昭和二十二年三月十九日(水曜日)午前十時四十六分開議 出席委員  委員長 大塚甚之助君 理事 岩本信行君 理事 小川原政信君 理事 松浦薫君 理事 森本義夫君 理事 矢尾喜三郎君   天野久君  今井耕君   伊藤幸太郎君  坂東幸太郎君   大谷瑩潤君  清澤俊英君   越原はる君  杉田馨子君   松本七郎君  鈴木憲一君   田中善内君  滝澤脩作君   瀧清麻吉君  竹内歌子君   戸叶里子君  冨田ふさ君   長谷川保君  原國君   平野市太郎君  松本六太郎君三月七日委員小笠原八十美君及び杉本勝次君辭任につき、その補闕として同月八日坂東幸太郎君及び松本七郎君が當選した。三月十九日理事杉本勝次君の補闕として森本義夫君が理事に當選した。 出席政府委員     内閣事務官 島本融君    内務政務次官 林連君     内務事務官 岩澤忠恭君     大藏事務官 今泉兼寛君     司法參與官 吉田安君     文部事務官 岡田孝平君    厚生政務次官 小笠原八十美君     農林事務官 難波理平君     農林事務官 笹山茂太郎君      農林技官 中尾勇君   食糧管理局長官 片柳眞吉君     商工參與官 鈴木仙八君    運輸政務次官 逢澤寛君     遞信參與官 坪川信三君 委員長の許可を得た出席者 議員 伊藤郷一君 議員 内海安吉君 議員 太田鐡太郎君 議員 木村チヨ君 議員 菅又薫君 議員 武田信之助君     内閣事務官 鳥井捨藏君     大藏事務官 賀屋正雄君      大藏技官 勝田雄次郎君     農林事務官 上松憲一君     運輸事務官 石井昭正君―――――――――――――――――――――本日の會議に付した請願 内閣所管  一 罹災地における厩舍、作業場、堆肥舍等を家屋建築制限より除外の請願(鹿島透君紹介)(第一一五號)  二 飮食料金統制撤廢に關する請願(坂東幸太郎君紹介)(第一四二號)  三 消費節約に關する請願(布利秋君紹介)(第一二四號) 内務省所管  四 宮崎、都城間國道中一部變更促進の請願(伊東岩男君紹介)(第九三號)  五 大淀川河口の整理固定工事施行に關する請願(川野芳滿君紹介)(第一〇七號)  六 久慈川改修工事の設計變更促進に關する請願(菅又薫君外一名紹介)(第一二〇號)  七 新北上川に橋梁架設の請願(内海安吉君紹介)(第一四四號)  八 皿貝川改修工事施行の請願(内海安吉君紹介)(第一四六號)  九 泉橋架換えに關する請願(木村チヨ君紹介)(第九八號)  一〇 宇和島、蒋淵間道路改修の請願(布利秋君紹介)(第一二九號)  一一 土地、家屋等の權利金暴利取締に關する請願(布利秋君紹介)(第一二五號)  一二 闇行爲の取締に關する請願(布利秋君紹介)(第一二八號)  一三 行政書土法制定に關する請願(細川八十八君外四名紹介)(第一三〇號)  一四 留萠町に市制施行の請願(坂東幸太郎君紹介)(第一五號)  一五 増毛町別刈に船入澗築設の請願(坂東幸太郎君紹介)(第二二號)  一六 稚内港を開港場に指定の請願(坂東幸太郎紹介)(第二六號)  一七 音更川治水工事施行の請願(森三樹二君外一名紹介)(第二八號)  一八 苫前村力晝に漁港築設の請願(坂東幸太郎君紹介)(第三〇號)  一九 羅臼漁港擴張の請願(伊藤郷一君紹介)(第七三號)  二〇 力晝、土平間道路改修の請願(坂東幸太郎君紹介)(第九七號)  二一 頓別村に漁港築設の請願(武田信之助君紹介)(第一〇四號)  二二 名寄支廳設置の請願(太田鐡太郎君紹介)(第一三四號) 商工省所管  二三 亞炭公廳設置に關する請願(庄司一郎君紹介)(第一二三號) 司法省所管  二四 朝鮮辯護士試驗受驗出願者に受驗資格付與の請願(大石ヨシエ君紹介)(第八三號) 遞信省所管  二五 白山村安養寺に郵便局設置の請願(青木清左ヱ門君紹介)(第七七號)  二六 串良町大園原に郵便局設置の請願(二階堂進君紹介)(第一〇八號) 文部省所管  二七 旭川第二工業學校存置に關する請願(坂東幸太郎君紹介)(第一二一號)  二八 通信教育用用紙特配の請願(坂東幸太郎君紹介)(第一四三號)  二九 暦改訂に關する請願(笹森順造君紹介)(第一三九號) 厚生省所管  三〇 性病豫防と撲滅に關する請願(竹内茂代君紹介)(第一四一號)  三一 アイヌの保護事業に關する請願(坂東幸太郎君外四名紹介)(第八七號)  三二 北海道舊土人保護法中改正に關する請願(坂東幸太郎君外四名紹介)(第八八號) 大藏省所管  三三 外地引揚者に對する生業資金貸出し促進の請願(木村チヨ君紹介)(第一一七號)  三四 闇利得者に對する方策に關する請願(布利秋君紹介)(第一二六號)  三五 宮崎市に煙草工場設置の請願(川野芳滿君紹介)(第一三一號) 農林省所管  三六 新冠御料牧場竝びに日高種畜牧場開放の請願(坂東幸太郎君外四名紹介)(第八九號)  三七 農地調整法中改正その他に關する請願(田中重彌君紹介)(第九一號)  三八 指宿町魚見地區を農地法より除外の請願(二階堂進君紹介)(第一三二號)  三九 北會津郡における國有林拂下げの請願(中野寅吉君紹介)(第九九號)  