設置するならば、その利用地域は、上小原及び下小原を主とする一方里半にわたり、人口七千に及ぶのである、しかもこの地域一帶は、農産物多く一般に富の程度が高く、貯金の高も多い、殊に最近は中小商工業者の著しい発展に伴い、貨物の集散、人馬の往來共に活況を呈しつつあるので、住民の利便、経済並びに文化の向上に資する所極めて大なるものがあると信ずる、ついては、速かに前記の地点に郵便局を設置せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第七四號旭川第二工業学校存置に関する請願(第一二一号) 請願者神奈川縣藤澤市辻堂五千六百三十五番地会社員梅原悦太郎 紹介議員坂東幸太郎君本請願の趣旨は、北海道廳立旭川第二工業学校は、昭和十九年三月國家の要請に應じて、商業学校より工業学校に轉換した所の、北海道最初の五年制工業学校であるが、轉換と共に校舍の改造、設置及び教員の充実に努力し、工業学校としての体制を整え、昭和二十一年三月工業生として第一囘の卒業生を出した、然るに最近再び商業学校に轉換するとの噂がある、しかし学校当局はもちろん、父兄会、後援会も満場一致現在のまま存置されることを希望している事実に鑑み、同校を工業学校として存置せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第七五號通信教育用用紙特配の請願(第一四三号) 請願者神奈川縣相模原町座間入谷横濱簿記学校校長鈴木一二 紹介議員坂東幸太郎君本請願の趣旨は、現在全國に所在する傷兵、引揚者、未亡人及び失業者等の戰爭犧牲者に対して、独立自営のための職業教育として、簿記・珠算の講義録を発行し通信添削教授が行われている、然るにこれが用紙の入手困難から、闇紙による負担をこれ等戰爭犧牲者にかけることは、眞に忍びない所である、ついては、通信教育事業者に対して、その用紙の特配を図られたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第七六號暦改訂に関する請願(第一三九号) 請願者弘前市東長町三十五番地医師田澤多吉 紹介議員笹森順造君本請願の趣旨は、現行の太陽暦は地球の公轉に則しない嫌いがあるため、本邦の時候に合致せず、國民の大多数である農民中には、改訂以來七十余年の今日においてさえ、なおこれを愛用するに至らず、陰暦を襲用しようとする者が少くない、然るに今や我が國は、農本立國に立ち返り、平和産業の発達を期するに当り、農時に適切な暦書を作成するの要あることは論をまたない、ついては、ここに地球の公轉に基き、本邦農時に順應すると共に、科学的原則に基く改訂を考案したのであるから、まずこれを本邦において実行し、ひいては世界的に改正を促進せしめられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第七七號性病予防と撲滅に関する請願(第一四一号) 請願者東京都財團法人婦人厚生会長吉岡彌生 紹介議員竹内茂代君同上(第一九五号) 請願者横濱市鶴見区東寺尾町千三百三十三番地神奈川縣婦人文化協会長村井柳子 紹介議員山下春江君本請願の趣旨は、平和な文化的の民主國家を建設するためには、民族の質の向上を図らなければならない、然るに敗戰後我が國における性病は著しく激増し、その害毒の及ぶ所は実に深刻なるものがある、ついては、その予防と撲滅を期するため、結婚の場合における健康診断書の交換、姙婦に対する身体檢査等を、法の力によつて強制し、以てこの恐るべき性病の予防と撲滅とを期せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第七八號アイヌの保護事業に関する請願(第八七号) 請願者札幌市北海道廳社会課内北海道アイヌ協会代表常務理事小川佐助 紹介議員坂東幸太郎君椎熊三郎君正木清君松本六太郎君香川兼吉君本請願の趣旨は、北海道におけるアイヌ民族に対する保護事業は、從來往々にして実情に無理解な官吏によつて、保護法を誤つて運営されたため、立法の精神に反して、却てアイヌ民族を拘束するような逆効果を生じた実例が少くない、ついては、保護法の立法精神に基く教育の高度化、農業その他職業の確立、住宅の改善、療養施設等の保護事業を、アイヌ民族を以て構成する協力團体により代行させることが、最も効果的であると信ずる、それでアイヌ民族の保護事業に関する限り、社團法人北海道アイヌ協会を、法律を以て國家の代行機関たることを認め、貧困なアイヌ民俗の向上を図ることを目的とする厚生事業を、命令により代行させ、これに要する費用は國庫より補助せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第七九號北海道旧土人保護法中改正に関する請願(第八八号) 請願者札幌市北海道廳社会課内北海道アイヌ協会代表常務理事小川佐助 紹介議員坂東幸太郎君椎熊三郎君正木清君松本六太郎君香川兼吉君本請願の趣旨は、北海道アイヌ民族は、和人と対等の文化に惠まれていないため、善くない和人の画策に乘ぜられ、あるいは詐術に陷つて、悲慘な貧困生活に落ちている、ついては、北海道旧土人保護法により下付された土地に対してはもちろん、かつてアイヌが開墾、占有し、現在他人の所有に帰している農地を、アイヌが買戻して、農業に從事しようとする場合には、農地調整法を適用しないこと、又給與地を、農地法による北海道における一般自作者の最高所有限度と同一に拡張し、更に給與地の讓渡又は交換の必要を生じた場合は、アイヌ同族間にのみ限定するように改正せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第八〇號外地引揚者に対する生業資金貸出し促進の請願(第一一七号) 請願者京都府相樂郡木津町字木津小字池田九番地仲磯三 紹介議員木村チヨ君本請願の趣旨は、政府は海外引揚者に対して、庶民金庫を通じて、金融の途を講じているが、昭和二十一年十二月十五日以來庶民金庫においては、手持金なきことを理由に、その取扱を中止しているので、目下の所、政府より資金の放出なき限り、引揚者は本資金を利用して事業に着手することができない、このまま空しく貸出を延ばされるならば、引揚者の生活は益益困難となるばかりでなく、事業に対する原料獲得の機を失い、遂には引揚者の企図する計画もくじけてしまう虞がある、ついては、市場において資金獲得困難なる折柄、政府は速かに庶民金庫に資金を放出せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第八一號闇利得者に対する方策に関する請願(第一二六号) 請願者東京都世田谷区玉川奧澤町二丁目三百一番地岡田進 紹介議員布利秋君本請願の趣旨は、闇商人が國民の血をすするようにしてかき集める新円に対して、政府は何等の対策もなさず、これを自由主義なりと放任せられているかのような状態であるが、國民としてはこれが公正に裁断される日を待つているのである、ついては、速かにこれに対する方策を講ぜられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第八二號宮崎市に煙草工場設置の請願(第一三一号) 請願者宮崎市長二見甚郷外一名 紹介議員川野芳滿君本請願の趣旨は、宮崎縣における煙草耕作面積は、大正十五年度には二百六十余町歩に過ぎなかつたが、氣候風土が煙草の耕作に適していることと、当局の熱心な栽培奬励とによつて、昭和十七年度には耕作面積が一千余町歩に達し、なお逐年増加の傾向を示していたが、不幸戰爭のため、耕作面積も激減するに至つた、しかし終戰後当局においても、戰災煙草工場の復旧並びに増設等の計画があるように聞き及んでいる、ついては、葉煙草生産縣たる本縣の現状並びに將來を考慮し、しかも縣の中心地たる宮崎市にこれが設置をせられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第八三號新冠御料牧場並びに日高種畜牧場開放の請願(第八九号) 請願者札幌市北海道廳社会課内北海道アイヌ協会代表常務理事小川佐助 紹介議員坂東幸太郎君椎熊三郎君正木清君松本六太郎君香川兼吉君本請願の趣旨は、北海道日高國所在の日高種畜牧場及び新冠御料牧場は、何れもその創設以前には、多数のアイヌ民族が先祖代々墳墓の地として定住していた地であつたのであるが、これが提供並びに轉住を強制された時も、國家はアイヌ民族に対して、何等生活基礎確立の対策も講じなかつたため、かれらは文化に遅れ、今日に至るもなお住むに土地なく、漂浪の生活を続けている現状である、しかして聞く所によれば、新冠御料牧場の存在目的は再早消滅し、他方日高種畜牧場の存在理由も誠に薄弱となつた今日、この両牧場を全面的に開放して、創設当時犧牲となつたアイヌ民族を優先的に入殖せしめられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第八四號農地調整法中改正其の他に関する請願(第九一号) 請願者長野縣埴科郡坂城町六百三十二番地農業中澤才治郎外二十一名 紹介議員田中重彌君本請願の趣旨は、我が國中・小地主は祖先傳來の農業を受け継ぎ、自作農創設の線に沿つて、自作農として敢然立つ決意を持つているものである、ついては、農地調整法中次の二點を改正せられたい、その第一點は、附則第三條を「第九條ノ二ノ改正規定施行ノ期日ハ更ニ勅令ヲ以テ之ヲ定メル」と改正して、「本規定実施マデハ小作料納入ハ仍從前ノ慣習ニ從フ」という一項を新たに加えて、小作料の金納と物納の両建を認められたい、その第二點は、本則第九條第三項の次に「但シ昭和二十一年十月二十一日法律第四十三号自作農創設特別措置法第三條第一項第二号及び第三号ニ定メタル許容面積以内ニ於テ農地所有者ガ自作ノ爲ニスル場合ハ此ノ限リニアラズ」の但書を追加して、自作農として希望ある者は、創設前より自作農たり得る状態にある者につき、優先的に自作農たらしめられたい、なお物納を金納とする場合の一部改訂、中・小地主保護法制定、不在地主の解釋決定、農業資産相続法再吟、味農産物價適正引上げ、農民の所得平衡化、科学的土地建賃貸價格制の樹立等につき、再考せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第八五號北會津郡における國有林拂下げの請願(第九九号) 請願者福島縣若松市針屋町二十七番地鈴木研助紹介議員中野寅吉君本請願の趣旨は、福島縣會津地方は廣範なる地域を有してゐるが、その大部分は國有林であるから、これを拂下げて伐採し、燃料を生産し、その伐根を開拓して雜穀を作り、食糧の危機を突破すると共に、引揚者、戰災者に生業を與え、自活の途を講ぜしめることは、刻下の急務であると信ずる、ついては、速かに北會津郡添村大字平湯地内及び同郡東山村湯ノ入地内の國有林を拂下げられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第八六號木津、加茂両町所在國有竹林地拂下げに関する請願(第八五号) 請願者京都府相樂郡木津町大字木津小字池田九番地堀池徳治郎外百二十九名 紹介議員木村チヨ君本請願の趣旨は、京都府相樂郡内在住の海外引揚者は、昭和二十一年十二月協同組合を組織し、組合員に一人の失業者もないようにとの趣旨から、絹ホームスパン・繩掏い・竹細工・木工・製炭等の生産に從事すると共に、消費の合理化並びに教化、援護の徹底を期して、我が國農村における工業の発展に努力している、而して竹細工は輸入物資の見返品としても極めて有望であるが、その原料である所の竹林の獲得は容易でない、幸い同郡内を貫流する木津川沿線になる木津、加茂両町所在の國有竹林地を拂下げられるにおいては、現在に数倍する利益を收めることができるのである、ついては、その濫伐を絶対に避け、集約栽培をなし、絶えず國土保全に留意するならば、郷土愛より、ひいては國土愛を濃化せしめ得るものと信ずるので、速かに右國有竹林地を拂下げられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第八七號外地引揚者の自家製木炭搬出認可の通牒徹底に関する請願(第一一六号) 請願者京都府相樂郡上狛町東二丁目四十六番地茶商木村松次郎 紹介議員木村チヨ君本請願の趣旨は、先に農林省山林当局は、海外引揚者全國大会の代表に対して、引揚者の自家製木炭の府縣外搬出を認める旨を言明すると共に、地方長官宛に通牒を出したのであるが、地方廳においては、これが数量に明示なきことを理由に、その搬出を認めず、右の通牒を反古として葬り去らうとするように見受けられて、誠に遺憾に耐えない、ついては、これに対して政府は速かに善処せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第八八號赤崎林地國営開墾中止の請願(第八四号) 請願者福島縣郡麻郡加納淨円寺井上林海外六十一名 紹介議員 中野寅吉君本請願の趣旨は、昭和十七年政府は戰時食糧事情により、國策として農地開発営團事務所を仙臺市に設置し、福島縣郡麻郡松山村、上三宮村、加納村、熱塩村の赤崎林開墾事業を起したが、その後事業なかばにして中止されてゐた所、本年に至り再びこれが開墾を始められたが、元來赤崎林は、農耕地として不適当なることは、昔から実地体驗者によつて明瞭であり、わずかに赤松のみに適し、他の植物には不適当な土地であつて、村民は現在該林より用材及び燃料を得ているような有樣であり、且つ講和会議後の自由貿易再開によつて、農村恐慌來も懸念される今日、一度失敗した土地を選んで、再びこれを開墾することは、多額の國費と、莫大な労力を無益に消費することになり、國家的見地より見て、一大損失というべきである、故に赤崎林地の國営開墾は中止せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第八九號鍋田、飛島両村地先の干拓工事施行に関する請願(第一〇五号) 請願者愛知縣海部郡飛島村長代理助役間瀬繁 紹介議員神戸眞君白木一平君本請願の趣旨は、愛知縣海部郡鍋田、飛島両村は、伊勢湾を通じて外洋に面し、暴風、津浪の被害を受けること多く、堤防の決潰も数度に及んでいるのである、そのため今回の干拓築堤施行に当つては、両村地先の定地漁業権をも犧牲にして賛成したのであるが、その後予算の縮小により変更せられた設計によれば、過去の経驗に徴して、堤防の決潰は免れないものと思われる、ついては、この危險を防止し、住民をして安んじて生業のできるように、最初の計画通り干拓工事を施行せられたというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第九〇號北海道産玉蜀黍を藥用に増配の請願(第九〇号) 請願者藤澤市辻堂五千六百三十五番地会社員梅原悦太郎 紹介議員坂東幸太郎君本請願の趣旨は、北海道における玉蜀黍の生産高は、常時九十五万俵であつて、昭和二十一年は五十万俵で、その中自家消費用の三十五万俵を差引いて、残り十五万俵中、七万五千俵を食糧として一般配給に回し、その半数の七万五千俵を藥剤用原料として、日本唯一のブタノール及びアセトン製造工場である旭川市所在の合同酒精工場に配給する方針であるようであるが、ブタノール及びアセトンは各種藥品の原料である関係上、この七万五千俵ではその需要を充たすことができない、ついては、貴重藥品、化学工業の現状に鑑み、十五万俵を藥品製造原料に回はされたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第九一號観光地の調査指定に関する請願(第一二七号) 請願者愛媛縣松丸町正木猷章 紹介議員布利秋君本請願の趣旨は、観光事業の重要性に鑑み、これが準備のため、観光地を調査し、公正に指定すると共にこれに要する関係道路の調査をも速かに実施せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第九二號山川、西之表間省営連絡船の開航並びに西之表、島間間省営バス運輸開始の請願(第八二号) 請願者鹿兒島縣熊毛郡西之表町最上宏外二十六名 紹介議員上林山榮吉君原捨思君本請願の趣旨は、鹿兒島縣種子島は、現在我が國最南瑞に位する大島礁であつて、亞熱帶的氣候による特殊農産物を産し、到る処地味が肥えていて、開拓の余地が廣く、近海は有名な漁場であり、いわゆる南方の宝庫である、然るに交通の現況は、海運においては月七、八回の囘航あるのみで、陸運においても鉄道に惠まれず、わずかに数臺の民営バス及びトラツクあるのみで、輸送費の高價なことは全國にその比を見ないほどで、本島の資源開発上最大の障害となつている、ついては、速かに山川港、西之表港間に省営連絡船の開航及び西之表、島間間に省営バスの運輸を開始せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第九三號名寄、上名寄両駅間に停車場設置の請願(第一三六号) 請願者北海道上川郡名寄町長代理助役清野榮惣吉 紹介議員太田鐡太郎君本請願の趣旨は北海道上川郡風連村字忠烈布は、風連駅を距たること二里余であつて、部落住民は交通上多大の不便を感じつつある、ついては名寄線名寄駅と上名寄駅間に中名寄駅を新設されて、忠烈布住民の利便を図られたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第九四號釧路、北見相生間鉄道敷設並びに鶴居村に停車場設置の請願(第七五号) 請願者北海道阿寒郡鶴居村長代理助役渡邊郁三外五百四十七名 紹介議員伊藤郷一君本請願の趣旨は、根室本線釧路駅より相生線北見相生駅に至る間に鉄道を敷設するならば、同地方の豊富な農産、林産の資源開発上並びに阿寒國立公園の紹介に資する所大なるのみでなく、該地方住民の受ける交通上の利便もまた少からぬものがあると信ずる、故に政府は速かにこの区間に鉄道を敷設すると共に、その通過地点に当る阿寒郡鶴居村地内に、停車場を設置せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第九五號白山、新發田間鉄道速成の請願(第九二号) 請願者新潟縣新發田市長職務管掌地方事務官西田徳長外十名 紹介議員井伊誠一君本請願の趣旨は、越後線白山駅より新潟駅を経て、羽越線新發田駅に連絡する白新線は、これが完成の曉には、神戸・青森・仙臺・東京の交通網が完備すると同時に、再建日本の平和産業の発展、地方文化の振興を急速に展開できるのである、しかも、その沿線町村は、縣下の平坦地帶である関係上、米穀・蔬菜・果実等の本場であり、且つ淡水魚類の生産地としても知られているが、輸送不便のため、多く他に移出し得ない現状にある、一面鉄道敷設工事は、多数の引揚者並びに復員者の失業救済の一助ともなるので、速かにこれが敷設工事に着手せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第九六號多古線復活の請願(第一〇二号) 請願者千葉縣香取郡多古町長代理助役大谷健之助外四百七十六名 紹介議員寺島隆太郎君成島勇君青木泰助君本請願の趣旨は旧成田鉄道多古線は、明治四十四年四月沿線住民の要望により敷設され、爾來該地方住民の受ける利便は年と共に加わり運輸事業は発展の一路をたどりつつあつたのである、然るに戰時中軍部は、南方作戰のためと称して沿線住民の猛烈なる反対を押切つて、これを撤去し、その一切を南方に移設したのである、その結果住民の不便はなはだしく、殊に三里塚、八街間の如きは何等の代替施設もないのである、ついては、速かに本路線の復活を実現し、以て再建日本の産業振興に資せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第九七號二俣、佐久間間鉄道速成の請願(第一一〇号) 請願者靜岡縣濱松市長代理助役白井信一外三名 