四〇 木津、加茂兩町所在國有竹林地拂下げに關する請願(木村チヨ君紹介)(第八五號)  四一 外地引揚者の自家製木炭搬出認可の通牒徹底に關する請願(木村チヨ君紹介)(第一一六號)  四二 赤崎林地國營開墾中止の請願(中野寅吉君紹介)(第八四號)  四三 鍋田、飛島兩村地先の干拓工事施行に關する請願(神戸眞君外一名紹介)(第一〇五號)  四四 アイヌ厚生施設資金充當のため競馬開催許可等に關する請願(坂東幸太郎君外四名紹介)(第八六號)  四五 米ノ浦漁港船溜災害復舊竝びに第二次工事施行の請願(青木清左ヱ門君紹介)(第七六號)  四六 北海道産玉蜀黍を藥用に増配の請願(坂東幸太郎君紹介)(第九〇號) 運輸省所管  四七 觀光地の調査指定に關する請願(布利秋君紹介)(第一二七號)  四八 山川、西之表間省營連絡船の開航竝びに西之表、島間間省營バス運輸開始の請願(上林山榮吉君外一名紹介)(第八二號)  四九 名寄、上名寄兩驛間に停車場設置の請願(太田鐡太郎君紹介)(第一三六號)  五〇 釧路、北見相生間鐵道敷設竝びに鶴居村に停車場設置の請願(伊藤郷一君紹介)(第七五號)  五一 白山、新發田間鐵道速成の請願(井伊誠一君紹介)(第九二號)  五二 多古線復活の請願(寺島隆太郎君外二名紹介)(第一〇二號)  五三 二俣、佐久間間鐵道速成の請願(竹山祐太郎君紹介)(第一一〇號)  五四 伊東、下田間鐵道速成の請願(小池政恩君紹介)(第一一九號)  五五 石卷線を雄勝まで延長促進に關する請願(庄司一郎君紹介)(第一二二號)  五六 舊鶴見臨港鐵道外三鐵道拂下げに關する請願(三浦寅之助君外一名紹介)(第一四〇號)  五七 標津、羅臼間省營バス竝びにトラツク運輸開始の請願(伊藤郷一君紹介)(第七四號)  五八 日ノ影、高森間省營バス運輸開始の請願(伊東岩男君紹介)(第九四號)  五九 北見を中心とする三路線に省營バス竝びにトラツク運輸開始の請願(飯田義茂君紹介)(第一〇〇號)  六〇 兵庫縣下における連合軍拂下げ自動車による省營トラツク運營中止その他に關する請願(森崎了三君紹介)(第一一八號)  六一 標茶、計根別間省營バス運輸開始の請願(森三樹二君紹介)(第一〇三號)  六二 省營バス加治木線牟多田停留場を驛に擴張の請願(原國君紹介)(第一〇九號)  六三 長崎、茂木間省營バス竝びにトラツク運輸開始の請願(本田英作君紹介)(第一三八號)  六四 石卷、雄勝間省營バス運輸開始の請願(内海安吉君紹介)(第一四五號)  六五 名寄町に測候所設置の請願(太田鐡太郎君紹介)(第一三五號)既に審査を終つた請願と同一趣旨の請願であつて前請願と同一の議決をしたものと認めたもの連合軍の拂下げ自動車による省營トラツク運營制限に關する請願(森崎了三君紹介)(第一〇一號)自給製鹽業者助成に關する請願(中野寅吉君紹介)(第一〇六號)豐富、沼川間鐵道敷設の請願(太田鐡太郎君紹介)(第一三七號)―――――――――――――――――――――○大塚委員長 これより會議を開きます。審査に入るに先だちましてお諮りいたしたいことがございます。請願委員の杉本勝次君が三月七日理事を辭任されましたので、その補缺選擧を行うのでありますが、先例によりまして、委員長に指名を御一任願いたいと思うのであります。御異議がなければ指名いたします。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕○大塚委員長 御異議がないものと認めまして、森本義夫君を理事に指名いたします。 次に自給製鹽業者助成に關する請願、文書表第一〇六號、連合軍の拂下げ自動車による省營トラツク運營制限に關する請願、文書表第一〇一號、豐富、沼川間鐵道敷設の請願、文書表第一三七號の三件は、既に審議を終えましたものと同一趣旨の請願でありますから、前同樣の議決をいたしましたものと認め、直ちに院議に報告いたしたいと思いまするが、御異議はありませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕○大塚委員長 御異議がなければ、さように取計らいます。 次に内閣所管、日程第一、罹災地における厩舍、作業場、堆肥舍等を家屋建築制限より除外の請願、文書表第一一五號、紹介議員鹿島透君。○坂東委員 代つて紹介いたします。本請願の趣旨は、宮崎縣地方は昭和二十年八、九月の二囘にわたり暴風雨の被害を受け、農家の大半は倒壞して、その復舊は遲々として進まない、殊に厩、作業場、堆肥舍等はそのままになつている現状である。しかるに今囘住宅以外の建築は不可能となるような制限が發せられた。かかることは、時局下最重要なる食糧の生産を阻害することはなはだしい。ついては、罹災地におけるこれら建築物の復舊については速やかにその制限より除外し、かつ木材、釘等の資材を優先的に配給せられたいというのであります。政府の御所見をお伺いいたします。○鳥井説明員 それでは御説明申し上げます。本件につきましては、先般建築等の制限の規則が發せられまして、相當不急建築物についてはこれを抑制するの措置をいたしております。從いましてここにありますような、厩、作業場、堆肥舍等のような農家の緊急やむを得ないものにつきましては、これは特段の考慮を拂うことにいたしておるのでありまして、住宅以外の建築は不可能であるというようなことはないのであります。 次に資材の優先配給の點でありますが、これは先般重要生産資材の切符制が實施されまして、その結果建築用資材は建築の許可に伴つてこれを割當てる、こういうことになつたのであります。從いましてこれらの建物が許可されまするならば、この資材は當然配給になるということになつております。ただ現在の取扱いについて多少御説明を申し上げたいと思います。今年度の第四四半期の資材の状況は非常に窮屈でありまして、その結果相當各種の建築物は抑制するのやむを得ない状況にあります。しかしながら、これは資材の生産とにらみ合わせまして、この許可の標準というものはおいおい改善されるはずのものであります。ここにあがつておりますような厩舍、作業場、堆肥舍、このようなものにつきましては、その實情に應じて適當な坪數なり、構造なりを勘案いたしまして、許可については特別の考慮をはかりたい、こういうふうに考えております。○坂東委員 厩舍、作業場、堆肥舍、これは別に新築ではないのですが、これを復舊する場合に資材が要る場合には、建築の許可ということでないから、資材が渡らないことになりますが、それはどういうことになりますか。○鳥井説明員 この復舊ということも、修理ということになると思うのでありまして、あるいは壞れたものを増築するということになると思うのでありまして、それには建築の許可ということが當然必要になつてまいります。○坂東委員 採擇をお願いいたします。○大塚委員長 ただいまの議案に對しましては、坂東君より採擇の動議が出ておりますが、さよう決定して御異議はございませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕○大塚委員長 御異議がないものと認めまして、採擇に決します。    ━━━━━━━━━━━━━○大塚委員長 次に日程第二は説明者がおりませんから後囘しにして、第三に移ります。    ━━━━━━━━━━━━━○大塚委員長 日程第三、消費節約に關する請願、文書表第一二四號、紹介議員布利秋君。○坂東委員 代つて紹介の許可を願います。本請願の趣旨は、わが國現在のインフレ克服の途は、國民の一人々々が各自の消費を節約する以外にない、政府は國民の不用意な購買を抑制して、買おうとしても買えないような方策を樹立せられたいというのでありますが、政府の御所見をお伺いいたします。○島本政府委員 御答え申し上げます。御請願の趣旨は政府といたしましては全然異議のない點であります。御承知のように、二月の末に極東委員會におきましても、日本の消費節約について重大な發言をいたしております。御承知でありましようが、繰返して申しますと、纖維、金物、陶器、ゴム製品、電氣器具、そういうものについては、日本では十分の節約をしてもらわなければ困る。さらに若干の物資については生産の増加をして、そして日本の占領によつて壓迫を受けた國々の需要にこたえるようにしてもらいたい、そういうことを申しております。そればかりでなくて、いろいろな國の實情を見てみましても、たとえばイギリスのような國におきましても、戰爭には勝つておるのでありますけれども、衣料の點なんかにおきましては、最近消費物資につきましても、指定物資の統制をやるということにいたしておりますが、ただその點について考えられますることは、いくら政府がそういうような命令、法規を出しましても、そういう氣持に國民全體がならないという場合には、非常な困難があるわけでありまして、希望せらるることは、消費節約、または特に戰爭後ほかの困窮している方面に比べて、比較的消費の殖えているというような部分があるかと思ひますが、そういう方面の消費者の繰述べという機運、あるいは運動が起ることが非常に希望せらるるのであります。簡單に申し上げます。○坂東委員 その趣旨に從つて政府は現在どういう手を打つておられますか。○島本政府委員 政府としては買おうとしても買えない方策という手は打つておりまして、消費節約をしなければならないという面からは法律を出したりいたしておりますが、格別の運動を政府の方から起すというようなことはありませんけれども、いま民間の運動として起つておりまするいわゆる貯蓄奬勵というのはその半面であると存じます。○坂東委員 採擇を希望いたします。○大塚委員長 ただいまの問題につきましては坂東君より採擇の動議が出ておりますが、さよう決して御異議はございませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕○大塚委員長 御異議ないものと認めまして、採擇に決定いたします。    ━━━━━━━━━━━━━○大塚委員長 次は内務省所管、日程第四、宮崎、都城間國道中一部變更促進の請願、文書表第九三號、紹介議員伊東岩男君。○坂東委員 代つて紹介申し上げます。