紹介議員竹山祐太郎君本請願の趣旨は、靜岡縣磐田郡二俣町より同郡佐久間村中部に通ずる鉄道は、昭和二十二年に完成の予定であつたが、國内諸事情のため、未だその実現を見るに至らないことは誠に遺憾である、然るに本鉄道の完成は、沿線地域の産業資源の経済化と、表裏日本交通の短縮化を可能ならしめ、國家再建に貢献する所大なるものがある、ついては、速かに本鉄道の完成を図られたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第九八號伊東、下田間鉄道速成の請願(第一一九号) 請願者靜岡縣賀茂郡町村長会長渡邊憲吾外二十三名 紹介議員小池政恩君本請願の趣旨は、靜岡縣伊東町より下田町に至る鉄道敷設は、昭和十六年度において、これが実現のため、幾度か計画測量が重ねられたが、たまたま戰時となり、遂に中止の已むなきに至つたのである、然るに本鉄道は、單に交通上の利便のみでなく、産業開発上極めて重要なる意義をもつものである、即ち廣大なる天城御料林を始め、伊豆連山より産出する木材、薪炭、又南伊豆より発掘せられる鉱産資源、更に無盡藏なる海産物等あり、これに加うるに、当地方は國立公園として予定せられ、風光明媚、天與の観光資源は到る処に散在し、観光客誘致にも絶好の地である、ついては、速かに本鉄道を敷設せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第九九號石卷線を雄勝まで延長促進に関する請願(第一二二号) 請願者宮城縣桃生郡雄勝町長岩澤市四郎 紹介議員庄司一郎君本請願の趣旨は、宮城縣桃生郡雄勝町は、牡鹿郡女川町石卷線女川駅より、北東約八粁の地点に位し、水・林産業が盛んであつて、更に全國唯一の玄昌石、スレート、硯の製産地であるが、交通不便のため、本町の発展を期することができない、ついては、政府は石卷線を雄勝町まで延長敷設せられたいというのである、なお本件は、第九十回帝國議会においても、採択せられたものであるから、速かにこれが実現を促進せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一〇〇號標津、羅臼間省営バス並びにトラツク運輸開始の請願(第七四号) 請願者北海道目梨郡羅臼村長代理助役上西義勇 紹介議員伊藤郷一君本請願の趣旨は、北海道目梨郡羅臼村は、知床半島の南西に位し、水産業の宝庫を眼前に控えた純漁村であるが、交通機関としては、根室標津、羅臼間に、一日一囘民営による定期バスが運行しているに過ぎない現状である、ついては、水産業の進展及び地方民の利便を図るため、この標津、羅臼間に省営バス並びにトラツクの運輸を開始せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一〇一號日ノ影、高森間省営バス運輸開始の請願(第九四号) 請願者宮崎縣日の影高森間鉄道敷設期成同盟会々長高千穗町長代理助役佐藤軍市 紹介議員伊東岩男君本請願の趣旨は、日豊線延岡駅より分岐して高森駅に至る鉄道は、現在日の影駅まで開通しているが、更に高森駅までの開通を、関係市町村民は挙つて要望している所である、しかし現在の國情では、その急速なる実現は困難と思われるので、当面の問題として、省営バスの運行開始を熱望するものである、由來同路線は、九州中央横断線として、交通益益頻繁を加え、物資の輸送も多く、且つ延岡、熊本両市を結ぶ最短距離でもある、ついては、農山村の文化向上からも、資源開発上からも、交通の便を図ることが先決問題であることに鑑み、右区間に速かに省営バスの運行を開始せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一〇二號北見を中心とする三路線に省営バス並びにトラツク運輸開始の請願(第一〇〇号) 請願者北海道北見市長伊谷半次郎外六名 紹介議員飯田義茂君本請願の趣旨は、北海道北見市を中心とする美幌、留邊蘂、津別各町並びに端野、相内、訓子府、置戸、陸別各村にまたがる一帶の地域は、背後に國有、地方費の大原始林と、廣大なる肥えた農耕地とがあり、且つ鉱産物の埋藏も無盡藏であるといわれている、然るに、交通機関としては、現在わずかに石北線と網走線の両鉄道があるのみで、一般住民の不便はもちろん、國策としての未開地開発産業の進展も遅々として進まない現状である、なお大雪山、阿寒両國立公園及びチミケツプ道立公園予定地を結ぶ地帶でもある、ついては、北見環状線、美幌、置戸線並びに小利別、イトムカ線の三路線に、省営バス及び省営トラツクの運輸を開始せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一〇三號標茶、計根別間省営バス運輸開始の請願(第一〇三号) 請願者北海道釧路國川上郡標茶村字虹別原野木下清二外十七名 紹介議員森三樹二君本請願の趣旨は、北海道釧路國標茶駅より、根室國計根別駅に至る路線の通過地点にある標茶村虹別は、昭和四年第一次拓殖計画の下に、四百戸の入殖移民を見たのであるが、その後轉出する者続出し、一時は残存戸数百戸にまで減少したので、北海道廳の計らいにより、補助乳牛を入れて、主畜農業を樹立して以來、再び入殖者が増加し、漸次四百戸以上にも達し、將來は酪農生産資源地として、重要なる地位を占めんとする情勢にあるが、交通機関不備のため、住民の生産意欲を減退せしめつつあることは誠に遺憾である、ついては、速かに本路線に省営バスの運輸を開始せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一〇四號省営バス加治木線牟多田停留場を駅に拡張の請願(第一〇九号) 請願者鹿兒島縣薩摩郡入來村長代理助役藤井道代外一名 紹介議員原國君本請願の趣旨は、鹿兒島市より薩摩郡入來村、宮之城町を経て、出水郡出水町及び米之津町に至る新設省営バス路線が、昭和二十二年二月中旬より北薩線として開通するのであるが、その中間に位する入來村牟多田は、加治木線省営バスの停留場であり、北薩線との交又点となる重要なる位置にあるにもかかわらず、駅舍もない状態である、ついては、加治木、北薩両線を直結して、旅客交通の利便を図る見地より、加治木線牟多田停留場を乘換駅として拡張し、人員を配置し、駅舍を構築せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一〇五號長崎、茂木間省営バス並びにトラツク運輸開始の請願(第一三八号) 請願者長崎市長代理助役菅野一郎外一名 紹介議員本田英作君本請願の趣旨は、貿易・経済・交通・文化の各般にわたり、我が國西部中枢の要地である長崎市は、各種工業の発展に伴う当然の現象として、その主要食糧、燃料その他の生活必需物資を、近接各町村に依存し、殊に長崎市を去る六粁にして、農産物豊富なる茂木町に仰いでいる、一方茂木町も米穀・調味料・清酒その他を長崎市を経て移入しており、両者は彼此相互依存の関係にあり、且つ戰災後長崎市内の住宅が極度に拂底したため、多数の官公吏、会社員、学生等は茂木町より通勤通学する有樣であるが、両者を結ぶ交通機関としては、現在わずかに民営にかかるバスの運行があるけれども、運休多くして不便極まりない、ついては、長崎市の復興と茂木町の繁榮を図るため、速かに両者を結ぶ省営バス並びにトラツクの運輸を開始せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一〇六號石卷、雄勝間省営バス運輸開始の請願(第一四五号) 請願者宮城縣桃生郡大川村長今野ならう外七名 紹介議員内海安吉君本請願の趣旨は、宮城縣桃生郡の最東端雄勝町を始め、大川村、橋浦村、二俣村、飯野川町、大谷地村及び牡鹿郡稻井村は、何れも水陸の交通機関に惠まれず、終戰後は一日一回の運轉を続けている民営バスも、運休が多くて、一般地方民の不便はもちろん、石卷市に所在する各種官公廳と、右の各町村所在の町村官公署との間の公務施行の上にも支障を來している現状である、ついては、交通上、通信上の不便を除去すると共に、政治・経済・文化の向上を図るため、石卷市と雄勝町間三十粁の区間に省営判スの運轉を開始せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一〇七號名寄町に測候所設置の請願(第一三五号) 請願者北海道上川郡名寄町長代理助役清野榮惣吉 紹介議員太田鐡太郎君本請願の趣旨は、北海道名寄地方たる天鹽國上川、中川両郡地方は、寒暑の烈しい点においては、既設測候所のある旭川地方と相似たものがある、しかし鹽狩國境を分界として、春季及び秋季の氣候は著しく異なり、且つ名寄地方は多雨地帶に属し、夏・秋季における天候の変調は常に冷害の因をなしている、又西方には羽幌測候所があるが、これは海岸地帶の氣象を観測するに過ぎないものである、ついては、当地方の特殊氣象を観測して、地方農業の指導及び安定を期するため、速かに名寄町に測候所を設置せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一一一號公職追放者の再審査に関する請願(第二六三号) 請願者北海道枝幸郡中頓別村字中頓別三十番地農業佐藤友太郎 紹介議員武田信之助君太田鐡太郎君本請願の趣旨は、戰時中大政翼賛会町村支部長であつた者は、追放令D項該当者として処置せられることになつたが、一律にかかる措置に出でられたことは誠に遺憾に耐えない、殊に町村長であつた者に囑託せられたようなものは、両者の職分範囲に限界性なく、納得のできないものがある、戰時中の町村長として追放に附せられることは甘受すべきでもあるが、有名無実であつた翼賛会町村支部長を追放せられることは、國民の諒解できない所である、ついては、政府は速かに該当者の公職適否の再審査の機会を與える方法を講ぜられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一一二號住宅復興に関する請願(第一六八号) 請願者宮城縣名取郡生出村守屋卓治 紹介議員菊地養之輔君本請願の趣旨は、住むに家なき引揚者、戰災者を一日も速かに安住更生させるため、政府は(一)建築費の低減を図る見地より、低利資金の融通、住宅債券の発行、大藏省預金部資金の融通、國有林、御料林、大面積私有林の開放、建築資材の輸入懇請、所要資材の優先配給、土地の使用收益の特権、輸入の優先認容等を実施すること(二)家賃は生計指数に基く適正額を個人負担とし、原價との差額は國庫負担とすること(三)全國單一の住宅建設機構を樹立すること(四)住宅供給助成法を立法実施すること(五)闇建築の取締、隠退藏資材の摘発(六)余裕住宅開放の徹底化(七)公営住宅の民主的管理(八)借家権の確保等を急速に実施せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一一三號物價安定に関する請願(第一七八号) 請願者茨城縣久慈郡太田町二千百二十三番地石井覺一 紹介議員武藤常介君本請願の趣旨は、今日玄米一石の生産費が最低千三百円を要する時に、供出價格はわずかに五百五十円に過ぎない、しかも農家がその必需物資を購入するに当つては、すべて闇價格によらなければならない現状においては、到底その收支を償うことができない、これでは農家負担の犧牲が余りに大きく、やがては破産の悲境に立ち至る虞があるので、農業を捨てて、他の有利な職業を求めようとする傾向が見受けられて、農業立國の我が國策上眞に遺憾に耐えない、ついては、この不均衡極まる現在の物價を是正するか、あるいは玄米一石の價格を千五百円以上に引上げるか、いずれかに決定して、速かに物價の安定を図り、農村の窮状を救済せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一一四號老齢元軍人恩給復活の請願(第一五四号) 請願者香川縣善通寺町元陸軍主計中佐仁井榮四郎外五名 紹介議員矢野庄太郎君本請願の趣旨は、年齢の関係上、無職無收入である老齢元軍人並びにその遺家族は、現在の物價高では、到底その生活を維持して行くことができない、ついては、これ等老齢元軍人の恩給を復活せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一一五號恩給増額に関する請願(第一九九号) 請願者茨城縣新治郡石岡町大字石岡百二十五番地糸賀正經 紹介議員大津桂一君本請願の趣旨は、現在の恩給受給者は、恩給を老後における唯一の頼りとして生活する者が多い、從つて最近のような経済事情下にあつては、物價高のため、その生活は極度に圧縮され、死を選ぶ寸前にある状態である、ついては、速かにこれら恩給受給者に最低生活を確保し得るように、当分の間恩給を増額せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一一六號農山漁村民に作業衣及び地下足袋配給の請願(第一七七号) 請願者茨城縣久慈郡太田町二千百二十三番地石井覺一 紹介議員武藤常介君本請願の趣旨は、農山漁村民に対する作業衣並びに地下足袋は、数年前よりほとんど配給がないので、何れも皆無にひとしい状態で、絹織物等の晴衣を作業衣にしているような有樣である、從つて日々の労働も意の如くならないので、増産の実が挙らない現状にある、ついては、政府は速かにこれが配給を図られたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一一七號商工組合中央金庫拡充強化に関する請願(第一八九号) 請願者東京都京橋区木挽町一丁目二番地全國貨物自動車運送事業組合連合会々長吉松喬 紹介議員菊池長右ェ門君本請願の趣旨は、日本産業復興建設の中核体である中小商工業者の現状は、基礎原料の欠乏、労働攻勢の進展、更に金融部面の逼迫等のため、このままで推移する時は破滅の外なく、國家再建に重大なる影響を及ぼすことは明かである。ついては、これが救済策として、商工組合中央金庫を速かに拡充強化するため(一)同金庫の資本金を五億円以上とすること(二)一般中小商工業者に対しても金融をなすこと(三)市街地信用組合を同金庫の傘下に入れること(四)同金庫に経営指導、資材斡旋等の業務を行わせること(五)政府の低利資金融通の途を開くこと(六)復興金融金庫の資金を同金庫に融通すること等を実施して、円滑なる資金の融通をなし、以て中小商工業者を救済せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一一八號家庭用縫糸増配の請願(第二〇三号) 請願者宮城縣柴田郡大河原町婦人会長庄司ヒサヨ 紹介議員庄司一郎君本請願の趣旨は、現在家庭において一番困つているのは、家庭用縫糸の不足である、あらゆる衣料の更生に用いる縫糸がないため、我が愛兒にまで襤褸を着せなければならない全國の主婦、母親の立場を諒とせられて、ぜひ家庭用縫糸の増配をせられたい、それも時局柄多量の配給をというのではなく、まず十人家族で一箇月五匁のもの三把位を配給せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一一九號帶廣市に地方裁判所設置の請願(第一五九号) 請願者十勝國帶廣市西三條八丁目川西輝昌外二名 紹介議員森三樹二君本名武君伊藤郷一君本請願の趣旨は、來る五月三日を期し、新憲法及びこれが附属の裁判所法、檢察廳法が施行され、司法制度は畫期的の大改革が行はれるのである、しかして裁判の迅速なる処理こそ、基本的人権を尊重し、且つ地方治安の維持と、國民権義の保全とを図る所以である、然るに帶廣市には、現在十勝國一円及び釧路國の内、足寄郡を管轄する帶廣区裁判所及び釧路地方裁判所帶廣支部が置かれているが、本廳所在地の釧路市とは、距離の遠隔、管轄区域の廣大並びに本地方今後の趨勢、裁判、檢察制度の改革等より見て、釧路地方裁判所より独立して、当地に別個の地方裁判所を設置する必要があると信ずる、ついては、廳舍・官舍その他の設備費の大半は、地元において負担する用意があるので、新憲法実施と同時に、帶廣市に地方裁判所を設置せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一二〇號理療医師法及び按摩師法制定に関する請願(第一九一号) 請願者大阪府立盲学校長近畿盲教育会長西出末造 紹介議員田中伊三次君本請願の趣旨は、鍼灸・マツサージ按摩術が國民の保健、疾病の予防並びに治療に対して、いわゆる無藥療法として貢献しつつあることは、世のひとしく確認する所である、然るにこれ等の治療的技術は、法規上医療にも属せず、純然たる民間療法にも属しない中間的存在として、消極的に明治四十四年発令の営業取締規則の下にその発展を阻止されている、ついては、これ等業者の素質向上と國民保健のため、理療医師及び按摩師としてその身分を保証し、学識、教養を高め、その治療的價値を発揮せしめると共に、益益國民保健に寄與せしめるため、現行の鍼術、灸術営業取締規則、按摩術営業取締規則及び療術行爲又は医業類似行爲取締規則を全廃して、新たに理療医師法及び接摩師法を制定せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一二一號接骨業者に衞生材料配給の請願(第一九八号) 請願者東京都神田区司町一丁目十番地日本接骨師会々長小林大乘 紹介議員布利秋君本請願の趣旨は、患者の診療に必要なる衞生資材である繃帶、ガーゼ、脱脂綿及び藥品類が、接骨業者に対してほとんど配給されないため、治療上極めて困難な実情にある、ついては、前記衞生材料を接骨業者にも適正に配給せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一二二號恙虫病予防撲滅に関する請願(第二四〇号) 請願者新潟縣長岡市長田村文吉外一君 紹介議員玉井潤次君本請願の趣旨は、新潟縣恙虫病地帶の農耕地は、恙虫病の発生が多いため、耕地の開発並びに営農上極めて困難なる現状にある、それで從來恙虫病地帶関係の市町村の一部農耕者によつて、恙虫病予防組合を組織して、予防対策を講じて來たのであるが、経費難並びに資材難のために、事実上これが休止のやむなき実情にある、ついては、政府はこの際大局的見地より、恙虫病の予防撲滅対策を樹立するため、恙虫病研究所を設置すると共に、恙虫病地帶農耕地の開発並びに既耕地営農の促進を図られたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一二三號英彦山、耶馬溪及び日田盆地を含む地帶を國立公園に指定の請願(第二六〇号) 請願者大分縣日田市長廣瀬正雄外十一名 紹介議員金光義邦君本請願の趣旨は、國立公園事業の重大なる使命は、國民を慰安し、健康を増進し、産業を復興して國運の挽回に当り、更に観光の外客を誘致して、天然の風光を海外に紹介し、國際親善に寄與するにありと信ずる、この見地に立つて(一)山水の精妙を極めたる鎭西の霊峰英彦山(二)頼山陽によつて普く世に知られている奇勝耶馬溪(三)山紫水明にして納凉と鵜飼と川下りに天下独歩の称ある水郷の日田盆地、以上三箇所の一帶を区域として、英彦耶馬日田國立公園を設置し、以て観光日本の先駆として、再建日本國民の保健と教養鍛錬に、更に外客の誘致と國情の紹介とに資せんとするものである、ついては、速かに政府は英彦耶馬日田國立公園を指定せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一二四號食肉加工品に対する物品税撤廃の請願(第一五六号) 請願者東京都京橋区京橋二丁目日本食肉加工協会理事長大橋金次郎 紹介議員益谷秀次君本請願の趣旨は、食肉加工品は、その原料肉の入手難、副資材の高價並びに労賃騰貴等のため、はなはだしく高價となつているが、更に物品税の課税により、一層高價に販賣しなければならない状態である。