本請願の趣旨は、宮崎市より高岡、高城兩町を經て都城市に通ずる現國道中、その一部である東諸縣郡高岡町大字内山字去川上流より、北諸縣郡高城町大字四家字蓑野に至る間を、東諸縣郡去川、北諸縣郡本八重同郡雀ヶ野を經て蓑野に至るように、約七粁の國道の變更方を請願するもので、その理由は、現國道では民衆の福利増進に寄與するところ少いが、右變更によれば、その受ける經濟的、社會的、文化的實益は至つて大なるものがある、それで第九十議會においては、本請願委員會において採擇になつたのであるが、豫算の關係上、著工に至らないことはまことに遺憾である。ついては、右區間の變更を速やかに實現せられたいというのでありますが、政府の御所見をお伺いいたします。○岩澤政府委員 御請願の三號國道中の、今お述べになりました區間は未改良に屬しておりまして、最も路線が惡いのであります。しかしながら將來改良するということに大體きまつておりますけれども、その場合においては今御請願の路線を大體通る豫定にはなつておりますが、今直ちに改良するということは、國の財政その他の状況によりまして、急速に實現することはほとんど不可能ではありますけれども、できる限り速やかにこの御希望に副いたいと考えております。○坂東委員 採擇を希望いたします。○大塚委員長 ただいま議題になつておりまする問題につきましては、坂東委員より採擇の希望があります。さよう決定いたしまして御異議はありませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕○大塚委員長 御異議ないものと認めまして採擇に決定いたします。    ━━━━━━━━━━━━━○大塚委員長 次は日程第五、大淀川河口の整理固定工事施行に關する請願、文書表第一〇七號、紹介議員川野芳滿君。○坂東委員 代つて紹介申し上げます。本請願の趣旨は、宮崎縣下大淀川改修工事は昭和二十一年度工事として既に著工、これが竣工の曉はほぼ完成に近いといつても差支えない。ただ大淀川改修として最も肝腎な河口の整理がそのまま放置されておりますることはまことに遺憾であります。沿岸漂砂のために閉塞されやすく、ある時代には北流すること三・五キロ、またある時代には南流すること一・五キロに及び、河口の正常位置を中心として南北約五十キロの區間に變動し、大洪水の因をなし、下流治水の拔本的改修もこれが固定しなければその實現を期することができない。さらにこれが完成すれば治水上の效果はもとより、河口の航路が一定されるので、市民待望の宮崎港實現の可能性も生ずるわけである。ついては政府は速やかに宮崎地方の開發と發展のため、本河口の整理固定工事を實行せられたいというのであります。政府の御所見を伺います。○岩澤政府委員 大淀川の河口は今お述べになりました通りに、漂砂によつて常に河口が移動をしているような状態であります。從いまして、この大淀川の改修をするのにあたりましては、この漂砂の河口閉塞を防禦する意味において、導流堤をつくる計畫に相なつているのでありますけれども、ただいま國の財政の都合竝びに資材の關係上著手にはなつておりませんけれども、大體上流部の改修も今年度の追加豫算によつて大見當の改修はできましたから、できうる限り速やかにこの導流堤に着手したい、こういうように考えております。○坂東委員 採擇を希望いたします。○大塚委員長 ただいまの議題に對しまして、坂東君より採擇の動議が出ております。さよう決定して御異議はございませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕○大塚委員長 御異議がないものと認めまして、採擇に決定いたします。    ━━━━━━━━━━━━━○大塚委員長 次は日程第六、久慈川改修工事の設計變更促進に關する請願、文書表第一二〇號、紹介議員菅又薫君。○菅又薫君 趣旨を辯明いたします。久慈川改修工事中、中段左岸なる郡戸村小島地先の再測量に關する請願は、第九十囘帝國議會にて衆議院の院議決定し、諸般成規の手續完了したるところ、いまだ實行せられざるは遺憾なり。よつて院議を尊重してこの際速やかに右再測量を實現せられたし。    理 由一、第九十囘帝國議會衆議院は久慈川改修工事に關する二個の請願を採擇せり。一は長期戰爭中停頓したる該改修工事を全面的に復興進捗せしめられたしというにあり。他は右工事中中段左岸なる郡戸村小島地先の一小地點に限り、現設計に些細の變更を加うるため、再測量をせられたしというにあり。後者は昨二十一年七月十二日委員會採擇、追つて本會議可決、さらに政府進達、官報公告等成規の手續を了せり。一、後者採擇の要旨は左のごとし。 イ、現設計は河身のはなはだしく左岸に偏傾するをそのままとし、これを中央にして左岸右方に新堤防線を引きたるところに不公正あり。これがため小島地先において既墾の麥隴桑園蠶食せられて、河中に呑まるるもの二十數町歩に及ぶ。 ロ、右は食糧竝びに蠶糸の重要性が今日のごとく最高度に達することを夢想だもせざりし、舊時代構想の遺物にして國策に悖ることおびただし。 ハ、右犧牲地域にのみ主たる農耕地を有する二十數名の耕作者中には戰死者遺族あり。復員軍人その他あり。他に適當なる換地なく、また救濟の途まつたく立たず。從つて現設計のまま改修工事を進行せしむるにおいては、新憲法による基本的人權の保障もまつたく死語空文に化さん。 ここに再測量を要する郡戸村小島地先は、改修工事の發端たる辰ノ口堰のごとき分流出發の地にあらず。また直線を旨とする放水路の中央にあらず。從つて少しばかりの左右移動は全體の改修工事に何ら妨げあるべくも見えず。 二、しかるに爾來半歳當局は毫もこれらの事情と院議決定とを顧慮するところなし。 イ、内務大臣は昨二十一年八月二十二日舊設計通りの改修工事事業認定の公告をなし、 ロ、友末茨城縣知事は同年十月十六日改修工事用地の收用を縣報にて公告し、 ハ、内務省關東土木出張所長加藤伴平は、同年十月二十八日附にて土地立入通知書、十二月二十九日土地買收協議書を關係者等に發給し、土地調書作成竝びに土地買收のためと稱して立會を強要しつつあり。 ニ、出先の太田土木出張所員は、議會の請願採擇は單なる參考に止まりて、價値あるものにあらずと豪語しつつあり。かくのごとき中央地方官廳の院議無視は、議會中心主義を根幹とする新憲法に對する叛逆にあらずや。 三、出先官憲の横暴に至りては言語道斷概ね左のごとし。 イ、昨二十一年夏期以來小島地先唯一の農道たる現在の堤防上に、工事用屋舍を建設し、もつて里人の往來と車馬の通行とを遮斷すると同時に、現にだいこん、だいずその他諸種の作付ある收用未濟の請願者畑地に、しやにむに數町に及ぶ工事用小軌條を敷設して氣勢を張りつつあり。 ロ、昨二十一年十二月三日以降未だ收用にも著手せざる請願者等の農耕地に對して、右太田出張所工事係員等は連續的に作付のまま、これを掘り返へし、且つ盛り上げて、地形を變更すること既に數段歩に及ぶ。 ハ、犧牲地域内に一稻荷神社あり、先に境内の森林を伐採したるが、一部のすぎ及びかしの大木は、工事資材に必要と稱し、他方に轉賣せる風説さえ行はる。 旁旁もつて出先官憲は事ごとに地方人民の純情を傷け、戰爭中軍部にまさる横暴ぶりにその眉をひそめしめつつあり。 これこの再請願をするゆえんなり。請願人は茨城縣久慈郡郡戸村小島十六番地、農業鴨志田與七ほか十五名でございます。政府の御説明を伺います。○岩澤政府委員 河川改修計畫は、治水根本の計畫に則りまして、公共の利益竝びに國土保全の見地から有效適切な設計計畫を立てるのでありまして、そのために多少一部の犧牲が出ることはやむを得ないと考えておるのであります。今御請願の地點は、この久慈川の改修區間中、最も肝要な箇所でありまして、できる限り公共の犧牲を最小限度に止めるように苦心はいたしたのであります。しかしながら久慈川全體の改修の效果と、それから大部分の耕地移轉を助ける意味においてできる限り今の請願の地點も、そういう趣旨に則つて、最小限度には止めておりましたのでありますけれども、さきの九十議會において、この點について御請願がありまして、内務省といたしましては、再三再四その現地において十分御希望に副うように檢討をいたしたのであります。けれども全體の河川改修の見地から見まして、やはりこの計畫通りに遂行しなければならないということに相なつたのであります。しかしながら先ほど申し上げました通りに、できる限り犧牲を最小限度に止めるように十分留意して、既定の方針で進みたい。こういうように考えております。 なお現地の係員についていろいろお話がありましたけれども、これは十分調査いたしまして、もしそういうようなことがありますれば、十分われわれとしても戒飭したいと考えております。○坂東委員 ちよつと政府にお伺いしますが、もう最後まできたので、さらに調査するという餘地はないのですか。○岩澤政府委員 この問題は永年の問題でありまして、これはできるだけ地元の要望に副うように考えておつたのでありますけれども、治水上から見まして、どうしても郡戸村あるいは小島地先の御希望に全體的に副うようにはできないようなことに相成りましたから、それでできるだけ犧牲を少くするようにして、計畫を多少かえまして、そうして土地收用にかけて計畫を進めておるのです。というのはだんだん上流の方を改修いたしまして、下流の方が詰まつておれば、結局改修の效果というものが半減する、あるいはほとんど效果がないというようなことに相なりますから、できるだけ急速に河口の方の改修を促進すれば、久慈川全體の流域の效果が非常に發揮されるために、今十分促進をしたい。こういう意味において強行手段と言いますか、促進という意味において、こういうような状態に相なつておるのであります。○坂東委員 本件は政府に參考送付としたいと思います。○大塚委員長 ただいま坂東君より政府に對して參考送付の意見があります。さよう決定いたしまして御異議ありませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕○大塚委員長 それではさよう決定いたします。    ━━━━━━━━━━━━━○大塚委員長 次は日程第七、新北上川に橋梁架設の請願、文書表第一四四號、紹介議員内海安吉君。○内海安吉君 新北上川の大川村より橋浦村に通じまする架橋問題につきましては、數十年來の懸案といたしまして、今日まで宮城縣廳はもとより、内務省方面におきましても十分に御研究をくだすつておる問題なのであります。