しかも公價による制限のため、粗惡品が多く、且つ生肉は無税にかかわらず、加工品に課税しているため、生産の減少を來たしめつつあることは、斯業の発達上及び栄養の供給上誠に遺憾であるついては、食肉加工品に対する物品税は、速かにこれを撤廃せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一二五號舞踏券に対する課税撤廃等に関する請願(第一六二号) 請願者東京都京橋区銀座三丁目一番地メリーゴールド経営主植木三郎 紹介議員竹内茂代君本多花子君同上(第一六三号) 請願者神戸市葺谷区小野柄通八丁目二十番地兵庫縣舞踏協会々長高橋虎雄 紹介議員中山たま君同上(第一六四号) 請願者東京都芝区新橋駅前東京キヤバレー連盟会長宮澤濱次郎 紹介議員山口シヅエ君同上(第一六五号) 請願者東京都芝区新橋駅前東京ダンサー組合組合長吉水靜子 紹介議員吉田セイ君同上(第一六六号) 請願者名古屋市中区榮町二番地名古屋キヤバレー協会々長山田泰吉 紹介議員越原はる君同上(第一六七号) 請願者京都市東山区祇園町北側町京都キヤバレー協会々長石川七之助 紹介議員大石ヨシエ君本請願の趣旨は、ダンスホール及びキヤバレーにおける舞踏券に十割課税のため、本來立派なスポーツであるべき社交ダンスが、極めて高價なものとなり、大衆性を失いつつある、又來客とダンサーとの間に直接取引が行われて、風紀を乱し、脱税行爲をするようになり、そのため舞踏客に比例して賣上げ減少の矛盾を生じ、業者は前途の不安を見越し、飮食のみに重點を置くキヤバレーに轉向する者もある現状で、これをこのまま放置するときには、舞踏券に対する課税は無意味なものとなる。特に昨今の入場者中には、音樂その他の催物のみを鑑賞する者が激増し、舞踏者は全入場者の四割位に過ぎない、ついては、入場人員のみを課税の対象とする入場税を設定して、舞踏券に対する十割課税はこれを撤廃せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一二六號賠償税新設に関する請願(第一九七号) 請願者東京都杉並区和田本町千八十一番地会社員倉持高之進 紹介議員坂東幸太郎君本請願の趣旨は、我等國民は如何なる労苦を忍んでも、日本再建のため、でき得る限りの節約を行うて、それを國家に納入する覚悟がなくては、到底戰勝國とのすべての問題を解決して行くことはできない、ついては、戰勝國に対して賠償を完了するまで、ここに賠償税を新設して、國民が挙つて喜んでこれを納入するようにせられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一二七號浴槽に対する物品税撤廃の請願(第二五四号) 請願者東京都日本橋区両國三十二番地全國桶工業協同組合連合会理事長皆川茂 紹介議員河野金昇君本請願の趣旨は、公衆風呂の浴槽中には、恐るべき各種の有毒菌を発見しつつあつて、常に識者を戰慄せしめているが、この危險を防ぐことはほとんど不可能である。なお経済問題としても、近來各種の燃料不足の関係上、各隣組において簡單なる浴槽を設置し、各戸より燃料を持ち寄つて入浴しつつあるが、これは入浴料の高値に比し、家庭風呂が決して贅沢でないことを立証するものである、故に家庭風呂は、國民衞生上並びに経済上必要欠くべからざるものである。然るに浴槽に対して、奢侈品に近き四割の重い物品税を課していることは誠に遺憾である、ついては、速かにこれが撤廃を図られたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一二八號松ノ木平國有地拂下げの請願(第二五九号) 請願者群馬縣北甘樂郡額部村六百三十二番地高橋義一 紹介議員小峯柳多君本請願の趣旨は、群馬縣北甘樂郡額部村は、その大部分が山林地で、到底食糧の自給自足はできない、且つ以前には盛んであつた養蚕も、戰時中政府の施策に從つて改耕し、冬季における薪炭の生産により辛うじて生活を維持していたが、終戰の前後にかけて轉入者多く、しかもその轉人者も耕すに農地なく、開墾可能地もなく、失業状態を続けている現状である、それでこれ等の行詰まりを打開するため、村内所在の官有地松の木平を開拓して、畜農総合事業を計畫実行せんとするのである、ついては、速かに松の木平百町歩の拂下げをせられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一二九號食塩の増産並びに増配の請願(第二〇四号) 請願者新潟縣南魚沼郡石打村大字大澤四十五番地農業星野享一外千六十三名 紹介議員吉澤仁太郎君荊木一久君舟崎由之君本請願の趣旨は、人間の食生活上、食塩の重要性については、今更論ずるまでもない、然るに現行食塩の配給量は、その必需量のわずか三割に過ぎずして、その不足量の補給は常に闇によらなければならない、殊に降雪地方にあつては、半歳余の越冬に備えて、蔬菜の漬込み、味噌・醤油の釀造等のため、文字通り懸命の努力を費やしていることは周知の事実である、その結果、供米に及ぼす影響は重大で、時間的にも労力的にも不経済極まるものである、かくては、ただに國民経済の破綻を助長せしめるのみならず、民意を挫折せしめることとなり、日本再建上誠に寒心に耐えない、ついては、政府はあらゆる困難を克服して、鋭意食塩の官行生産を増強して、主食糧と共に必需用量を配給し、以て民心の安定を図られたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━  特別報告第一三〇號高山町有明に無集配特定郵便局設置の請願(第二二八号) 請願者鹿兒島縣肝屬郡高山町有明飯ケ谷乙次郎外十二名 紹介議員二階堂進君的場金右ヱ門君本請願の趣旨は、鹿兒島縣肝屬郡高山町有明は、志布志湾南岸、大隅山脈山麓の長大なる地域にわたり、東西十六粁に及ぶ部落で、戸数二百二十戸、人口千二百名で、貯金の預入、拂出については極めて不便を感じている、又漁業上の通信連絡、物資の運搬手配等にも時間を要し、急病人等の場合にも医師來診の手配は、使者によるの外なく極めて不便な所である、なおこの地は林、海産物共に豊富で、その産額も向上の一途をたどつているので、郵便局の設置を痛切に感じつつあるのである、ついては、速かに前記有明に無集配特定郵便局を設置せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一三一號岩代赤井郵便局に電話事務開始の請願(第二五〇号) 請願者福島縣北會津郡湊村赤井二千五百七十一番地岩代赤井郵便局長田中二郎 紹介議員中野寅吉君本請願の趣旨は、福島縣北會津郡湊村赤井地区は、猪苗代湖西岸地域であつて、附近には二、三千町歩に上る未墾可耕地があり、最近食糧危機緩和のため、これを開拓すべく、縣営赤井地区緊急開拓工事が開始され、着々として進行しているが、これが完成には通信事業の協力の要あることが痛切に感ぜられる、ついては、速かに岩代赤井郵便局に電話事務を開始せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一三二號船岡郵便局に集配事務開始の請願(第二五三号) 請願者鳥取縣八頭郡船岡村長代理助役中島健次外六名 紹介議員稻田直道君本請願の趣旨は、鳥取縣船岡郵便局は、大正十年創設以來、通信事務に多大の利便を與えつつあつたのであるが、未だ集配事務の開始がないため、地方民衆の日常受ける不利不便は誠に少くない、ついては、速かに前記船岡郵便局に集配事務を開始し、その関係集配区域の変更をせられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一三三號幌加局より川下村に電話線架設の請願(第二五七号) 請願者北海道濱益郡實田村農業岸本資雄 紹介議員香川兼吉君本請願の趣旨は、北海道濱益郡濱益村は、瀧川駅より十四、五里の距離にあり、一方は海に面し、他方は山岳であつて、交通としては、海上より小樽に通ずるか、陸上より瀧川に通ずるかの現状である、しかして通信関係においては、郵便物は瀧川駅より新十津川村西徳富局を経て、當別青山四番川より濱益村茂生に達している、然るに電話線は、一方は厚田村より、他の一方は増毛町より、架設してあり、両方とも海岸線であるため、烈風降雪による障害が多く、殊に冬季の如きは、通話すこぶる困難な状態である、ついては、地方開発の見地より、比較的安全地帶である一般郵送経路に、速かに幌加局より電話線を架設せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一三四號鹿兒島縣に理農科大学設立の請願(第一四七号) 請願者東京都澁谷区羽澤町五十三番地井上知治 紹介議員井上知治君本請願の趣旨は、鹿兒島市を中心とする南九州一帶は、亞熱帶近似の環境を有するので、この地に暖地産業の開発を盛んならしめるため、元臺北帝國大学における学術研究を継承して、暖地環境に関する科学の進歩発達に寄與し、特に現在我が國が最も必要としている農林、水産資源の開発を図るため、鹿兒島農林專門学校及び鹿兒島水産專門学校の現有施設を核心として新たに理農科大學を設立せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一三五號帶廣農業專門学校昇格に関する請願(第一六〇号) 請願者畜産大学設立期成同盟会長帶廣市長代理助役川西輝昌外三名 紹介議員森三樹二君本名武君伊藤郷一君本請願の趣旨は、今囘教育制度の根本的改正に伴い、帶廣農業專門学校は高等学校に編入されるようであるが、該校は昭和十六年、時代の要請に基いて生れた唯一の官立獸医畜産專門教育機関で、從來の獸医畜産教育の拡充強化に資すると共に、貴重なる研究成果と、新進有爲の人材を社会に送り、終戰後は從來の獸医畜産科に加うるに酪農、農藥化学の二学科の増設を見るに至り、内容的にも、環境の客観的條件の上からも、高等学校に轉換されることは、全く不合理である、ついては、該校を、畜産大学に昇格せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一三六號新学制を昭和二十二年度より全面的実施その他に関する請願(第一七四号) 請願者山口縣徳山市長玉野三平外百名 紹介議員仲子隆君本請願の趣旨は、新学制を一箇年ずつ漸進的に実施しても、一挙に実施しても、現在の日本の財政並びに資材においては、その校舍及び設備には大差なく、且つ早晩廃止さるべき國民学校高等科、青年学校及び中等学校に、たとい一両年にもせよそのまま引続いて修学させることは、青少年の志氣を殺ぐ虞があるので、教育の機会均等、民主化促進の見地より、六・三・三案を昭和二十二年度より全面的に実施すると共に、新たに教育税を設けて、都道府縣及び市町村の財政を救い、教権の確立と教職員の待遇改善を図られたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一三七號鳥取農林專門学校農村工業実科修業年限延長の請願(第二〇五号) 請願者鳥取市立川町四丁目百四十二番地吉村信義外二百四十一名 紹介議員稻田直道君本請願の趣旨は、敗戰の我が國農村に與えた変動は誠に重大で、その前途には農村恐慌來の暗影さえ横たわつている、この事態に対処する唯一の方策として、農村工業の重要性を認めなければならない、しかしてこれが指導者としての重責に当る人材養成機関としての、鳥取農林專門学校農村工業実科は、その修業年限は一箇年であつて、余りにも速成教育たるの感が深く、到底学術優秀なる指導者の養成は困難である、ついては、時代の要請と祖國の將來とに考え、農村工業教育の完璧を期するため、その修業年限を三箇年に延長せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一三八號日本獸醫畜産專門学校昇格に関する請願(第二三七号) 請願者東京都下北多摩郡武藏境町本多虎雄外六名 紹介議員香川兼吉君本請願の趣旨は、我が國再建の重大なる要素の一として、食糧自給の問題が挙げられるが、それは從來のような粗放的農業経営ではなく、極度に集約化せられた多角的経営の形態を取り上げられなければならない、即ち家畜を取入れた有畜農業経営によらなければならない、然るに現在の家畜飼育の状況並びに獸醫畜産教育の状況は誠に遺憾に耐えない、ここにおいて強力なる家畜増殖の途を講ずると共に、優秀なる獸醫畜産技術者を多数養成しなければならない、一方日本獸醫畜産專門学校は、明治十四年創立以來、本邦獸醫教育の鼻祖として、獸醫畜産界のため、大いに貢献し來つたのであるが、たまたま新学制施行に当り、その歴史と傳統のため、新大学令による大学に昇格せしむべく着々準備中である、然るに大学昇格に関しては、文部当局においては、いささか消極的であるように察せられるが、かくては学制改革の根本方針に反するものと信ずる、ついては、本格の昇格に関し、適切なる措置を講ぜられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一三九號善通寺町に四國総合大学設立の請願(第二六六号) 請願者香川縣仲多度郡高篠村長豊田一 紹介議員福田繁芳君本請願の趣旨は、日本再建の方途として、高等教育の普及は最も緊要のことである、然るに現下の食糧事情、住宅問題より向学の学徒でその目的を達し得ないものが多数にあり、殊に四國には松山、高知に高等学校はあるけれども、大学の設置がないため、遠隔の地に、学ばなければならない、從つてこの文化的施設である四國総合大学の設置は、四國住民多年の熱望であると共に現下の國情より絶対的に緊要であると信ずる、しかして善通寺町は、四國四縣のほぼ中心に位し、從來十一師團の所在地であつたため、文化も発達し、各地との交通機関が発達して、大都市の形態を整えている上に、軍関係の学校向建物も多数存在し、又四國電車開通のため、教職員、学徒の住宅問題、通学問題についてもその解決に便宜である、ついては善通寺町に四國総合大学を設置せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一四〇號高松経済專門学校を善通寺町に存置の請願(第二六七号) 請願者香川縣仲多度郡七箇村長増田一良 紹介議員福田繁芳君本請願の趣旨は、高松経済專門学校は、昭和二十年五月戰災のため全校舍燒失により、直ちにこれを善通寺町に移し、旧十一師團の営造物を修理して、今日まで何等停滯なく授業を継続しつつあり、又善通寺町当局並びに町民及び隣接町村民は一丸となつて、同校を永久に善通寺町に存置せしめて、文化都市として同町を再生せしめようとの計畫の下に、種々の犧牲を拂つてこれが完備に向つて邁進しつつあるのである、然るに文部当局は同校を、まだ復旧もしていない高松市に復帰せしめる意嚮のように聞くのであるが、それは諸般の事情からして妥当でないと信ずる、ついては、同校を善通寺町に存置せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一四一號寒冷地帶営農研究所設置の請願(第一五七号) 請願者山形縣北村山郡大高根村大字雪の観音郷連合部落会長松岡俊三外六名 紹介議員圖司安正君荒木武久君本請願の趣旨は、國家再建のためには、國内の未開拓地を積極的に開墾して、食糧の飛躍的増産と、未利用資源の開発に努めなければならない、然るに國土狹小なる我が國においては、勢い高冷多雪の地である奧地山嶽部に進出するの外はない、それには東北地方の多雪寒冷地について、科学的営農法を研究して、これ等進出者を指導するために、國費を以て多雪高冷地帶國立営農研究所を設置せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一四二號地主に耕作権付與に関する請願(第二四八号) 請願者福井縣坂井郡兵庫村下兵庫農業森瀬三左右ヱ門外三名 紹介議員富田ふさ君本請願の趣旨は、地主は今囘新たに制定された農地調整法により、一町歩を残した他の農地は、自作をしない限り政府に買收されることになつた、しかもその一町歩に対する小作料も金納制となり、主食はすべて配給されることとなつた、これでは到底地主の生活が立ち行かなくなることは自明の理である、故に買收に應ずる地主にも耕作し得る農地を與えて、生活の途を開かしめられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一四三號肥料増配の請願(第一七六号) 請願者茨城縣久慈郡太田町二千百二十三番地石井覺一 紹介議員武藤常介君本請願の趣旨は、一般農作物の増收如何は、一に施肥量の多少によるものであることは明かな事実である、ついては、政府は目下の差迫つている大・小麦の追肥は固より、更に本年米作等の増收を期するため、一切の障害を排して肥料の増産に努め、その増配を図られたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一四四號間接肥料太陽菌販賣認可の請願(第一八二号) 請願者愛知縣豊橋市松葉町百七十七番地白井春太郎 紹介議員神戸眞君本請願の趣旨は、間接肥料太陽菌は、先に販賣不許可となつたが、該菌が農作物の増産に特効のあることは、既にこれを使用した篤農家によつて証明されてをり、使用者の中には、供出完納の上に、更に太陽菌感謝報國米をすら献納した者があるにかかわらず、当局は嚴密なる試驗も行わずして、これが使用を禁止されたことは、食糧増産上眞に遺憾とする所である、ついては、本請願書に添付した專門学者の研究報告を始め、その他の参考書類につき檢討せられて、速かに該菌の販賣認可並びに使用許可を與えられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一四五號観光地帶を農地法より除外の請願(第二二五号) 請願者熱海市汐見町七十番地旅館業畠山鶴吉 紹介議員坂東幸太郎君本請願の趣旨は、平和日本建設と観光政策とは、風光絶佳の日本としては、不可離の関係にある、この見地より観光の適格地は、これを農地法の適用より除外して、観光施設の徹底を期さなければならない、我が國現下の重要國策たる観光政策より見れば、わずかなる観光地帶に農地法を適用して、農地として恒久化するが如きことは、決して策の得たるものではない、ついては、速かに観光地帶を指定して、農地法適用より除外せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一四六號繭價引上げに関する請願(第一七五号) 請願者茨城縣結城郡江川村東茂呂鈴木三郎 紹介議員鈴木明良君本請願の趣旨は、政府は、昭和二十一年夏秋蚕繭代金より、千八百掛とするという公表をしたので、養蚕業者は、晩秋蚕繭代精算に絶大の希望を持つて、價格発表を待つていた所、今囘その精算に当つては、蚕種代金支拂に不足を生じて、逆に一貫目八十円の内渡し金より、再徴收されることとなつたことは誠に遺憾である、今かりに千八百掛に引上げられたとしても、これを煙草耕作者の收入に比すれば遠く及ばない、且つ煙草耕作者には種々の特配物資がある外、代金等も現金拂であるが、繭代金の現金化は依然として困難の実情にある、そのため養蚕業者中には現に配給された桑苗の植付も怠り、既成桑園をすら掘取り、他の有利な作物の作付に輸換しようという風が濃厚になつている、ついては、日本経済再建の基盤である蚕糸業の重要性に顧みて、業者の奮起を促す見地より、昨夏秋の繭價にさかのぼつて二千掛に引上げられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一四七號札幌に緬羊共進会開催の請願(第二三五号) 請願者北海道空知郡音江村商業坂田丈吉 