宮城縣の新北上川の下流約二十キロの間には一つの橋梁もありませんで、わずかに渡船場が二箇所あるのみでありまして、交通、通信上の不便はもとより、地方産業の開發に影響するところきわめて大なるものがあります。殊に夜間竝びに風浪の場合、冬期結氷、出水等の際は、交通まつたく杜絶するというような現状でありまして、附近の住民の窮状はほとんど私の説明しがたいような窮状にあるのであります。最近進駐軍當局の要望もありますし、また三陸沿岸の自動車道路の開發、竝に懸道志津川雄勝線の改修のごときは、新北上川のこの橋の竣工によりまして、初めて縣道として、あるいは三陸沿岸の自動車道路として、さらに進駐軍當局の要望に對してこたえることができるという現状にあるのであります。對岸隣接町村は、農林漁業の勞働者を供給することを初めとして、いろいろな資材を供給しておるのでありまして、この際ぜひ御贊成を得まして、この架橋問題を速やかに御解決あらんことを要求する次第でありますが政府御當局、特に國土局長お見えのようでありますから、この問題に對しましての御意見を承りたいのでございます。○岩澤政府委員 御請願の趣旨はわれわれとしても十分納得でき、また地方の交通の御不便であるということは重々お察し申し上げておるのであります。この北上川の改修によりまして、今お述べになりましたように、二十キロの間はほとんど兩岸の交通ができない。路線としては府縣道に認定をしておつて、その間に橋梁がないために交通上非常に不便を感じておるというような状態でありまして、私どもといたしましては交通を完備する上において、この二十キロの間に少くとも二箇所、あるいは三箇所くらいの架橋をすべきであるという意味において、從來から縣當局にこの架橋については要望をしておつたのでありますけれども、縣の豫算の關係上、あるいはまた現在におきましては、資材の方面から非常に拘束せられるので、今日まで實現はしていないような状態であります。しかしこの兩岸の連絡、竝びに三陸方面の地方開發の意味から言つても、政府といたしましては、近い將來にこの架橋を完成したいというように考えております。○坂東委員 指定府縣道に橋梁がないということは非常に府縣道の性質に反すると思いますが、そういう場合には、政府は縣に對して強硬に命じて、縣營でやつて、政府が補助するという具合にやるべきではないですか。○岩澤政府委員 その場合には大體橋があるのが當然でありますけれども、この北上川とかあるいはその他これに類するような大きい河川に對して、豫算の關係、あるいは資材の關係上、直ちに橋をかけることができませんから、そういつたような場合においては、まず渡船をもつてこれにかえておりまして、その渡船も縣營渡船で無賃にしておるのが現状であります。でありますからそういつたものはだんだん交通が頻繁になれば、また地方の要望があれば、順次渡船を廢しまして、架橋に移るというような順序になつておるのです。○坂東委員 本請願は實現を要望いたしまして採擇を希望いたします。○大塚委員長 ただいま坂東君より御意見もありましたが、同問題は非常に地元が急速を要するようでありますから、政府においてはなるべく早く實現するように御配慮願いたいということを希望しておきます。採擇に御異議ありませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕○大塚委員長 採擇と決定いたします。    ━━━━━━━━━━━━━○大塚委員長 次は日程第八、皿貝川改修工事施行の請願、文書表第一四六號、紹介議員内海安吉君。○内海安吉君 皿貝川の改修問題につきましては、二十年來地方住民より陳情または請願の方法によつて、縣はもとより、内務省御當局に對しましても、しばしば御陳情を申し上げておるような次第であります。このたび飯野川町長始め、四十六名の地方住民ほとんど全體の名譽職代表を網羅いたしまして、この川の改修をはかつてもらいたいと申すのであります。この皿貝川は宮城縣桃生郡飯野川町、橋浦村、本吉郡十三濱村にわたり、本流は、大正年間に内務省において、北上川改修工事を施行した際に、附帶事業として改修されましたが、その後年とともに土砂の流下埋沒して、河床は著しく隆起し、ために出水のつど堤防は決潰し、あるいは道路は破壞され、耕地はほとんど全滅というような状態におかれておるのであります。昭和十九年の水害状況などをみますと、飯野川町外二箇町村を通じて、氾濫被害の面積は一千數百町歩に及び、さらに浸水家屋は一千餘戸、道路の浸水三十餘キロというごとき、實に悲慘なる被害の状態を呈しておるのであります。これを農作物にみまするに、一年一萬餘石にわたる米作がほとんどこの水のために流されておるような現状なのであります。この際この食糧増産の線に沿いまして、一日も早くこの皿貝川の改修をおはかり願いまして、そして熟田の上にさらに熟田を加えることができまするならば、少くとも現在の被害一萬石が、あるいは三萬石の増産を期することもできようではないかという推算をみておるのであります。この際ぜひとも本請願を御採擇あらんことをお願い申したいと思います。