紹介議員香川兼吉君本請願の趣旨は、敗戰後纖維の入手難に伴つて、國民衣料の自給対策こそ、正に刻下の急務である、幸い北海道民は時代に目覚めて緬羊飼育にその実を挙げ、目下万頭を以て算するに至り、今後は数十万頭の増殖も可能である、ついては、政府は緬羊國策の重要性を道民に徹底せしめると共に、種畜の改良、発達を図り、その飼養管理等に万全を期するため、今夏を期して、札幌緬羊共進会を農林省主催を以て開催せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一四八號馬産振興に関する請願(第二四二号) 請願者北海道樺戸郡新十津川村農業吉田治平太 紹介議員香川兼吉君本請願の趣旨は、産業上における馬の重要性に鑑み、戰爭中は大増産を続けて來たが、現在は大減少を來たしている、即ち昭和十八年度には十八万頭の生産のあつた産馬が、昭和二十二年度には八万頭を割るのではないかと予想されている、一方斃死馬の増加と、肉類の欠乏より生ずる密殺の横行が盛んであつて、生産と消耗の差引は三万頭の減少である、ついては、我が國産業上並びに食糧増産上支障のないように、馬産の振興につき強力なる施策を遂行せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一四九號耳成村木原における御料林拂下げの請願(第一五八号) 請願者奈良縣磯城郡耳成村大字木原二百八十四番地木村伊作外四名 紹介議員北浦圭太郎君本請願の趣旨は、奈良縣磯城郡耳成村大字木原料山林の御料林十二町二反歩は、本請願人の代表五名外三十一名の祖先の私有山林であつたが、明治十三年に御料林に編入され、直ちに立入を禁止されたので、これがため旧所有者は倒産の憂目を見た程である、ついては、右の事情御賢察の上前記御料林を旧所有者の子孫に返還せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一五〇號黒松内村に営林区署設置の請願(第一八〇号) 請願者北海道虻田郡倶知安町松下求外二名 紹介議員小川原政信君本請願の趣旨は、北海道倶知安営林区署は、その管轄区域が廣大に過ぎて、これが運営の万全を期し得ない現状にあるのであつて、本村においては多年区域の分割と、その新設を切望していたのである、所が最近政府当局も、これが増設を計畫中とのことであるが、本村官民の切望する所は(一)区域は黒松内村を中核として、熱郛村・歌棄村・磯谷村・南尻別村・豊浦村・長万部町・樽岸村・壽都町・東島牧村及び西島牧村を以て一丸とした地域とすること(二)新設営林区署は黒松内村に置くことの二点である、これが理由は、黒松内村は区域内の中央部に位し、交通が至便であり、既設苗圃の所在地であり、廳舍敷地の解決が容易であり、仮廳舍及び職員仮住宅提供の用意があること等か挙げられる、ついては、速がにこれが実現を図られたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一五一號木曾御料林の一部開放その他に関する請願(第一九〇号) 請願者長野縣西筑摩郡十六ケ町村御料林対策委員代表巾末吉外十六名 紹介議員坂東幸太郎君本請願の趣旨は、長野縣西筑摩郡の地域は、通称木曾谷というて、古來山嶽重疊の地として知られた地帶であるが、明治二十二年御料林に編入せられてからは、立入を禁止されたばかりでなく、民有地も多分に上地を迫られ、爾來紛議の絶えることがなかつた、然るに今回新憲法の実施と共に、木曾御料林の國営移管を機会に、(一)明山制度の復活(二)御料局に対する地元の権益関係の再確認(三)國営移管後の民主的合理化(四)木曾営林局の新設等を断行し、木曾住民に職域分業として、林業に、いそしましめられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一五一號林道飯田、赤石線並びに飯田、豐橋間道路開設の請願(第二四一号) 請願者長野縣飯田市大字飯田千二百三番地遠山方景外六名 紹介議員田中重彌君本請願の趣旨は、長野縣下伊那郡は、天龍溪谷に位し、耕地狹小のため、主として養蚕業によつて生計を立てていたが、戰時中は、食糧の自給自足体制の必然的結果として、養蚕業の衰微を招來し、他面戰爭遂行上、山林の濫伐が行われ、山林資源は枯渇に瀕しつつあり、終戰後木工業の飛躍的發展を見たが、資源枯渇のため進展せず、又戰災復興資材の調達もできず、全産業は沈滯しつつあり、ここにおいてこの窮状打開のため、林道飯田、赤石線を開設して、奧地林の開発をして里山林地に休養を與え、地方経済を復興すると共に、失業救済に利用し、赤石山系の石灰石の工業化によつて肥料の生産に資し、更に南アルプス觀光道路たらしめたいのである、次に南信地方の物資集散地たる飯田と、豊橋を連結する交通路としては、國鉄飯田線あるのみであるが、飯田線は屈曲が多くて牽引力が乏しく、沿道に産する林、農産物は各驛に山積滯貨している状態で、これが打開の途は、飯田線と並行する國道の開設以外にはない、又天龍水系による發電所の開設も、國鉄一本では不充分であることは過去の事例に徴して明かで、前記赤石林道と不離の關係にある重要路である、ついては、以上二つの道路を速かに開設せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一五三號小倉村に國立園藝試驗場支場設置の請願(第二四九号) 請願者長野縣南安曇郡町村長会長藤森緑外三名 紹介議員米倉龍也君本請願の趣旨は、戰時中は食糧の自給自足のため、主要食糧作物のみを中心として來たが、今や敗戰の結果、自給は到底不可能で、勢い適地適作主義を断行して、主要食糧の見返品となるべき農業を発達せしめなければならぬ、その意味において菜果、蔬菜の改良発達は極めて必要である、然るに現在の園藝試驗場は、靜岡縣に本場を、青森縣に支場を設置されてゐるのみで、その試驗範囲も限度があり、農林省當局も更に支場新設の要あることを認めているようであるが、將來は高原農業、開拓農業、瘠薄農業、樹木農業に主力を注ぐべきである。ついては、長野縣は高原性の氣候で、多寒夏乾の地帶で、その地勢と氣候は園藝作物に適している、故に試驗場候補地としては幾多の場所もあるが、日本アルプス山麓の南安曇郡小倉村を中心とする六箇村の開墾地を試驗地に當て、小倉村に國立園藝試驗場支場を設置せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一五四號冨士山麓における木材利用に関する請願(第二二二号) 請願者熱海市汐見町七十番地旅館業畠山鶴吉 紹介議員坂東幸太郎君本請願の趣旨は、冨士山の中腹には、千古の老木が密生していて、樹齢に達したるもの、又達せんとするもの幾万千なるを知らない、これを自然のままに放任して腐朽せしめることは、木材飢饉の今日、誠に不経済極まることである、ついては、速かにこれが調査をなし、その一部を伐採して、あるいは用材に、あるいはパルプ材に、更には薪炭材として、日本再建に資せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一五五號米ノ浦漁港船溜災害復旧並びに第二次工事施行の請願(第七六号) 請願者福井縣丹生郡城崎村長代理助役竹内傳三郎他二名 紹介議員青木清左ヱ門君本請願の趣旨は、福井縣丹生郡城崎村米ノ浦は、日本海における無盡藏の水産漁獲物のある越前海岸の主要漁港として、昭和二十一年度において、農林省が工費四十五万円を以て船揚場、船溜及び防波堤の築造工事を進めつつあるのであるが、同年十二月の大暴風のため、工事箇所の裏側に面する防壁が破壞せられ、これがために該箇所を復旧しなければ、目下施行中の工事も意義をなさないから、これが復旧を図ると共に、今回の被害状況に鑑み、第二次工事費として三百万円を以て、完全なる防波堤を築造し、越前海岸全漁業者の安全なる避難港たらしめられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一五六號魚價公定制撤廃の請願(第一四九号) 請願者宮城縣石卷市港東町七番地漁業稻井三治外百三十九名 紹介議員内海安吉君本請願の趣旨は、食糧危機打開の根本対策は、食糧の増産、特に水産物の増産を図り、國民保健上、重要なる動物質蛋白の給源を確保充実するにある、然るに水産業界の現状を見るに、漁業者は、農耕者に比し、増産に熱意を欠く観あることは眞に遺憾である、しかしてその根本原因は、漁業者の生産過程の実情を無視した魚價公定制にあると信ずる、ついては、この際水産立國の見地並びに食糧政策の大局から、速かに魚價公定制を撤廃せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一五七號漁業権制度の改正に関する請願(第一五一号) 請願者札幌市北三條西七丁目一番地北海道漁村同盟委員長西山兼松 紹介議員地崎宇三郎君椎熊三郎君本請願の趣旨は、漁業生産の昂揚と漁村の民主的建設のために、漁業権制度を、定置漁業権、特別漁業権、区劃漁業権は、即時これを廃止して、漁業権は、これを專用漁業権と、これに附隨する入漁権の二種としたい、しかして漁業権の所有及び行使については、漁業権は、自主的組織による漁業会の所有とし、それ以外のものの所有を認めない、又漁業権の行使は、漁業会総会の決議により漁業会員をして行使せしめる、しかして入漁権は、これを関係漁業会の協定によらしめる、更に漁場区域については、專用漁業権の漁場区域はできるだけ拡張し、許可漁業制度については、これを整理縮減することとし、又漁業許可をするときは、当該漁業に利害関係を生ずる漁業会もしくはその連合会の承認を要することとし、既存漁業権の処分並びに補償については、既存漁業権は、漁業権整理委員会の決議により國家が接收すること、又その接收した漁業権は、当該漁業権の存在した海域をその專用漁場区域とする漁業会に無償交付すること、以上のように漁業権制度を改正せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一五八號網代漁港拡張に関する請願(第二二四号) 請願者熱海市汐見町七十番地旅館業畠山鶴吉 紹介議員坂東幸太郎君本請願の趣旨は、靜岡縣田方郡網代漁港は、天與の漁港で、更に人工を施して完成したならば、これまでの百数十万貫であつた漁獲高を、五百万貫以上とすることも易々たることである、元來本港に揚陸する魚族は、百五、六十種に達し、他にその類例を見ない所である、政府もここに見る所あつて、昭和十九年以來、一部の築設に着手せられたが、本港は水深に富み、殊に熱海駅に接する関係上、商港として、又避難港として、重要なる役割を有するものと信ずる、かかる見地より大規模なる築港計畫を樹立し、その第一着手として、まず大防波堤の築設を企図せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一五九號今和泉漁港修築の請願(第二六五号) 請願者鹿兒島縣揖宿郡今泉村岩本弁護士濱田虎熊外九十二名 紹介議員井上知治君本請願の趣旨は、鹿兒島縣揖宿郡今和泉港は、鹿兒島湾に面し、薩摩半島の南部に位する漁港で、その水深は深く、漁港として最適の良港である、故に四十五年前海岸の一角に防波堤を築造されたが、数隻の漁舟を繋留するに過ぎないので、これが築港の急務なることを多年熱望していた所、昭和十六年農林省より技術員派遣せられ、測量設計も作成されたが、戰爭のため今日なおその実現を見るに至らない、今や終戰後最も重要なることは、生産の増強、殊に水産業こそはその鍵を握るものであると信ずる、ついては、水産基地たるの素質を充分備えている今和泉港を修築して、漁港としての完全なる施設を施されたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一六〇號山形縣下土地改良小用排水事業國営施行の請願(第一九四号) 請願者山形市沼ノ邊耕地整理組合長大宮徳治外六名 紹介議員松浦東介君本請願の趣旨は、山形縣東南村山地方事務所管内においては、昭和十八年度第二次食糧増産緊急土地改良事業として、小用排水事業に着工し、爾來第三次、第四次、第五次と次々に事業費の割当を受けたので、あらゆる困難を踏み越えて、鋭意事業の完遂に努力して來たが、農地制度改革に伴い、從來地主の負担であつた地元負担金のみが借金として残ることになつた、又土地改良事業は、公共事業である関係上、失業者を使用しなければならないために、人夫賃金が多額に上り、從つて事業費が増加する等、不測の障害が起つて、工事を中止するのやむなきに至らんとする現状である、ついては、本事業を國営として施行せられたいのであるが、もしそれが不可能ならば助成金を高率に制定して交付されたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一六一號畑地の水田化工事費國庫補助の請願(第二四六号) 請願者北海道夕張郡角田村字栗山農業古川長平 紹介議員香川兼吉君本請願の趣旨は、由來畑地の造田化は、すこぶる困難なる事業であるが、殊に灌漑溝及び貯水池の築設は容易ならざる大事業である、ついては、政府は現下の実情に考へ、造田意欲の昂揚と米産増進のため、今後水田化事業に要する費用の全額を國庫負担とせられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一六二號蒲戸、中浦間並びに河内、西野浦間道路改修の請願(第一四八号) 請願者大分縣佐伯市宮前村上勇 紹介議員村上勇君本請願の趣旨は、大分縣佐伯市を中心とする海岸線道路は、先に一部改修工事に着手したが、戰爭に禍いされて中絶、今日に至るも未だ何等の着工を見るに至らない、從つて海岸線一帶の約五万の農・漁民は、今なお原始時代同樣の不便を感じいる有樣で、ひいては農産物及び生鮮食料の集荷等も意の如くならないのみならず、雨天、波浪に際しては、住民の困難一方ならぬものがある、ついては、同縣佐伯市より淺海井を経て蒲戸に至る路線及び佐伯市より西中浦を経て中浦に至る路線の改修並びに河内、西野浦間における隧道建設並びにその改修を速かに実施せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一六三號石卷市北上川新舟場に橋梁架設の請願(第一五〇号) 請願者宮城縣石卷市新田町百十八番地堺武志外九十一名 紹介議員内海安吉君本請願の趣旨は、宮城縣石卷市より新舟場を経て、牡鹿郡稻井村、桃生郡飯野川町に連絡し、次いで本吉郡柳津町、志津川町、氣仙沼町に至る路線、又桃生郡橋浦村より、本吉郡十三濱村、桃生郡大川村及び雄勝町に至る主要産業路線は、道幅が狹く、殊に北上川の渡場に至つては、今なお原始的の渡船風景を現出しているような有樣で、完全にこれ等の市町村は通路が切断されているが、この道路がいわゆる近道であるため、通行者が多く、渡船は常に満員の状態である、しかし惡天候や結氷期には渡船が不通となり、交通は全くできなくなる、これを迂回による地方生産物の運搬、それに浪費する時間、労力等を換算する時、実に年額三百八十余万円の國家的損失を招いている実情である、ついては、速かに前記新舟場に橋梁を架設せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一六四號武豊町地内護岸復旧工事施行の請願(第一七九号) 請願者愛知縣知多郡武豊町中川益平外十五名 紹介議員早稻田柳右ェ門君神戸眞君本請願の趣旨は、愛知縣知多郡武豊町地内沿岸は、昭和十九年十月の大風水害によつて堤防が決潰し、直ちに塩止工事を施行したのであるが、更に同年十二月及び翌年十二月及び翌年一月の二回にわたる東海地方の震災で決潰個所が増大し、同年七月再度の大風水害を受けて、大破壞をするに至つた、元來この地区は面積四万二千坪で、この内耕地(田)が八町五反歩あつて、決潰前は反当り三石余の收穫を見ていた所である、それでこの地区の住宅寄りの旧堤防は目下補強工事施行中であるが、これは單なる彌縫策に過ぎないので、武豊町字小迎、市場地域内の五百七十余戸は、暴風雨に際して、常に危險に晒されている状態である、ついては、速かにこの地区の護岸復旧工事を國費を以て施行されたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一六五號立谷川及び高瀬川改修工事國営施行の請願(第一九二号) 請願者山形縣東村山郡出羽村大字千手堂二十二番地大内清三郎外十八名 紹介議員松浦東介君    ━━━━━━━━━━━━━本請願の趣旨は、最上川支流の立谷川及び高瀬川は、共に宮城縣境に源を発しているが、上流地域は一般に地形が急峻であつて、地質は多く岩盤を成して、雜木と熊笹のみであるため、連日強雨の時は、急に洪水となり、沿岸町村の受ける被害は極めて大きく、食糧の増産も妨げられる実情である、ついては、目下最上川上流の改修工事は施行中であるが、前記両河川もこれに編入し、内務省直轄工事として改修すると共に、上流地域にダムを築設して沿岸の被害を阻止し、食糧自給の途を達成せしめられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一六六號塩見川改修工事施行の請願(第二六〇号) 請願者鳥取縣岩美郡福部村長井手野友芳外百二十名 紹介議員稻田直道君本請願の趣旨は、鳥取縣岩美郡福部村は、三方は山を以て囲まれ、一方は海に面する地勢の郡内における大村で、十三部落より成り、内一部落が漁業に從事し、他部落は全部農業を以てその生計を営んでいる、然るに本村は河川の氾濫等のため、毎年護岸の決潰、流失、浸水等により多大の被害を受け、水田の反当收穫は七、八斗という惨めさである、もし河川改修により、その被害を脱することができたならば、優に反当二石以上の收穫を見るべき土地である、ついては、食糧の増産と、村民の生活安定の見地より、速かにに塩見川の改修工事を施行せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一六七號瀧川、濱益間道路改修の請願(第二三一号) 請願者北海道濱益郡濱益村農業岸本資雄 紹介議員香川兼吉君本請願の趣旨は、北海道空知郡瀧川町より濱益郡濱益村に至る約六十五粁の道路は、一部を除く外は、その幅員至つて狹く、自動車の待避にすら困難を感じている、又本道路は粗惡であつて、改修を要する箇所多く、習鉢山と称する急勾配もあつて、木材等の重量搬出には常に困難なる実情である、ついては速かに前記区間道路の改修を実施せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一一八八號椎葉、湯前間道路開鑿の請願(第二三九号) 請願者宮崎縣西臼杵郡椎葉村椎葉武外二十九名 紹介議員伊東岩男君本請願の趣旨は、宮崎縣西臼杵郡椎葉村は、山岳高峰相連り、交通不便な山林村で、耕地面積わずかに五百町歩に過ぎず、勢い経済生活を充足するためには、山林資源を開発する外に生計の方途がないのである、しかも奧地には、いわゆる眠れる山林資源が多量に埋藏されている、然るにこれが搬出のための車道がないので、運搬費用は必然的に高價となり、生産者の利益は皆無となるような現状である、ついては、地方産業経済復興のため、ひいては國家資源開発のため、速かに椎葉村上椎葉を起点として、嶽之枝尾、小崎部落を経て、熊本縣球磨郡湯前に通ずる國道を開鑿されたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一六九號瀬戸川改修工事施行の請願(第二五一号) 請願者靜岡縣志太郡藤枝町大塚甚之助 紹介議員大塚甚之助君本請願の趣旨は、靜岡縣志太郡を貫流する瀬戸川は、平素は渇水しているが、一朝降雨の際は、落差勾配が烈しいため、忽ち増水氾濫して、堤防も決潰し、田畑宅地に浸水して、家屋人畜に及ぼす被害はなはだ大である、殊に最近は、戰時中の山林濫伐の影響により、被害頻々たるものがあり、堤防の損傷はなはだしく、危險に瀕している箇所も相当多い、ついては、速かに國費を以て瀬戸川の改修工事を施行せられたいというである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一七〇號松川改修工事促進の請願(第二五五号) 請願者山形縣東置賜郡梨郷村長代理助役高橋千秋外四名 紹介議員牧野寛索君本請願の趣旨は、最上川は山形縣の中央部を貫流し、穀倉山形の死命を制する重要河川で、上流改修工事は昭和八年度より國営直轄事業として着工されたが、今事変により計画繰延のやむなき事情に立至つたものである、しかして現在の竣工状況は既定計画のなかばにも達せず、殊に最上川上流、即ち松川の上流下流の一部完成によつて、本請願関係地沿岸の滯水量は、改修着工前より増加し、氾濫はなはだしく、田畑被害の度は却て増大の現状にあり、毎年降雨期に至れば、関係地方民は不安の念にかられて、産業の進展、食糧の増産をも阻害しているような実情である、ついては、速かに既定計画を繰上げて、最上川上流である松川の改修工事を促進し、以て食糧資源の確保と民生の安定を図られたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一七一號熱海、箱根間観光道路築設の請願(第二一五号) 請願者熱海市汐見町七十番地旅館業畠山鶴吉 紹介議員坂東幸太郎君本請願の趣旨は、熱海は伊豆半島観光地帶の起点とも称すべき地である、從つてこの地より各方面にわたつて観光道路を築設しなければならない、その中最も重要なるものの一として、熱海、箱根間に幅員二十米位の完全なる舗裝道路の築設ということが考えられる、もしこれが実施せられた曉は、そのドライブの如き、眞に夢の旅行たるの感があり、外客の殺到は何人も疑わない所である、ついては、政府は速かにこれが調査をなし、その実施を図られたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一七二號修善寺、松崎間道路改修に関する請願(第二一七号) 請願者熱海市汐見町七十番地旅館業畠山鶴吉 紹介議員坂東幸太郎君本請願の趣旨は、靜岡縣修善町より田方郡下狩野村、中狩野村、上狩野村等を経て、賀茂郡松崎町に至る道路は、狹小且つ粗惡であつて、交通量に比例しない、從つて人馬の交通上不便はなはだしく、ために農産、林産の増加を妨げつつあることは誠に遺憾である、ついては、速かに前記道路の改修を行われたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一七三號沼津、冨士間道路拡張に関する請願(第二一八号) 請願者熱海市汐見町七十番地旅館業畠山鶴吉 紹介議員坂東幸太郎君本請願の趣旨は、靜岡縣沼津市より須津村、吉永村、原田村吉原村冨士町を通ずる道路は、交通すこぶる頻繁であるにかかわらず、その幅員狹く、人馬の交通上不便極まりなく、ひいては食糧増産にも支障を來している現状である、ついては、前記道路の改良拡張をなし、更にトラツクの配置その他につき、適当なる指導をして、交通の便利を図ると共に食糧増産に資せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一七四號冨士山麓、伊豆半島間観光道路築設の請願(第二二〇号) 請願者熱海市汐見町七十番地旅館業畠山鶴吉 紹介議員坂東幸太郎君本請願の趣旨は、天下の名山冨士山と、その全部が観光地帶であるとの定評ある伊豆半島とを結ぶ一大観光道路を築設することは、観光國策上の畫龍點晴とも称すべきである、その間には箱根山、愛鷹山等の名勝観があり、これ等の景勝地を珠数のように繋いで、雅客の観光欲をほしいままにさせることは、日本風光の特異性を知らしめる上に最も効果的である、ついては、速かに標記の道路を築設せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一七五號靜岡、山梨両縣間に観光道路築設の請願(第二二三号) 請願者熱海市汐見町七十番地旅館業畠山鶴吉 紹介議員坂東幸太郎君本請願の趣旨は、政府は観光國策の重要性に鑑み、靜岡縣より山梨縣に通ずるために、冨士山の一合目と二合目との中間に、観光道路を築設すべきであると信ずる、本道路が完成すれば、両縣にまたがる観光地帶を貫いて、その観光をほしいままにすることができて、外客憧憬の中心たる冨士山の壯嚴なる風光を眺望することもできる、ついては、観光施設として最も緊要なる前記道路の築設をせられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一七六號香川縣仲多度、三豐両郡下における道路拡張に関する請願(第二六八号) 請願者香川縣三豐郡大野原村村會議員岩崎春茂 紹介議員福田繁芳君本請願の趣旨は、香川縣仲多度郡及び三豐郡は、両郡を合せてその面積ほぼ全縣の二分の一に当るが、両郡内の道路の狹惡なることは、全國にその例を見ない、ために農産物資並びに木材、薪炭等の輸送に不便が少くない、なお人口の密度も他郡にその例を見ないほどで、乘合自動車によつて交通難を打開しようとしても、これ又道路の狹惡はなはだしく、その実施を見ることなく、一般住民及び学生生徒等の不利不便は誠に少くない、ついては、速かに両郡内における道路の拡張修理を実施せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一七七號北海道土功組合費國庫補助の請願(第二四四号) 請願者北海道樺戸郡新十津川村農業吉田治平太 紹介議員香川兼吉君本請願の趣旨は、米作農家の土功組合費の負担過重は言語に絶するものがある、殊に亞寒地帶たる北海道における米作農民は、度々の凶作に惱まされて、困窮を極めている、特に今日のような低米價の設定は、忠誠正直なる農民の最も苦痛とする所である、しかもこれ等耕作農民の生活権の保障すらできない現状において、政府は責任を以て当然土功組合費を負担する所の義務がある、ついては、速かにこれが実情調査の上、亞寒地帶における米作の土功組合費は全額國庫支弁の途を講ぜられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一七八號濱益村に漁港築設の請願(第二三二号) 請願者北海道濱益郡柏木村野村弘一 紹介議員香川兼吉君本請願の趣旨は、北海道濱益郡濱益村は、北海道唯一の鰊漁場として有名である、然るにその漁獲方式は極めて原始的であつて、漁港の設備等は全くなく、わずかに舟入澗と称する不完全なものがあるが、これはほとんど用をなさない、ついてはこの際國策的見地より、漁獲物の増收を図るため、濱益村に漁港を築設せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一七九號苫小牧に漁港築設等に関する請願(第二〇八号) 請願者北海道勇拂郡苫小牧町勇拂原野総合開発期成同盟会長西田信一外十六名 紹介議員小川原政信君本請願の趣旨は、北海道勇拂郡苫小牧地方は、その前面には本邦最大の漁田があり、背後には四通八達の工業都市及び消費地を控えながら、苫小牧町を中心として日高國浦河町から、膽振國室蘭市に至る二百粁の海岸には、一の漁港、一の避難港もない有樣である、そのため年々相当数の犧牲者を出しているのみならず、群游する魚族を傍観しているような現状である、ついては、現下の要請に対処して、水産資源の確保並びにその増殖を期するため(一)勇拂郡苫小牧町に漁港を修築して東南太平洋岸漁業根拠地とし(二)勇拂郡苫小牧町字勇拂勇拂川尻及び白老郡白老村字伏古別に船入澗を修築せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一八〇號網走漁港拡張に関する請願(第二二六号) 請願者藤澤市辻堂五千六百三十五番地会社員梅原悦太郎 紹介議員坂東幸太郎君伊藤郷一君武田信之助君小川原政信君本請願の趣旨は、北海道網走港は、天然の良港であつて、しかも一通りの築港施設は完備しているのである、然るに本港の背後は北見農耕地であつて、鉄道による交通運輸の便が少い現在にあつては、勢い本港を利用して、海運によることを便利とすることはいうまでもない、ついては、これが要請に應えるため、現在の築港につき再檢討を加え、以て大規模なる拡張計画を樹立せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一八一號勇拂原野並びに白老原野開発に関する請願(第二〇七号) 請願者北海道勇拂郡苫小牧町西田信一外十六名紹介議員小川原政信君本請願の趣旨は、北海道膽振國所在のいわゆる勇拂原野並びにこれに隣接する白老原野は、面積五万余町歩を有し、北海道に残された集團可耕地中最も好條件に惠まれた地帶であり、その開発は新日本建設上、最も緊要の事であると信ずる、ついては(一)現地に開発機関を設置し(二)河川の改修並びに排水溝を築設し(三)道路網を整備し(四)省営自動車の運輸を開始し(五)大規模の客土計画を樹立し(六)防霧、防風林を設定すると共に、火山灰地である前記特殊原野の開発に必要なるあらゆる科学の研究、所要技術の修得上、現地に開拓指導機関を設置して、速かにこれが開発を図られたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一八二號面白山信号所を貨物駅に変更の請願(第一九三号) 請願者山形縣東村山郡山寺村長渡邊佐正 紹介議員松浦東介君本請願の趣旨は、山形縣東村山郡山寺村を縱断する仙山線の沿線、特に面白山を中心とする山林地帶は、天然の一大資源地たるにかかわらず、交通不便のため、増産意欲を阻害されて、奧地製炭事業においては、年産わずか二万貫に過ぎない現状である、もし面白山信号所を昇格して、貨物取扱駅が新設されたならば、薪炭の生産は著しく増大し、村民の幸福も増進し、地方産業の発展に資する所が少くない、ついては、この面白山信号所を貨物駅に変更せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一八三號冨士山麓に観光ホテル建設の請願(第二二一号) 請願者熱海市汐見町七十番地旅館業畠山鶴吉 紹介議員坂東幸太郎君本請願の趣旨は、外國人の日本観光のこれが冨士山にあることはいうまでもない、このことに鑑みて、冨士山の二合目あるいは三合目に、大規模なる観光ホテルを建設し、以て外客を誘致することは、最も時宜に適したることと信ずる、しかもこの附近は千古に変らない山林地帶であるので、その一部を伐採して、これが材料とすることも考えられる、ついては、速かに調査研究の上、これが実施を図られたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一八四號磐城西郷信号所を一般駅に変更の請願(第二三八号) 請願者福島縣西白河郡白河町長中目瑞男外一名 紹介議員圓谷光衞君鈴木義男君本請願の趣旨は、福島縣白河町は、隣村西郷村を通ずる國道四号線に沿うて、各種工場の設置、國営開墾地への入植者及び國立白河種畜牧場の総合牧場としての再発足等により、人口は増加の一途をたどりつつある、ついては、白河駅と白坂駅の中間にある磐城西郷信号所を、一般乘降客及び貨物の取扱をなす普通駅に昇格せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一八五號牛馬輸送のため青函連絡航路に機帆船配置の請願(第二四五号) 請願者北海道夕張郡角田村字栗山農業古川長平 紹介議員香川兼吉君本請願の趣旨は、終戰後青函連絡は極めて惡く、殊に牛馬の貨車航送に至つては、極めて至難で、あるいは町に、あるいは港に待機を余儀なくされている、その間牛馬の故障死するもの多々あり、國家の一大損失といわなければならない、ついては、産業國策上の見地より、青函連絡に牛馬專用の機帆船を特設配置せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一八六號京都市に観光ホテル建設の請願(第二四七号) 請願者京都市上京区小山下内河原町建築業酒井利雄外一名 紹介議員富田ふさ君本請願の趣旨は、京都市は幸いにも、戰禍を免かれて、文化都市の代表として残存しているのであるが、この京都市内に観光ホテルを建設して、海外よりの賓客を招致し、日本文化に親しましむる要ありと信ずる、ついては、速かに同市に観光ホテルを建設せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一八七號七日町駅を一般駅に変更の請願(第二六二号) 請願者福島縣若松市七日町一丁目三十番地高瀬喜左ヱ門外二十一名 紹介議員中野寅吉君本請願の趣旨は、福島縣會津若松駅は若松市の北端に位し、西若松駅は、西端に位している関係上、人口の最も多い若松市の中央よりの乘降者の不利不便は少くない、然るに七日町駅は、會津若松駅と西若松駅との中間に位し、市の中央部であり、若松市人口の三分の二を占めているのであるが、從來この七日町駅には、一日二囘の列車停車あるのみで、駅としての施設がない、ついては、七日町駅を一般駅に変更して、完全なる駅としての設備をせられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一八八號新庄、清水間鉄道敷設促進の請願(第一五五号) 請願者山形縣最上郡新庄町長代理助役松田久藏 紹介議員圖司安正君石黒武重君大久保傳藏君本請願の趣旨は、先に敷設予定の決定を見た山形縣最上郡新庄町、同郡大藏村清水間の鉄道敷設は、山形縣の北海道といわれる最上郡下の莫大な死藏資源、殊に大藏村一帶の大森林地帶を控えて、木材は固より、良質の亞炭及び木炭等の、燃料の活用を図ると同時に、米穀その他現下必需物資輸送の便を図り、以て民生安定の一助となるものである、ついては、速かに前記鉄道の敷設を促進せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一八九號當別、増毛間鉄道敷設の請願(第二三四号) 請願者北海道濱益郡濱益村字農業野村弘一 紹介議員香川兼吉君本請願の趣旨は、北海道厚田郡厚田村及び濱益村の海岸地方一帶は、開拓史上著名の地であり、漁獲場として水産物多く、又農産物、林産物に富み、更に鉱物資源の埋藏量も豊富であるが、交通機関は極めて不便で、開拓上遺憾とする所が少くない、ついては、當別より厚田、濱益を経て増毛に通ずる海岸鉄道を敷設せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一九〇號浦臼、沼田間鉄道速成の請願(第二四三号) 請願者北海道樺戸郡新十津川村農業吉田次平太 紹介議員香川兼吉君本請願の趣旨は、北海道札沼線は、いわゆる戰爭の犧牲線であるが、幸い当別、浦臼間は昨秋復旧を見たのである、しかし浦臼、沼田間はいまだに未完成のままの状態にある、ついては、戰爭犧牲線の優先的復旧方針に即して、政府は昭和二十二年度内に、標記区間の鉄道復旧を完成せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一九一號瀧川町における鉄道踏切に地下道開鑿の請願(第二五二号) 請願者北海道空知郡瀧川町仲通商業藤井小市 紹介議員香川兼吉君本請願の趣旨は、北海道空知支廳雨龍村、新十津川村、浦臼村より、瀧川町に至る道路中、札沼線を横断する踏切は、これ等町村民唯一の道路であるため、交通量多く、殊に近時鉄道駅における貨車入替に際しての時間的空費がはなはだしく、又交通事故の頻発する所である、ついては、速かにこの鉄道踏切に地下道を開鑿して、人馬の交通の混雜を緩和せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一九二號野澤、宮下間鉄道敷設等の請願(第二五八号) 請願者福島縣河沼郡野澤町百五十三番地渡部晴松外二名 紹介議員村井八郎君本請願の趣旨は、磐越西線野澤駅より會津線宮下間は、比較的平坦なる約十三粁の行程であつて、本路線の敷設実現の曉は、會津奧地よりの無盡藏なる物資の搬出、輸送の敏速なる高率化によつて、地方民の利便はもちろん、裏日本方面及び関西、更には北海道への利便又実に大なるものがあるのである、ついては、速かに前記区間における鉄道敷設の実現を図られたい、なお本鉄道実現に至る間の緊急手段として、取あえず省営バスの運輸を開始せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一九三號彦山、大行司間鉄道速成の請願(第二六一号) 請願者大分縣日田市長廣瀬正雄外六名 紹介議員金光義邦君本請願の趣旨は、北九州工鉱業地区と日田地区とを結ぶ日田線は、日田、添田間全長約四十粁の内、既に開通した区間は、日田、大行司間及び添田、彦山間、計二十八粁で、釋迦嶽隧道を挾む十二粁が未開通区間として残つているのみである、しかもこの区間中、南側は大行司より岩屋まで軌條の敷設を終り、北側は彦山より深倉まで工事完了、軌道の敷設を待つばかりであり、全然未着手の部分は一粁五百米の釋迦嶽隧道区間のみである、もしこれが完成の曉は、本邦第一の筑豊炭田並びに福岡、大分、熊本各縣にまたがる本邦著名の森林を活用し、あわせて観光九州の紹介をもすることができる、ついては、速かに彦山、大行司間十二粁の残工事に着工して、日田線の全通を図られたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一九四號瀧川町に測候所設置の請願(第二三〇号) 請願者北海道濱益郡濱益村實田村岸本資雄 紹介議員香川兼吉君本請願の趣旨は、北海道空知支廳管内は、上川と共に米産地として知られている、しかして上川には測候所があるが、空知にはない、又札幌にもあるが、瀧川地方は上川札幌の中間にあつて、山岳に囲まれた盆地で、氣象の変化が顯著である、殊に降雪量は非常に多い、從つて農作物、分けても米作に対する氣象測候こそ、実に緊切である、ついては、米産増加に資するため、速かに瀧川町に農業氣象測候所を設置せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一九五號駿豆鉄道延長に関する請願(第二一六号) 請願者熱海市汐見町七十番地旅館業畠山鶴吉 紹介議員坂東幸太郎君本請願の趣旨は、現在駿豆鉄道は、靜岡縣三島市より同縣修善寺町に至るもので、その沿線多数の住民と、修善寺温泉の旅客とに多大の利便を與えつつある、もしこれを更に田方郡土肥町を経て、加茂郡松崎町まで延長するならば、沿線住民の利便はもちろん、これによつて生ずる各種の海・陸産物の増産又期して待つべきものがある、ついては、政府は該鉄道を指導して、これが実現を図られたいというのである、なおこれに要する多くの資材等についても、政府の特段なる配慮を煩わしたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一九六號中佐呂間、常呂間鉄道速成の請願(第二二七号) 請願者藤澤市辻堂五千六百三十五番地梅原悦太郎 紹介議員坂東幸太郎君伊藤郷一君武田信之助君小河原政信君本請願の趣旨は、北海道湧網線、即ち中湧別、網走間の鉄道は、中佐呂間、常呂間三十二粁の部分を残して竣工し、現在開通しつつある、しかしその中間にこの未成線あるため、常呂、網走間と、中湧別、中佐呂間間とは、各別に運行しつつある現状である、しかもこの未完成区間の土木工事は完了し、鉄橋材もほとんど整えられている実情である、ついては、該区間の鉄道敷設を速かに完成せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一九七號沼津、濱松間電化促進の請願(第一九六号) 請願者靜岡商工会議所会頭阿部芳三 紹介議員加藤一雄君本請願の趣旨は、終戰と共に問題化して來た石炭対策と失業者救済の見地より、國鉄の大規模電化が計画され、上越線(高崎、水上間及び石打、長岡間)並びに東海道線(沼津、濱松間)にその実施を見ようとしたが、予算の関係上中止になつたことは誠に遺憾である、しかして沼津、濱松間は、その輸送量は、東海道線の中心部に当る関係上極めて大で、列車削減前の石炭使用量は約十一万トンと称せられている、故にこの区間が電化されるならば、現下最も憂慮されている石炭事情の緩和と、輸送力の強化に貢献する所極めて大なるものがある。