さらに御當局の御意見を承わりたいと思います。○岩澤政府委員 皿貝川につきましては、今お話になりました通りに、北上川改修に伴う附帶工事として皿貝川の下流部を改修いたしたのでありますけれども、上流部における林相がだんだん惡くなりまして、從つて土砂の流出が非常に多く相なりまして、年々歳々降雨のために非常な洪水をきたして、附近の美田を荒廢に歸しておるというような状況でありますから、内務省といたしましても、この皿貝川をできるだけ早く本格的な改修をしたいという意味において、中小河川の補助工事に採擇をいたしまして、實はこの二十二年度から補助金を與えて本格的にやるという氣持でありましたけれども、何しろ國庫財政が非常に窮屈になつたために、ついに實現はできなかつたのでありますが、實際川の状況から見まして、この川は急速に改修をするという必要から、少くとも二十三年度以降において實現をしたい。こういうように考えております。○坂東委員 採擇を希望いたします。○大塚委員長 採擇に御異議はありませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕○大塚委員長 採擇に決します。    ━━━━━━━━━━━━━○大塚委員長 次は日程第九、泉橋架換えに關する請願、文書表第九八號、紹介議員木村チヨ君。○木村チヨ君 この泉橋かけ換えにつきましては、昨年の八月二十二日に改築の請願を出したのでございます。さいわい政府は採擇して現在改築中であるのであります。ところが進駐軍の要請によりまして――この泉橋は京都、奈良を通ずる國道でありまして、現在は觀光道路と言つてもよろしいところであります。そして京都府に進駐する人、それから奈良懸に進駐する人たちのジープやハイヤー、バスなどが頻繁に往來するところであります。それで私はせつかく政府の豫算のことも考えて、かけかえよりか改築の方をお願いしたところが、ちようど十二月の十日ごろから改築にかかつていただき、現在改築中でございます。そこで兩進駐軍の要請もありまして、ぜひこれは根本的にかけ換えなければいけないというお話がございます。それに毎年工事に五十萬圓、百萬圓とかけておりますることは經濟上にも非常に不利益なところもありまするので、國家は百年の計を立てて、根本的にこの橋をかけかえていただきたいということを請願いたします。それから現在この橋の修築工事は著々として進行しておるのでありますが、片一方を直し、片一方は降りて歩くにしましても交通上相當な時間がかかるのでありまして、一人々々が自轉車をかついでいくというようなことになりますので、一般國民が非常に困つておるのでございます。毎年のことで莫大な經費を要することになるのでございますから、この際大計を考えて根本的にかけかえることが經濟的であると信ずるのでございます。ついては速やかに泉橋のかけかえ工事を施行せられたいと思います。政府のお考えを承りたいと存じます。○岩澤政府委員 この請願の趣旨の通りに、この泉橋は京都と奈良を繋ぐ國道にありまして、木津川にかかつている橋でありますが、これは相當古い時代にかけたので、現在の交通には非常に頼りないという状態であります。そういうような關係上國といたしましては、現在この重要國道の改修を國直營でやつておりまして、大東亞戰爭前までに大體泉橋の前後までは改修をいたしておつたのでありますが、泉橋を今新設架橋するという段階に達しましたときに大戰爭に逢着いたしまして、ついに實現できなかつたような状態であります。現在これを新設架橋するということはわれわれとしても非常に望ましいのでありますけれども、何しろ資材のためにこれを實現することがほとんど不可能な状態でありますために、現在におきましては今お述べになりましたように、年々百五十萬圓の金を使つて一應は交通を杜絶しないように盡力いたしておるような状態でございますが、將來資材の人手が可能なる時代においては、速やかに新設架橋をいたしたいと思います。なお來年度におきましては、根本的にこれを補強する意味において、四百萬圓ばかりの金を費して、もつと丈夫にいたしたいと考えております。○坂東委員 採擇を希望いたします。○大塚委員長 採擇に御異議はありませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり」〕○大塚委員長 採擇に決します。    ━━━━━━━━━━━━━○大塚委員長 次は日程第一〇、宇和島、蒋淵間道路改修の請願、文書表第一二九號、紹介議員布利秋君、○坂東委員 代つて紹介いたします。本請願の趣旨は愛媛縣宇和島、蒋淵間の道路は、中間的には開通しているが、開通箇所が斷片的であるため、道路利用上の效果があがらず、不便極まりない。ついては右道路の完成は關係各村民の要望であり、また失業救濟と産業復興の見地からも速やかに完成せられたいというのであります。政府の御所見を伺いたいと思います。