ついては、政府は前記区間の電化を速かに実施されたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一九八號沼津、靜岡間電化促進の請願(第二一九号) 請願者熱海市汐見町七十番地旅館業畠山鶴吉 紹介議員坂東幸太郎君本請願の趣旨は、東海道本線東京、沼津間は電化されているが、その以西はまだ電化されていない、元來東海道本線は、日本の中枢神経ともいうべき路線で、その改善は一日もゆるがせにできないものである、ついては、資材不足の折柄ではあるが、重点施設の一とも考えられるので、差当り沼津、靜岡間の電化を促進せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第一九九號大樹、浦河間並びに大樹、豐頃間鉄道敷設の請願(第一六九号) 請願者北海道廣尾郡大樹村長代理助役宮内松太郎外一名 紹介議員森三樹二君本名武君坂東幸太郎君本請願の趣旨は、地方物資の大集散地である北海道廣尾郡大樹村大樹駅を中心として、日高線浦河駅に至る間と、並びに根室本線豐頃駅に至る間に鉄道を敷設するならば、同地方における莫大なる農・林産資源の開発を促進するばかりでなく、室蘭市より釧路市に通ずる鉄道連絡に要する時間を短縮して、運輸交通上、太平洋岸北海道の開発に資する所、極めて大なるものがあると信ずる、ついては、前記区間に速かに鉄通を敷設せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第二〇〇號緒方、重岡間鉄道敷設並びに緒方、尾平鉱山間省営トラツク運輸開始の請願(第二六四号) 請願者大分縣大野郡緒方村代理助役三代力 紹介議員原尻束君本請願の趣旨は、大分縣大野郡地方は、山岳重疊、峻坂險路で交通はなはだ不便である、しかも物産としては、木材・木炭・満俺鉱・大理石・ドロマイト・石灰石・錫鉱・銅鉱・硅石・金鉱・タングステン・天然炭等諸種の物資、珍石を包藏している宝庫にもひとしい地方である、故にこれ等の資源開発のため、先年來測量調査済みの豊肥線緒方駅と、日豊線重岡駅とを通ずる鉄道を敷設せられたいというのである、なお豊肥線緒方駅より大野郡長谷川村尾平鉱山に至る路線、及びこれに連続する附近道路に省営トラツクの運輸を開始して、豊南の宝庫と称せられるこの地方の米・麦・牛・馬・木炭・製材等、更に長谷川村の大森林、鉱山等の資源を開発せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第二〇一號弟子屈、標津間省営バス運輸開始の請願(第一六一号) 請願者北海道野付郡別海村農業、生江幸八外二十五名 紹介議員森三樹二君本請願の趣旨は、北海道根室原野は、三十萬町歩にわたる可耕地を有し、これが開発は、第一次北海道拓殖計画によつて、大正三年より実施せられ、その後第二次の計画により、数十億円を投ぜられたが、当時は耕主農業であつたため、その開発は意の如く行はれなかつた、然るに耕主農業より主畜農業に轉換するに至つて着々その緒につき、殊に酪農經營の進むにつれて、日本有数の製酪地帶となり、又馬産地としても全國的に知られるに至つた、しかして農産物の産出も逐次増加し、今や寒冷地帶農業の確立を見ようとしている、更に海岸地帶は景勝の地多く、且つ魚族豊富にして、沿岸漁業は隨所に相當の收穫を擧げているが、奧地との交通運輸機關に惠まれず、入殖豫定地は各各停車場を去る数里の地点にあるため、入殖開発上遺憾の点が少くない、ついては、拓殖線としての意義又大なる釧網線弟子屈駅より、標津線根室標津駅間に、速かに省営バスの運輸を開始せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第二〇二號大樹、豐頃間省営バス運輸開始の請願(第一七〇号) 請願者北海道中川郡豐頃村省営自動車路新設期成同盟会々長田口秀正外二名 紹介議員森三樹二君本名武君坂東幸太郎君本請願の趣旨は、北海道十勝國南部の豐庫である中川郡豐頃村、十勝郡大津村、廣尾郡大樹村の三村を連絡し、更に十勝國唯一の漁港たる廣尾港に直結する路線は、南部十勝の開発上、重要なる路線である、ついては、前記豐頃より、茂岩、久保、湧洞、生花苗、當縁、晩成を経て、大樹に至る間に、速かに省営バスの運輸を開始せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第二〇三號東京駅、常盤臺又は上板橋間にトレーラーバス配車の請願(第一八一号) 請願者東京都板橋区常盤臺一丁目三十一番地東上線交通難緩和同盟会長三澤喜久雄外一名 紹介議員青木孝義君小笠原八十美君本請願の趣旨は、現在我が國の交通難は全國的であるが、東上線の混雜は全く殺人的で、事故が頻出している状態である、その原因は、東上線の沿線には、都心に通勤する者の住宅が多数あり、一方常盤臺より上板橋にかけては、工場地帶があり、又日本大学医科を始め多数の学校があるため、朝夕これ等通勤通学の者が殺到するからである、これに対して東上線の車輛は四十台で、到底これ等の乘客を收容することができない、他に池袋、上板橋間にバスがあるが、これ又一時間一輛で超満員の状態である、ついては、この交通難緩和の策として、政府は東京駅より常盤臺又は上板橋に至る間に、トレーラーバスを配車せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第二〇五號長濱、木之本間並びに長濱、大垣間省営バス運輸開始の請願(第一八三号) 請願者滋賀縣長濱市長臨時代理加田圭三外二十六名 紹介議員森幸太郎君花月純誠君本請願の趣旨は、滋賀縣長濱市及び坂田郡、東淺井郡管内の交通の現状は、國有鉄道としては、坂田郡の西南米原駅を分岐点として、東上する東海道線と、北上する北陸線とがあつて、これ等の受益地として、米原・醒井・近江長岡・柏原並びに田村・長濱・虎姫・高月の各駅で、一市二町八箇村、人口八万五千余である、しかして本管内の東海道線利用の状況は、大部分は北陸線を迂回して米原駅を経由しなければならないので、一般住民の福利、地方産業開発上、誠に遺憾である、ついては、地方民の福祉増進と地方産業開発の見地より、國道十二号線及び関係路線を利用して長濱市を起点として、木之本町及び大垣市を結ぶ路線に省営バスの運輸を開始されたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━ 特別報告第二〇五號日豐本線加治木駅、山田村役場間省営バス運輸開始の請願(第一八八号) 請願者鹿兒島縣姶良郡帖佐町長堀ノ内彌吉外一名 紹介議員宇田國榮君本請願の趣旨は、鹿兒島縣姶良郡山田村は、地形南北に細長く、その距離は四里余で、耕地面積の少い山村であつて、交通道路は帖佐・隈之城線があるのみで、しかも交通機関としては、北山中甑より鹿兒島市に至る一往復のバスがあるのみであつて、他に帖佐、加治木駅に通ずる交通機関はなく、村民の不便は言語に絶するものがある、又帖佐町は現在加治木・入來線省営バスの通過地で、駅前及び山田入口の二停留所があるが、常に超満員で町民の乘車する余地がない、又町の中心地で、バス利用者の最も多い米山には停留所すらない有樣である、ついては、日豐本線加治木駅を起点として、國道を南に走つて帖佐駅に至り、帖佐・隈之城線に入り、帖佐町米山を経て山田入口に至り、此処で既設の加治木線より分岐して、山田村役場前に至る間に省営バスの運輸を開始せられたいというのである。    ━━━━━━━━━━━━━右の各請願の趣旨はいづれも至當であると認めこれを採択すべきものと議決した因つて議院法第六十五條に因り別册を送付する。  昭和二十二年 月 日      衆議院議長 山崎 猛   内閣総理大臣吉田茂殿    衆議院書記官長 大池 眞    ━━━━━━━━━━━━━   建議案及び報告書    ━━━━━━━━━━━━━  舞鶴海洋氣象台設立に関する建議案   舞鶴海洋氣象台設立に関する建議 政府は日本海の天然資源開発のため京都府舞鶴市に海洋氣象台を速かに設立されることを望む。 右建議する。    ━━━━━━━━━━━━━  山陽道改修工事促進に関する建議案   山陽道改修工事促進に関する建議 山陽國道は西部本州を縱貫する主要幹部線道路であつて、陸上交通運輸機関として極めて重大な使命を担えるに拘らず、路線は昔ながらの頗る不完全な状態に取り残され、到底近代文化に適應して道路の機能を発揮することはできない現状にあることは、眞に遺憾に堪えぬところである。 熟熟終戰後の樣相を観るに、産業文化の振興と國民生活の向上が交通運輸機関に依存すること凡そ今日より大なるはなく、道路の整備は実に日本再建のかぎを握る重要部門であると確信するが故に、本國道のこの貧弱な現状を坐視するに忍びない。よつて政府は一日も速かに本國道全線の改修工事を急速に実施して、以て平和文化國家の建設に寄與することを切望する。 右建議する。    ━━━━━━━━━━━━━  人口対策確立に関する建議案   人口対策確立に関する建議 國の産業、運輸交通、保健衞生を初め百般の國政は、すべて人口が根幹となり基準となつていることはいうをまたない。食糧政策の如きは特にそうである。 わが國の食糧は、戰前においては六千余万の國民を賄うことができないので、朝鮮と台湾から毎年千四、五百万石の米を、又米國その他から多量の小麦粉をそれぞれ輸入して、辛うじて賄つて來たのである。然るに敗戰日本としては、それらの輸入が困難であるばかりでなく、その後人口の自然増加もあり、加うるに諸外地に生活しておつた数百万の同胞が急に引上げねばならぬこととなつた今日では、食糧難は倍加する一方である。 即ちわが國の現状は、人口過多に原因して食糧の大窮乏を來たし、それに連れて諸物價は益益騰貴し、自然急激に生活難が加わり、思想は悪化し、國民の不安は愈愈濃厚となり、自暴自棄に傾き、ために生産は日毎に低下し、物の不足は愈愈高まり、インフレーシヨンはいやが上にも高潮するばかりである。  斯かる惡循環の嵐の前には、如何なる政策も徹底せしめることは頗る困難であるが、この惡循環の大なる原因は、なんとしても物不足と人口過多にある。然らば生産を盛んにすればこれが解決できるかというに、生産が刻下の喫緊事であることは勿論であるが、資源に乏しく且つ狹小なる日本の國土においては、生産にも自から限度がある。從つてわが國土において賄い得る人口の飽和限度なるものが自からあるはずである。故に再建日本の國策の根本は、実に人口問題の解決にあると信ずる。殊にわが國は速かに諸般の内政を整えてポツダム宣言に答えねばならぬ差し迫つた事情にあることを思えば、人口問題は実にあらゆる政策に先行すべき超重要問題であると信ずる。從來は戰爭によつて國の発展を遂げんとする極めて誤つた思想に基いて、重要戰爭資源として人口資源培養の目的から、人口の増加を奬励し、多産婦を國家が表彰して來たのであるが、今や戰爭は科学戰時代となつて、人口の多寡は戰爭の勝敗に関係がない、況んやわが國は永久に戰爭を放棄した今日において、狹小なる國土の内に無限に人口の増加することは、無意味有害であると断ぜざるを得ない。 よつて政府は、内は直接法規を以て人口調節の方針を確立し、外は連合軍の人道的理解を求めて有効適切なる方途を講ずる等、最も急速に人口対策を確立せられることを望む。 右建議する。    ━━━━━━━━━━━━━  青年層対策確立に関する建議案   青年層対策確立に関する建議 政府は速かに青年層対策を確立せられることを望む。 右建議する。    ━━━━━━━━━━━━━  國民総勤労時制定の建議案   國民総勤労時制定の建議 政府は速かに國民総勤労時を制定せられることを望む。 右建議する。    ━━━━━━━━━━━━━  國民学校兒童等の医療施設拡充に関する建議案   國民学校兒童等の医療施設拡充に関する建議 無謀なる戰爭を起して、廃きよと窮乏に隔れたこの國を、次の時代の國民に引継がねばならぬわれらの罪過を反省する時、せめて次の時代を担う國民、即ち國民学校兒童等の幼少な人々の將來の幸福のために、われらは能う限りの配慮を拂うべきである。 思うに、人生最大の幸福は健康である。この見地から國民学校その他における医療衞生施設の現状を観るに、戰敗につづく不可避の現象とはいえ、実に不完全、不十分であり、特にへきすうの農村漁村の実状は、眞に寒心に耐えないものがある。就中永き將來に影響をもつ歯科施設の如き、殆んど顧みられない現状である。食糧飢きんに関連して、戰前に比べかく期的な食生活を営まねばならぬ今日、歯科衞生に対する関心は一層深めらるべきである。 右各般の事情に鑑み、政府は速かに有効適切なる措置を講じ、少くとも戰前の状態に一日も早く回復せしむるよう配慮せられることを切望する。 右建議する。    ━━━━━━━━━━━━━  舞鶴市元海軍用地返還に関する建議案   舞鶴市元海軍用地返還に関する建議 元海軍第三火藥廠用地は、戰爭逐行上地元農民より買收したものであるが、終戰の今日その必要がないので、政府は速かにこれを元の所有者である地元農民へ返還せられることを望む。 右建議する。    ━━━━━━━━━━━━━  婦人議員の講和会議参加に関する建議案   婦人議員の講和会議参加に関する建議 新憲法制定の下に來るべき講和会議こそ、全國民の自由な意志を結合して締結せらるべきであると信ずる。婦人は初めて選挙権を與えられ、政治経歴においては日なお浅いとはいえ、全人口の過半数を占める婦人の代表である婦人議員を講和会議に参加させることは、平和國家建設の出発に際し、國際的にも極めて重要な事と思ふ。 よつて政府は眞に民主的救國の熱意を以て、婦人議員の参加に盡力せられることを熱望する。 右建議する。    ━━━━━━━━━━━━━  住宅難突破に関する建議案   住宅難突破に関する建議 國民生活の安定は衣食住の確保を第一とする。今日食、衣は最低ながら配給の形態に置かれてあるが、住の問題に至つては、國家は何ら責任ある保障をしていない。 戰禍で多数の家屋を燃失した現在、國民大衆は唯その日の食にのみ追われて、「樂しいわが家」をもつことなどは思いもよらぬ。かくては人心は益益混乱し、道義はたい廃して、生産意欲の高揚は望まれぬ。住宅営團の解体を見た今日、これに代わる復興院の代行機関として、住宅公社ともいうべき、利潤を超越した組織を整えて、積極的に人民の住宅を確保することにまい進すべきであると思う。 政府は軍需工場、宿舍並びに燒ビル、空校舍等の入手解放を図るとともに、集團住宅を設営して、速かに國民に住の安定を與えられることを切望する 右建議する。    ━━━━━━━━━━━━━  乘物に母子席施設に関する建議案   乘物に母子席施設に関する建議 戰後の乘物の混雜は正に殺人的であつて、子をもつ母の外出は想像以上に困難である。満員電車の中で狂氣の如くに救いを求める母子の悲痛な叫びに、魂も消える思いを繰り返すことが度々ある。この際乘物毎に狹くとも「母子席」を設備して、子をもつ母でも安んじて外出ができるようにしてこそ、初めて、婦人の地位の向上、母性への尊敬、男尊女卑の弊風打破にも貢献し、以て日本民主化促進の大なる收獲となるのである。文化國家は健康の裏附けなくしては望まれない。母子を國家が眞に保護することによつて健民、増産の実も挙がることと信ずる。ソ連においても乘物には必ず母子席があり、他の人は絶対にそこにすわれないと聞いている。アメリカの人の話でも、日本の婦人、殊に母を粗末に扱つているのは実に憤慨に堪えぬとしばしば聞かされる。故に政府は速かに乘物に母子席を施設せられることを熱望する。 右建議する。    ━━━━━━━━━━━━━  主食遅配絶滅に関する建議案   主食遅配絶滅に関する建議 連合國の好意と、天惠の好天によつて、主食の増配に愁眉を開いたのは束の間、既に全國各地にわたり主食の遅配続出して、人心の不安、焦躁は深刻なものである。 生活費の八割を食費に割かれ、所持品も貯蓄も食糧のやみ買いに消耗し盡し、勤労大衆は今や生産意欲も衰え、道義はたい廃し、政府不信の声はちまたに満ちている。 石炭不足による輸送力の激減という理由はあるが、眞に食糧重点主義で、万難を排して盡力すれば、必ず最低量の確保はできると信ずる。 配給に依存した生活を保障されてこそ、初めて、やみも減じ、インフレも抑圧できると信ずる。これに対する政府の積極果敢な善処を要望する。 右建議する。    ━━━━━━━━━━━━━  名寄支廳設置に関する建議案   名寄支廳設置に関する建議 政府は現在の北海道廳支廳管轄中より適当の区域を分割し、その分割地を以て管轄区域とする北海道支廳を名寄町に設置せられるよう適当の措置を執られることを望む。 右建議する。    ━━━━━━━━━━━━━  薄荷並びに除虫菊の國立試驗場設置に関する建議案   薄荷並びに除虫菊の國立試驗場設置に関する建議 わが國の特産品たる薄荷並びに除虫菊は、現下の緊急要事である食糧増産上の農業藥剤として不可欠の資材であるばかりでなく、特に薄荷は國民保健上重要な医藥用として、國民生活における用途は廣く且つ重要であるとともに、終戰後における見返り物資として、これが必要量の確保は極めて緊要なものである。然るに本邦における需要量の大部分を占める北海道における最近の生産事情は、戰時中輸出途絶による滯貨と、食糧増産確保の國家的要請は、必然的に急激なる作付轉換となり、逐年耕作反別の激減を來たした結果、極めて緊要なる前記諸需要量に対應し得ないとともに、農業経営をも危たいに陷れ、その情勢愈愈容易ならざるものがある。然るに北海道は地域廣大で、農耕適地に富み、現在の既耕地約八十万町歩に、緊急開拓による七十万町歩の農耕地を有することとなり、全國農耕地の五分の一を占め、名実ともに再建日本の穀倉となるのである。よつてかかる事態に鑑み、山間へき地に哉培するに有利である薄荷、除虫菊の哉培技術の改善に対する指導力の強化と、反当收量の増加に格別の創意を盛るは勿論であるが、現今においては農業科学技術を徹底的に採り入れることが最も必要であり、既に今日までにわが國において、岡山縣倉敷市に設置した薄荷試驗場、瀬戸内海因の島に設置した除虫菊試驗場とともに、わが國生産の大部分を占める北海道に対しても、当然薄荷の生産地たる北見地方、除虫菊の生産地たる上川地方に、前記試驗場設置の実現を期し、以て科学的経営技術の導入を図ることが、この問題解決の唯一の方途であると確信する。 政府は高遠なる理想と雄大なる構想を以て、前記二箇所に対してそれぞれ國立試驗場を設置し、特殊農業の安定と発展に寄與されることを切望する。 右建議する。    ━━━━━━━━━━━━━  國立農業物理研究所設置に関する建議案   國立農業物理研究所設置に関する建議 北海道は地域廣大で農耕適地に富み、現在の既耕地約八十万町歩に、緊念開拓による七十万町歩の農耕地を加えるときは、実にぼう大なる百五十万町歩の農耕地を有することとなり、全國農耕地の五分の一を占め、名実ともに再建日本の穀倉となるのである。併しながら北海道は北辺の地に位し、氣象條件に惠まれないことと、他府縣には余り見られない特殊土壤、即ちでい炭地、酸性土壤地、重粘土地、火山灰地等の土壤が廣く分布し、多年にわたるりやく奪農業とともに著しく地力を減退し、冷害凶作のひん度を高め、農業生産を減退せしめるのみか、農業経営を危たいに陷れているのである。 かかる事態を未然に防止し、更に進んで増産を企図するには、農業経営に科学技術を徹底的に採り入れることが必要であり、特に今日までわが國では未着手の農業物理学の導入こそ、この問題解決の唯一のかぎともいえる。即ちソビエト農業発展の経過を見ると、実にこの農業物理科学の発展に待つところが大である。 よつて政府は高遠なる理想と雄大なる構想を以て、北海道に國立農業物理研究所を設置し、穀倉北海道農業の安定発展に寄與せられることを望む。 右建議する。    ━━━━━━━━━━━━━  闇の女更生に関する建議案   闇の女更生に関する建議 敗戰國の常とはいえ、闇の女は益益増加の一途をたどつている。政府はさきに彼女等を檢挙し、花柳病をもつ者に強制治療を加え、更生のために諸種の方法を講じられつつあるが、今なお強力なる組織をもたず、これが根絶は中々覚束ない現状にある。故にいま一歩積極的にその更生の途として授産に力を入れ、或は作業に、或は正しき結婚に、眞に親心を以て温かく指導救済すべきであると思う。 インフレと花柳病はつきものと言われているが、政府はこれが取締の方法として、保菌者を一定地区に隔離し、前科のある者は重き体刑を科することとし、民族の敵たる花柳病の撲滅を図り、道義の高揚を期すべきである。 右建議する。    ━━━━━━━━━━━━━  甘藷飴製造に関する建議案   甘藷飴製造に関する建議 甘藷が主食として今日の食糧危機に貢献している効果は大きい。併しこの貴重な食糧をなまじ統制のわくに縛つて、折角、汗と脂の結晶たる甘藷を、輸送の不円滑、或は保存法の不当等のため、生産高の一割ないし二割を腐敗させている現状である。故に政府はこの際供出完了後の甘藷を飴に製作することを許可して、出來時の腐敗を防止するとともに、砂糖不足に惱む一般家庭に廉價を以て配給し、糖分の補給と、農業の多角経営、共同事業の促進に協力せられて、市販の高價な飴を取締り、最低の値段にて乳幼兒、老人、婦人等の栄養増進を図るべきである。 右建議する。    ━━━━━━━━━━━━━  京都府何鹿郡物部村の理想農村改革試驗地指定に関する建議案   京都府何鹿郡物部村の理想農村改革試驗地指定に関する建議 京都府何鹿郡物部村は府下でも代表的な寒村であつて、理想農村建設並びに畜産改革試驗地として、最もよい條件の下にある農村である。 政府はわが國食糧事情の現状に鑑みて、國内食糧自給達成のため、同村を改革試驗地として農林省直属の指導村に指定せられることを望む。 右建議する。    ━━━━━━━━━━━━━  講和会議に婦人代表参加に関する建議案   講和会議に婦人代表参加に関する建議 政府は近く開催を予想されている講和会議に、日本國全権團の随員として婦人代表を参加させ、それによつて民主國家日本の眞價を世界に発揚せられることを望む。 右建議する。    ━━━━━━━━━━━━━  帝國大学の助教授、助手、副手等の待遇改善に関する建議案   帝國大学の助教授、助手、副手等の待遇改善に関する建議 帝國大学の助教授、助手、副手等の現下の待遇は、極めて薄く、將來教授の地位を得、或は学者として世に立ち、文化國家建設の指導者として貢献せしめるのに極めて不利な現状にある。よつて政府はこの現状を能く認識し、財政の許す範囲において速かにその待遇の改善につき善処せられることを熱望する。 右建議する。    ━━━━━━━━━━━━━  洞海湾を第一種重要港湾(國営港)に移管に関する建議案   洞海湾を第一種重要港湾(國営港)に移管に関する建議 洞海湾は、筑豊炭の移輸出港として、その重要性は既に周知のことであるが、特に終戰後にあつては貨物の集散ふくそうを極め、更に最近石炭の海上輸送に伴いいよいよ緊要性が認識せられるに至つた。しかもこれが完全なる機能を発揮するには、港湾施設の改善、航路の浚せつ、泊地の整備改善等をなすの要がある。よつて政府は洞海湾の経営を國営に移管し、以てその機能を十分発揮して、平和日本建設に貢献せられることを希望する。 右建議する。    ━━━━━━━━━━━━━  久慈川改修速進に関する建議案   久慈川改修速進に関する建議 茨城縣久慈川改修工事は目下著々進ちよくを見つつあるが、沿岸流域民としては、現下の緊迫化した食糧増産に貢献するため、一日も早くこれが完了を熱望している、よつて政府は右改修工事を特に速進せられることを望む。 右建議する。    ━━━━━━━━━━━━━  教育会の第二封鎖預金解除に関する建議案   教育会の第二封鎖預金解除に関する建議 日本教育会及び各都道府縣教育会は、その預金を封鎖せられたため経費の支弁に困窮している現状であるから、政府はその事情を詳細に調査せられて、速かにこれを解除せられることを望む。 右建議する。    ━━━━━━━━━━━━━  省營自動車運轉開設に関する建議案   省営自動車運轉開設に関する建議 政府は山陽線、周防富田と岩日線柿木間に、省営トラツク運轉を開設せられることを望む。 右建議する。    ━━━━━━━━━━━━━  茨城縣西茨城郡大池田村福田地内國有林伐採に関する建議案   茨城縣西茨城郡大池田村福田地内國有林伐採に関する建議 茨城縣西茨城大池田村大字福田地内の國有林約三百町歩は、明治三十五年杉、檜、松等の植林以來ほとんど繁茂に任せ、ために同字農地の大半が通風採光を妨げられ、増産を阻まれるばかりでなく、昨今は隣村七會村方面から野猪群の侵入すらあつて、野菜畑までその害を被つている。政府は速かにこれが善後策を樹立し、地方農民の切なる希望に副はれることを望む。 右建議する。    ━━━━━━━━━━━━━  國道第六号線完全改修に関する建議案   國道第六号線完全改修に関する建議 道路の完全整備は國家の政治、経済、産業、文化等の発展向上の基盤をなす。從つて道路の補修改良には、從來とも政府の努力しているところであるが、戰時中の資材及び労力の不足と道路の酷使とのために、現在到る処に見聞されるのは、路面の凹凸、ほ裝のはく脱、砂れき不足によるでいねい、陷沒、路幅狹あい等、実に惨状を呈している。これらの重点的補修改良は焦眉の急である。特に國道第六号線は東京―水戸―仙臺―青森間のいわゆる関東と東北とを一貫する重要道路である。しかも最近連合軍諸車の利用もひん繁で、加うるに石炭不足による列車削減のため、陸路自動貨車輸送の量増大し、主食並びに生鮮食糧品その他関東向け輸送は、正に東京を中心とする居住民の生活支持、生存保障のため絶対的重要性をもつ輸送路である。 重態患者には小手先の手当は効果がない。この際大手術を断行し、國道第六号線の完全改修を行ひ、本路線の本來もつ機能を最高度に発揮させるとともに、輸送時間の短縮、能率の向上を図り、國家の再建に大いに寄與せしめられることを望む。 右建議する。    ━━━━━━━━━━━━━  常設自衞会結成に関する建議案   常設自衞会結成に関する建議 終戰以來、誠に遺憾ながら國民の道義心は一般的に低下し、社会不安は逐日深刻化しつつあるの現状に鑑み、國内治安保持のため、この際速かに新施策樹立の必要なることを痛感する。 よつて茲に一方策として、民間における常設自衞会の結成を提唱せんとするものである。即ちその構想の大体は、國費を以てする常設自衞会を各地に結成させ、消防、警備、作業、指導等の各部組織とし、消防は現在の普通消防を半常設としてこれを包含させるとともに、別に常設消防員を設ける。警備は警察力の不足を補助しつつ一般治安取締の任に当り、作業は天災事変その他緊急事態に應じて臨機に出動し、各種作業に從い、指導は青少年の思想善導を初め、廣く國民訓練、社会教育等に関する任に就く。そうしてこれらの構成員は、廣く失業者、海外引揚者等中から適格者を選拔し、更に一定期間合宿講習を受けさせる等、適切なる方法によつて充分訓育し、心身ともに優秀なる模範的人物を以てこれに充てるものとする。 右構想による自衞会が全國に常設され、組織並びに運営が民主的且つ公正に行われる時は、現今の社会不安の一掃並びに道義心の高揚に寄與するところ大なりと信ずる。政府は速かに、この種の施策実施につき、特に考慮を拂はれることを望む。 右建議する。    ━━━━━━━━━━━━━  茨城縣下漁港の築港及び改良に関する建議案   茨城縣下漁港の築港及び改良に関する建議 食糧問題解決の方策として、鮮魚介類の大量漁獲並びに水産加工品の増産が今日大いに重視せられている。茨城縣は太平洋に面して延々百五十余粁の海岸線をもつわが國有数の海洋縣である。然るに現在漁港として利用されているのは、僅かに平潟、大津、湊、會瀬、磯濱、平磯等で、しかもそのいずれも設備不完全、廃港に近い現状であり、小型漁船が漸く出入でき、大型漁船をてい泊させ得るものは、一港もない。これがため漁獲豊富な大型漁船は、全部遠く福島縣鹽釜、石卷まで廻送されているが、石炭不足による鉄道輸送力の低下は、同地に集積されたものを、東京及びその近隣各縣へ輸送至難のため、大部分は縣内消費又は集積のまま腐敗或はブローカーによる横流れ現象を生み、一般國民にはほとんど入手絶無の状態にある。 よつてこの際茨城縣の如き海洋縣下の漁港の築港若しくは改良を施し、大いに能率を挙げることは、國家的見地より誠に有意義である。特に茨城縣下漁港を、ここに取り上げる理由を挙げれば 一 鉄道機関区が東鉄管内で、上下とも比較的連絡が便である 一 一部河川さく江により鉄道との連絡関係が容易である 一 國道六号線を利用し、自動貨車による短時間輸送ができる 一 海岸へ支線鉄道網が既に発達しているから、引込線新設等が要らぬ 一 地理的に海流並びに海底の状態が改修に容易である かくて差し当り先ず那珂川河口を第一候補港として推したい。同港はかつて漁港工事著工中のところ、戰時中資材労力の関係で中絶されているので、所要経費も多額に要らない。且つ所要資材の一部は縣内所産を充てられ、輸送集積もまた簡便である。右の諸理由によつて茲に茨城縣下漁港の築港及び改良の急速実施を要望する。 右建議する。    ━━━━━━━━━━━━━  常磐線上野水戸間電化実施に関する建議案   常磐線上野水戸間電化実施に関する建議 わが國の産業再建について鉄道輸送能力の減退が一大あい路をなしていることは周知の事実であつて、これが速かなる復興は今日の喫緊事である。しかしてその間緊急重要線をよく選択して重点的にこれを実施すべきは当然の事理である。茨城縣は目下のわが國食糧問題解決のかぎである農産、水産業両面において重要な地位を占め、これら産業の画期的振興を図ることは、わが國全体の産業経済界に貢献するところすこぶる大なるものがある。しかも東京より東北各縣に対しては、茨城縣特に水戸市は地理的にその中間に位置し、漁港完備の曉はその仲介的重要なる役割を担当することとなる。よつてこの際、特に國鉄常磐線上野、水戸間を電化し、その輸送力の増強を図るときは、水戸を中心とする海浜及び霞ヶ浦一帶の水産物並びに縣中央部、同西部の農産物の増産、集荷、輸送に画期的な利便が與えられ、國家の再建に寄與するところ誠にじん大である。又これが所要時間を観察すると、現在の上野、水戸間三時間三十分を優に四十分短縮し、連合軍側が常に求める「能率向上」にも應じ得られ、且つ地形的に急坂路ほとんどなく、電化工事実施は極めて容易である。以上の理由によつてこの区間の急速電化を要望する。 右建議する。    ━━━━━━━━━━━━━  小樽経済專門学校の商科大学昇格に関する建議案   小樽経済專門学校の商科大学昇格に関する建議 文化日本建設上北海道の有する使命は重大である。よつて政府は速かに小樽経済專門学校を商科大学に昇格せられることを望む。 右建議する。    ━━━━━━━━━━━━━  人丸駅、川尻港間省営自動車開通促進に関する建議案   人丸駅、川尻港間省営自動車開通促進に関する建議 山口縣大津郡菱海村人丸駅より、日置村掛淵、宇津賀村角山、小田を経て、向津具村の漁港川尻に至る区間は、戰前民営乘合自動車によつて連絡されていたが、戰時中、乘合自動車会社の整理統合によつて、この区間の乘合自動車運行は、休止のまま今日に及んでいる、然るに現在、人丸、川尻を中心として、沿道の小田、角山その他附近の農漁村を含め、この区間を往復するものは、日日数百人を数え、物資の輸送にも多大の不便と困難を感じつつある。國家再建の途上、かくては地方の発展を阻害することはなはだしく、地元菱海村、日置村、宇津賀村、向津具村四箇村民は挙つて省営自動車の開通を熱望し、以て地方産業の発展に寄與せんことを期しているものである。 よつて政府は、速かに人丸、川尻間の省営自動車開通を促進せられることを望む。 右建議する。    ━━━━━━━━━━━━━  北海道開発に関する建議案   北海道開発に関する建議 現下北海道開発の重要性に鑑み、これが合理的且つ効率的開発を実施するためには、農、林、水、鉱業の原始産業の開発は勿論、商工業の振興及びこれら各種産業と並行して施設すべき開拓、土木、文化、厚生等各般の事業をそう合的に企画実施するを要するを以て、政府はこれが行政機構として北海道開発廳を設置し、一切の企画を一元的に行わしめるとともに、その指導監督の下に、所管行政は挙げて北海道廳に完全委任する方法を採り、以て速かにそう合的開発の達成を図られることを要望する。 右建議する。    ━━━━━━━━━━━━━  鉄道添田線全線開通促進に関する建議案   鉄道添田線全線開通促進に関する建議 政府は鉄道添田線残り工事を速かに著工し、その全通を図り、日本産業の再建と観光九州を実現せられることを希望する。 右建議する。    ━━━━━━━━━━━━━  國領川ダム築造に関する建議案   國領川ダム築造に関する建議 政府は愛媛縣新居郡中萩村國領川上流にダムを築造し、水利及び電源を開発せられることを熱望する。 右建議する。    ━━━━━━━━━━━━━  櫻井漁港建設に関する建議案   櫻井漁港建設に関する建議 政府は速かに櫻井町正面に九十間の岸壁を造り、これに昇降階段を設け、西北端より曲尺形百八十間を突堤を築造して漁船のたまりとなし、風波を防ぐ施設を講ぜられることを望む。 右建議する。    ━━━━━━━━━━━━━  燧灘沿岸干拓事業に関する建議案   燧灘沿岸干拓事業に関する建議 愛媛縣宇摩郡長津村海岸六十七町歩、これによる一毛作田の二毛作田への轉化は四十五町歩。同縣新居郡神郷村、喜濱村海岸四十八町歩、これによる一毛作田の二毛作田への轉化は三百五十町歩。西條市海岸三百二十町歩、これによる一毛作田の二毛作田への轉化は百七十町歩。壬生川町、吉井村海岸百五十町歩、これによる一毛作田の二毛作田への轉化は「百二十町歩。楠川村海岸百六十二町歩、これによる一毛作田の二毛作田への轉化は」七十町歩である。 以上が第一期の干拓計画であるが、政府は速かにこれが実現に努力せられることを望む。 右建議する。    ━━━━━━━━━━━━━  新居濱工業專門学校の大学昇格に関する建議案   新居濱工業專門学校の大学昇格に関する建議 政府は速かに官立新居濱工業專門学校を、工科及び理科の大学に昇格せしめられることを望む。 右建議する。    ━━━━━━━━━━━━━  兒童保護に関する建議案   兒童保護に関する建議 一國將來の繁栄は実に現在の兒童によつて卜することができる。然るにわが國現在の社会情勢は、食糧危機、インフレ危機等によつて、國民生活は極度の不安に陷り、從つて將來日本再建の中堅たるべき現在の兒童は、身体的に栄養の不良、発育の不全、精神的には智能の低下、性格の不良化等幾多の欠陷を生じつつある者が少くないのは誠に遺憾であつて、今にして兒童保護の万全を期さなければわが國將來の再建と民族の興隆は期し難い、政府はよろしくわが兒童の現情を直視して、これが保護、養育に関して、或は適切なる立法を提案し、或は施設を講じ、その万全を期せられることを要望する。 右建議する。    ━━━━━━━━━━━━━  岐阜市立藥学專門学校の大学昇格に関する建議案   岐阜市立藥学專門学校の大学昇格に関する建議 現下藥学教育の緊要なことは多言を要しないところである。然るに熊本、富山の両官立藥学專門学校が既に燒失した今日においては、唯一の現存校である岐阜市立藥学專門学校を大学に昇格せしめて、これが充実を図り、本邦藥学教育の達成を期することが極めて肝要であると信ずる。よつて政府は速かにこれを大学に昇格せしめられることを望む。 右建議する。    ━━━━━━━━━━━━━  酪農局設置に関する建議案   酪農局設置に関する建議 政府は、わが國食糧問題の解決上必須の要件である農業及び食生活の合理化に対して大なる役割をもつ酪農業の急速なる普及発達を促進するるため、速かに農林省に酪農局を設置せられることを希望す。 右建議する。    ━━━━━━━━━━━━━  乳肉衞生事務の農林省移管に関する建議案   乳肉衞生事務の農林省移管に関する建議 乳肉牛の増産及びこれが迅速なる集荷配給は、新日本建設の基盤たるわが國農業の開発及び食生活の改善上、一日のとう安を許さない喫緊の事項であるに拘らず、從來乳肉行政が不統一であるため、これが進展上大なる支障を招來してをる実情に鑑み、速かに乳肉衞生事務を農林省に移管せられることを希望する。 右建議する。    ━━━━━━━━━━━━━  羽咋町、氷見町間鉄道敷設促進に関する建議案   羽咋町、氷見町間鉄道敷設促進に関する建議 石川縣羽咋町、富山縣氷見町間の鉄道敷設を一日も速かに実現されることを望む。 右建議する。    ━━━━━━━━━━━━━  省営自動車の強化拡充に関する建議案   省営自動車の強化拡充に関する建議 日本経済復興と民生安定の基盤となる國内資源の活用は、各種交通運輸機関を早急に整備拡充して、輸送能力の向上強化を図るにありと信ずる。 鉄道の恩惠は國民の等しく念願するところであるが、莫大なる資本と資材、労力、長年月を要する鉄道建設は、現下の國情においては相当困難なりと思われる。これに比し遙かに優位な條件を具備する自動車の特性をは握し、國鉄の代行とてし省営による自動車路線を整備拡充して、重要地区には強力に且つ急速に実施せられることを要望する。 凡そ國家的に重要な使命を有する路線は、省の直営とし、鉄道と眞に一貫性ある交通網を確立して交通経済の発達に寄與すべきである。「公益機関である交通運輸事業は、一事業家の独占による営利本位の運営に委せられるべきではない。期待し得られるものは國家の施設による経営以外にない。」と、旋風の如く全國各地方から起るし烈な省営自動車運輸開始方を熱望する地方民衆は、かく叫んでいる。 然るに民業圧迫なりと曲解する僅か一部業者の反対等のため、当局が國策遂行に変更を余儀なくされるが如きは、断じて許さるべきことではない。 政府は公正なる世論の向うところに從い、よろしくその方針を明示し、民間業者の適切なる指導と、これに不安を與えるが如き制度を是正し、一般國民大衆の福利増進のため、急速に省営自動車の強化拡充にまい進せられることを望む。 右建議する。    ━━━━━━━━━━━━━  地方競馬法改正に関する建議案   地方競馬法改正に関する建議 戰災都市の復興と戰災者引揚民の援護については、政府当局においても、祖國再建の第一要件として並々ならぬ熱意と努力とを傾倒せられつつあることは、戰災都市の等しくこれを認識し感謝しておるところである。然しながら、本事業たるや、現下諸般の情勢に徴し難事業中の難事業で、これが完遂には巨費を必要とし、その財源として相当額の國庫補助ありとするも、なお市費を以て支弁すべき額は少くない。既定事業の遂行さえも困難を來しつつある理在の枯渇窮乏せる市財政を以てしては到底これを賄い得ないばかりでなく、起債も思うにまかせぬ今日、尋常一樣の手段を以てしては急速な成果を望み難きを痛感するものである。戰災都市においても、つとに意をここに致し、戰災復興と戰災者引揚民の援護事業資金調達のため、從來の自治行政の在り方に一大轉換を図り、自力更生を以て復興の促進を期するため新規市営企業を計画し、特に有望な企業として戰災都市に限り、市営競馬を実施し得るよう法規の制定方を歎願しているが、前議会で議決公布を見た地方競馬法は、その熱望に反し、画一的に各都道府縣各一箇所に限り競馬場の開設を認め、然かも馬匹組合のみを以てその施行者と認むるが如き依然として戰前の指導理念を一歩も出ない措置なりとして戰災都市一樣に遺憾の意を表しておるところである。 即ち競馬により馬匹の改善増殖を図る目的は、戰爭を永久に放棄したわが國としては、專らこれをスポーツの振興としてのみ連合軍よりその存続を許容せらるもので、これが施行者としては、復興資金の獲得を第一目標とし、併せて馬匹の改良を図り、更にややもすればは氣を失いいび沈滯せんとする民心に活氣を與うるを以て目的とするが故に、戰災都市こそ最適格者として意義あるものと主張する戰災都市の意見は、現実に照らし最も至極と存ずる次第である。 全國の同じ事情の下にあえぐ戰災都市九十余市も遂に打つて一丸となり、全國戰災都市連盟を結成し、その結束の力を以て復興を阻害する凡ゆる障害を打破し、あい路を拓り開き、相互援助の下敢然立ちあがつて、急速に復興事業を完遂し、以て民生の安定を図り、祖國の再建を誓い、その第一囘総会を去る一月十八日姫路市において開催し、その第一要望事項として戰災都市に限り市営競馬を優先的に実施し得るよう、地方競馬法の改正方を満場一致力〓く当局に要望の件を決議するに至つた実状である。 この戰災都市再起の熱意と、破たんにひんせる財政の窮状とを默視するに忍びず、茲に地方競馬法の公正妥当なる改正方を要望する次第である。 右建議する。    ━━━━━━━━━━━━━  臨時資金調整法改正に関する建議案   臨時資金調整法改正に関する建議 わが國危急存亡の局に直面し、國政に参画するものの唯一の念願は、一刻も早く荒廃せる戰災都市を復興せしめ、戰災者引揚者に安住の地を與え、安んじて都市産業の振興に精進せしめることにより、日本経済再建の原動力たる見返り物資を初め、凡ゆる生産資材、消費資材の生産を増強し、食糧の輸入を得て民生の安定を図り、以て國家再建の大業に寄與せんとすることにある。 然るに戰災復興を直接担当すべき戰災都市の財政事情は、既に政府において詳細調査判明せる如く、ほとんど総べての財源をそう失し、今や例外なく破産の一歩前にあり、一般経常費すら賄い得ず、たとい國庫補助、起債増税等在來の〓法により財源を求め得るとしても、巨費を要する復興事業の遂行は期して望み難しと断ぜざるを得ない実情である。 しかしてかかる切迫せる財政窮乏より脱し一刻も早く復興事業を完遂せんとする熱意に燃える戰災都市の已むを得ざる措置として、從前の自治行政の方向に一大轉換を策し、自力更生を第一義となし、可及的強制的施策を避け、一般民衆に多大の興味を與へ、自発的に協力を求め得る方法を以てする新規市営企業、即ち富くじ、その他を企画するに到つたことは、現在の如き物心共に混迷せる時代においては、一面浮動資金の吸收策ともなり、最も時宜を得た対策と思考し、衷心これに賛意を表するものである。 さきに戰災都市より政府に対し市営富くじを発行し得るよう法規の改正方を要望し、その結果臨時資金調整法の一部改正となり、府縣單位に地方富くじを発行し得ることとなつたことは、富くじの將來に対する政府見解の現れの一端としてきん快とするところであるが、更に竿頭一歩を進め戰災都市の主張する如く、これを市営を以て発行すれば、その消化に当り夫夫その事情に即した市の創意工夫と、市民の愛市観念とに直結し得て販賣成績を良好ならしめ、しかも比較的資材、資金を要せず、疲弊した戰災都市の企業としては極めて絶好なりと思考せられるのである。 しかして本年一月全國の同じ事情下にあえぐ戰災都市九十余市を以て、全國戰災都市連盟を結成し、復興促進のためには凡ゆる犧牲を忍び、凡ゆを障害を打破することを誓い、その第一囘総会を姫路市において開催の席上、各市とも市営を以て富くじを発行し得るよう、又販賣区域及び発行額の制限撤廃方を強く叫び、早急にこれが実現のため法令の改正方を政府に要望することを満場一致議決したことは我々の等しく了とするところである。 就いては以上の如き戰災都市再起の熱意と、破局にひんせる市財政の窮状とを默視し難く、茲に戰災都市選出衆議院員を代表し、戰災都市に限り市営富くじを発行し得るよう臨時資金調整法の改正方を政府に要望する次第である。 右建議する。    ━━━━━━━━━━━━━  土木工事五箇年計画実施に関する建議案   土木工事五箇年計画実施に関する建議 戰時中、軍施設を除く一般道路河川等土木諸施設の改修、修繕工事は全く行われず、終戰後といえども、資材労力の不足により、依然放置せられたので、全國的に主要な道路を初め、河川、港湾、橋りよう等土木関係施設の損壞荒廃状態は正に言語に絶するものがある。例えば道路の陷沒、舖装の脱落等により、國家再建の原動力たる陸上輸送は著しく阻害せられ、河川堤防の破損は、戰時中並びに終戰後の山林乱伐とともに大こう水の因となり、降雨期における堤防決壞、大はん濫を引き起して人畜、家屋、耕地等に及ぼすことあるべき惨禍を思えば、誠にりつ然たるものがある。 政府は右実情に鑑み、速かに適確なる全國的調査を行い、これに基いて豊富でない資材ながら、これを最も有効適切に活用し、且労力の面においては失業者の起用を良く考慮した総合的且つ重点的な土木工事五箇年計画を樹立し、相当の予算をも計上して、全國的に、特に改修修繕の土木工事完遂のために盡力せられることを切望する。 右建議する。    ━━━━━━━━━━━━━  古屋谷、二俣間省営バス運轉延長に関する建議案   古屋谷、二俣間省営バス運轉延長に関する建議 石川縣河北郡三谷村字古屋谷と連接村である淺川村字二俣との間約五粁の路線を、省営バス線に指定延長の上、省営バスの運轉を開始し、該地方における交通並びに産業開発に資せられることを望む。 右建議する。    ━━━━━━━━━━━━━  畜産振興に関する建議案   畜産振興に関する建議 現下日本の國情を熟〓するに、食糧の危機、被服の危機を防圧して、体位の向上を図る等、畜産の振興に待たなければ到底平和國家の再建はできないものと確信する。 よつて、政府は速かにこれら畜産の振興に万全の処置を講ぜられることを望む。 右建議する。    ━━━━━━━━━━━━━  赤崎種畜牧場を拡張し大山種畜大牧場と爲すに関する建議案   赤崎種畜牧場を拡張し大山種畜大牧場と爲すに関する建議 わが國の再建再興は農村工業の一大振興に待つ。しかしてこの農村工業の中においても、その最も容易に、且つ大量生産を挙げ得る有利有力な産業の一つは、正しく酪農工業なりと言うも過言ではないと思う。果して然りとすれば、今後わが國は大いにこの酪農産業の振興を図らなければならないが、それには先ず第一に日本本土における酪農最適の中國地方に、斯道奬励のための一大種畜牧場を創設する要がある。 よつて政府は速かに伯耆大山原野一円の優良牧草繁茂地帶の中心地である農林省赤崎種畜牧場附近の約三千余町歩の國有原野を卜して、大山種畜大牧場を開設せられることを望む。 右建議する。    ━━━━━━━━━━━━━  石手川ダム建設に関する建議案   石手川ダム建設に関する建議 政府は速かに愛媛縣松山市を貫流する石手川上流にダムを構築し、水利及び電源を開発せられんことを望む。 右建議する。    ━━━━━━━━━━━━━  映画演劇の興行場入場税の免税点引上並びに税率改正に関する建議案   映画演劇の興行場入場税の免税点引上並びに税率改正に関する建議 現行映画及び演劇の興行場入場税は高率に失し、國民文化の向上及び一般大衆の豊かなる情操養成に寄與する上において、はなはだしい害をなしておるから、政府はこれを左の通り改正せられることを要望する。  一 五円まで     免税  一 五円より十円まで 二割  一 十円以上     五割 右建議する。    ━━━━━━━━━━━━━  接骨師法案制定に関する建議案   接骨師法案制定に関する建議 從來ほねつぎなる社会通念の下に、國民の保健と治療上大衆の要求に滅私的奉仕をささげて來たわれら接骨師は、多年封建的しつこくの下に冷遇せられ、その法的根拠の不備のためややともすれば傷いた民衆の要求に合致し得ない不幸と不便をかもすことが多く、誠に遺憾である。從來これが是正のため数度に亘つて議会に請願したが、その都度採択されたにも拘らず、不幸未だこれが実施に至らない現状にある。かくては独り接骨師業界の不幸不便であるばかりでなく、又以て國民保健上ゆゆしき大事であると思はれる。よつて政府はこの矛じんを是正すべく合法且つ合理的な法的基礎づけによつて、更に一層社会一般民衆のため安んじて治療に精進し得るよう、速かに接骨師法案を制定せられることを望む。 右建議する。    ━━━━━━━━━━━━━  長野工業專門学校の大学昇格に関する建議案   長野工業專門学校の大学昇格に関する建議 長野縣は土地高く大氣乾燥して日本のスイスと呼ばれ、これに加えるに縣民極めて勤勉であり、頭脳明せきであるから、精密工業に適し、更に又木材製産縣なるを以て、その豊富な資材は木材加工業に適するばかりでなく、工業の動力源である水力電氣は、すこぶる豊富であるから、將來本縣における工業の発達は期して待つべきものがある。從つて以上の如き諸條件を具備している本縣に、理論と実際とを併せ有する工業大学を設置して、戰後日本の工業を指導することは極めて緊要なことに属する。よつて政府はこの要望に應ずるために、現長野工業專門学校を單科大学に昇格せしめられることを望む。 右建議する。    ━━━━━━━━━━━━━  農業技術員設置費國庫補助増額に関する建議案   農業技術員設置費國庫補助増額に関する建議 系統農業会が、郡市町村に設置している普通農業技術員約二万五千名は、日本農業再建のため、農村における第一線農事指導者として重大任務を担い、晝夜の別なく、農業生産の合理化、食糧の増産、供出に不断の努力を続けている。然るにこの重大任務にある農業技術員の設置者である農業会は、取扱事業分量の激減と、農家の経済的負担力の貧困に基いて、財政的行詰りを來たし、現在赤字経営の已むなき状態に立ち至つており、從つて農業技術員の自主的設置は、極めて容易でない状況にある。よつて政府においては、今後農村が農業協同組合として自主的に経済性が確立するまで、昭和二十二年度においては農業会の農業技術員設置費として、前年度の國庫補助額(一名年額一、一〇〇円、総額三、〇〇〇万円)を増額し、農業技術員二万五千名に対し、設置費一名年額一万五千六百円、この所要経費総額三億九千万円に対し、その半額一億九千五百万円を助成せられ、農業技術指導事業の完ぺきを期せしめられることを要望する。 右建議する。    ━━━━━━━━━━━━━  戰時整備を強制された機織工業の復元に関する建議案   戰時整備を強制された機織工業の復元に関する建議 戰時、戰爭目的完遂に名をかつて、偏ぱに企業整備を強制せられた機織工業を、妥当公正に復元することは、平和來復に伴う國策的纎維工業の補育発展の基礎として絶対不可欠の施策である。よつて政府は速かにこれを復元せしめられることを要望する。 右建議する。    ━━━━━━━━━━━━━  引揚者の金融救済に関する建議案   引揚者の金融救済に関する建議 (一) 庶民金庫貸出生産資金三割新円拂、他は封鎖拂というが如きは実際において役に立たない。官僚根性の貸付業を廃して全部新円拂として貸出し額を更に引き上げるべきである。 (二) 庶民金庫のない地方においては、無盡会社に委託するがために、無盡会社は引揚者の権利である借入金貸出しの場合に、無盡加入を要求し、なお無盡契約書には、掛金は新円拂と印刷してある文字を故意にまつ消せしめる場合さえもある。かく不信行爲を続けることは政府の不注意不誠実より発生する結果と考えられる。政府は公平公正に会社に対して命令すべきである。 (三) 引揚者中の小地主には、その自給自足の生活を開拓せしめるために、小作者から土地を返還させて、このあわれむべき貧困生活に対し、多少なりとも余裕を與えるべきである。 (四) 農地委員の権限内にある農地分配は、特に引揚者に限つて優先権を與うることを、政府から指図することが、應急策として公平なる処置なりと考える。 (五) 家なき、衣料なき引揚者にも、公平なる人類愛を基準として、迅速に救済すべきである。 右建議する。    ━━━━━━━━━━━━━  接骨師の治療資材配給に関する建議案   接骨師の治療資材配給に関する建議 (一) 治療資材の配給がほとんどないため、患者に対する應急処置の不能の場合が多く、ために完全な治療を與え得ない現状は、極めて遺憾である。 (二) 右の結果、已むを得ず高價な資材を購うため、治療費も高くなり、一般患者に無理を與えることは、更に遺憾である。 以上の理由によつて接骨師にもこれが適正配給を行われることを要望する。 右建議する。    ━━━━━━━━━━━━━  繭價引上げに関する建議案   繭價引上げに関する建議 (一) 一般製造品の値上りに釣り合うことなく、繭價は逆轉的低下を持続するは不合理である。 (二) 見返品である繭價の極端な低下は、輸出貿易を貧困ならしめる。 (三) 不合理な安い價格に対する農民の反対は、結果において生産面に損失を招來する。 以上の理由によつて政府は速かにこれが引上げ対策を実現せられることを望む。 右建議する。    ━━━━━━━━━━━━━  宗教家及び教職員の乘車優遇に関する建議案   宗教家及び教職員の乘車優遇に関する建議 (一) 教務のためには、かれらが自由に乘車のできる方策を考えて、汽車及びバスの乘車優先権を與うべきである。 (二) 運輸省は思い切つてかれらに無料切符を交付させることである。この実例は外國にもある。かくしてかれらを激励し、以て天職を自由に発揮させるために、交通の自由を與えることが、かれらをして自から天職を自覚せしめ、自から活動を容易ならしめることとなる。 よつて政府は道義たい廃の現社会に、精神運動をかん起せしめるべく右の処置を講ぜられることを望む。 右建議する。    ━━━━━━━━━━━━━  戰災者の救援促進に関する建議案   戰災者の救援促進に関する建議 (一) 何故に戰災者が渇望する住宅を與えず生活を不安ならしめるか。 (二) 何故に戰災者の失業人を迅速に救済する実力をもたぬか。 政府は速かに戰災者を救済する公約を実現されることを望む。  右建議する。    ━━━━━━━━━━━━━  坂出港復旧促進に関する建議案   坂出港復旧促進に関する建議 政府は、過般の南海震災によつて大損害を被つた香川縣坂出港の復旧対策を速かに講ぜられることを望む。 右建議する。    …………………………………    報告書 一舞鶴海洋氣象台設立に関する建議案(大石ヨシエ君提出)(第一号) 一山陽道改修工事促進に関する建議案(森崎了三君外三名提出)(第二号) 一人口対策確立に関する建議案(林平馬君提出)(第三号) 一青年層対策確立に関する建議案(林平馬君提出)(第四号) 一國民総勤労時制定の建議案(林平馬君提出)(第五号) 一國民学校兒童等の医療施設拡充に関する建議案(本多花子君外一名提出)(第六号) 一舞鶴市元海軍用地返還に関する建議案(大石ヨシエ君提出)(第七号) 一婦人議員の講和会議参加に関する建議案(吉田セイ君提出)(第八号) 一住宅難突破に関する建議案(吉田セイ君提出)(第九号) 一乘物に母子席施設に関する建議案(吉田セイ君提出)(第一〇号) 一主食遅配絶滅に関する建議案(吉田セイ君提出)(第一一号) 一名寄支廳設置に関する建議案(太田鐡太郎君提出)(第一二号) 一薄荷並びに除虫菊の國立試驗場設置に関する建議案(東隆君提出)(第一三号) 一國立農業物理研究所設置に関する建議案(東隆君提出)(第一四号) 一闇の女更生に関する建議案(吉田セイ君提出)(第一五号) 一甘藷飴製造に関する建議案(吉田セイ君提出)(第一六号) 一京都府何鹿郡物部村の理想農村改革試驗地指定に関する建議案(大石ヨシエ君提出)(第一七号) 一講和会議に婦人代表参加に関する建議案(木村チヨ君外八名提出)(第一八号) 一帝國大学の助教授、助手、副手等の待遇改善に関する建議案(庄司一郎君提出)(第一九号) 一洞海湾を第一種重要港湾(國営港)に移管に関する建議案(岡部得三君外二名提出)(第二〇号) 一久慈川改修速進に関する建議案(武藤常介君外一名提出)(第二一号) 一教育会の第二封鎖預金解除に関する建議案(仲子隆君提出)(第二二号) 一省営自動車運轉開設に関する建議案(仲子隆君提出)(第二三号) 一茨城縣西茨城郡大池田村福田地内國有林伐採に関する建議案(菊池豐君提出)(第二四号) 一國道第六号線完全改修に関する建議案(河原田嚴君外二名提出)(第二五号) 一常設自衞会結成に関する建議案(河原田嚴君外二名提出)(第二六号) 一茨城縣下漁港の築港及び改良に関する建議案(河原田嚴君外二名提出)(第二七号) 一常磐線上野、水戸間電化実施に関する建議案(河原田嚴君外二名提出)(第二八号) 一小樽経済專門学校の商科大学昇格に関する建議案(苫米地英俊君外二名提出)(第二九号) 一人丸驛、川尻港間省営自動車開通促進に関する建議案(疋田敏雄君提出)(第三〇号) 一北海道開発に関する建議案(苫米地英俊君外三名提出)(第三一号) 一鉄道添田線全線開通促進に関する建議案(長尾達生君外九名提出)(第三二号) 一國領川ダム築造に関する建議案(林田哲雄君外三名提出)(第三三号) 一櫻井漁港建設に関する建議案(林田哲雄君外三名提出)(第三四号) 一燧灘沿岸干拓事業に関する建議案(林田哲雄君外三名提出)(第三五号) 一新居濱工業專門学校の大学昇格に関する建議案(林田哲雄君外三名提出)(第三六号) 一兒童保護に関する建議案(紅露みつ君外二十四名提出)(第三七号) 一岐阜市立藥学專門学校の大学昇格に関する建議案(武藤嘉一君外二名提出)(第三八号) 一酪農局設置に関する建議案(鈴木周次郎君外二名提出)(第三九号) 一乳肉衞生事務の農林省移管に関する建議案(鈴木周次郎君外二名提出)(第四〇号) 一羽咋町、氷見町間鉄道敷設促進に関する建議案(殿田孝次君外一名提出)(第四一号) 一省営自動車の強化拡充に関する建議案(今井耕君提出)(第四二号) 一地方競馬法改正に関する建議案(堀川恭平君外五名提出)(第四三号) 一臨時資金調整法改正に関する建議案(堀川恭平君外五名提出)(第四四号) 一土木工事五箇年計画実施に関する建議案(大塚甚之助君外二名提出)(第四五号) 一古屋谷、二俣間省営バス運轉延長に関する建議案(殿田孝次君外一名提出)(第四六号) 一畜産振興に関する建議案(小川原政信君外三名提出)(第四七号) 一赤崎種畜牧場を拡張し大山種畜大牧場と爲すに関する建議案(稻田直道君外二名提出)(第四八号) 一石手川ダム建設に関する建議案(安平鹿一君外一名提出)(第四九号) 一映画演劇の興行場入場税の免税点引上並びに税率改正に関する建議案(赤松勇君外二名提出)(第五〇号) 一接骨師法案制定に関する建議案(武藏嘉一君提出)(第五一号) 一長野工業專門学校の大学昇格に関する建議案(小坂善太郎君提出)(第五二号) 一農業技術員設置費國庫補助増額に関する建議案(山下春江君提出)(第五三号) 一戰時整備を強制された機織工業の復元に関する建議案(白木一平君提出)(第五四号) 一引揚者の金融救済に関する建議案(布利秋君提出)(第五五号) 一接骨師の治療資材配給に関する建議案(布利秋君提出)(第五六号) 一繭價引上げに関する建議案(布利秋君提出)(第五七号) 一宗教家及び教職員の乘車優遇に関する建議案(布利秋君提出)(第五八号) 一戰災者の救援促進に関する建議案(布利秋君提出)(第五九号) 一坂出港復旧促進に関する建議案(福田繁芳君提出)(第六〇号) 右各案は本院において可決すべきものと議決した因つてここに報告する。  昭和二十二年三月二十六日     建議委員長 村井 八郎   衆議院議長山崎猛殿