○岩澤政府委員 御請願の道路は、宇和島、蒋淵間の海岸道路でありまして、今日まで縣が國の補助または單獨において、點々危險な箇所から改修を進めておるのでございますが、なお相當未改修區間が殘つておるのでありまして、この區間が貫通すれば、水産なりあるいは南方の森林、その他の生産物が宇和島方面に搬入せられ、非常な效果的な道路であることは、われわれも認めておりますけれども、縣財政竝びに國の財政上、直ちにこの全線を改修するということはほとんど不可能でありますけれども、逐次これを改修いたしまして、目的に副いたいと考えております。○坂東委員 採擇を希望いたします。○大塚委員長 採擇に御異議ありませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕○大塚委員長 さよう決定いたします。    ━━━━━━━━━━━━━○大塚委員長 次は日程第一一、土地、家屋等の權利金暴利取締に關する請願、文書表第一二五號、紹介議員布利秋君。○坂東委員 代つて紹介いたします。本請願の趣旨は、土地、家屋またはアパートの部屋を借り受ける場合、不法きわまる高權利金を出さなければならないという現状に對して、政府は何の取締りも指導もしないで、傍觀の状態にあることは眞に遺憾である、ついては、この暴利の取締に努力せられたいというのであります。政府の御所見をお伺いいたします。○林(連)政府委員 土地、家屋等の賃貸料、すなわち地代家賃については、國民大衆生活に影響するところがきわめて大でありますのに鑑みまして、警察としましては、權利金その他何らの名義をもつてするを問わず、事實上著しく正規の地代家賃の額を超えてこれをとる惡質な者に對しては、斷固取締る方針で臨んでおります。現在この方針によりまして重點的な取締りを實施中であります。しかしながら現在の地代、家賃は戰時中、昭和十三年八月四日の額をもつて釘づけせられたのが、引續き終戰後の現在においてもそのままになつておりまして、値上げは禁止せられておる實情にあるのであります。特に家賃、間代については、現下の物價水準に照しまして、公正でないと認めらるるものが少くないのでありますから、これらにつきましては、寛嚴よろしきを制した取締の要があると考えられるのであります。しかし物價當局におきまして、これらの公正でない家賃、間代については幾分値上修正をする措置を考究中でありますから、この實施と相まつて、さらにその取締りを全面的に強化徹底せしめたいと存じておる次第であります。○坂東委員 土地の權利金のことですが、私の聞くところによりますと、銀座等の一番いい所は一坪が二萬圓くらいします。日本橋は權利金だけが一萬圓くらいします。政府はこれを知つておるでしようか、これを放つておいていいでしようか。○林(連)政府委員 實際問題について政府の聞き及んでいないところもあると思いますが、私ども在野時代におきまして、あまりにも厖大な權利金であるということは耳にしております。現實に即したことはありませんが、今後におきましては當局としては、あまりに高いものは暴利取締令等もありましようし、またその他の法令にも牴觸するかどが少くないと思うのでありますから、よく注意を拂いまして、嚴重なる取締りをしていきたいと考えておる次第であります。○坂東委員 この請願の趣旨が徹底するように強く要望いたしまして、採擇を希望いたします。○大塚委員長 採擇に御異議ございませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり」〕○大塚委員長 採擇に決定いたします。    ━━━━━━━━━━━━━○大塚委員長 次は先ほど保留しておりました第二に戻つて、これを議題に供します。日程第二、飮食料金統制撤廢に關する請願、文書表第一四二號、紹介議員坂東幸太郎君。○坂東委員 本請願の趣旨は、飮食料金を統制しても、業務用物資の公定價格による配給のない限り、マル公物資のみをもつて營業のできる店のあるはずがない。從つてこの統制を逆用する惡徳業者すらあるのであるから、むしろ飮食料金の統制を撤廢して、自由競爭に任せて、正直な營業者を勝利に導くようにしていただきたいというのでありますが、政府の御意見をお伺いいたします。○島本政府委員 今のこういういろいろな統制の現状がうまくいつていないということは、私どももよく承知をいたしております。それからこういう種類の統制をできるだけ簡易にしなければならないということも考えているわけでございますが、御承知のように、主食の配給、副食物の配給も十分にまいらない現状でありまして、御請願の中にございまするように、業務用物資の公定價格による配給の少いのが現状で、むしろそういうところはしめるといたしましても、家庭の配給は殖やしたいというのが現状でございますから、御請願にありますように、たまたま惡徳業者がございまして、何かうまいことをする。特に本邦人とそれ以外との關係におきまして、不公平が起るというような事實がございましても、政府といたしましては、御承知のように不足いたしておりまする物資については、統制を嚴重にやれという連合軍の指令第三號というのがございまして、御請願の趣旨は十分忖度いたすのでありますが、物價廳といたしましては、飮食料金の税制をただいまはずすという見解をもつておらないのであります。○冨田委員 ちよつとお尋ねしたいのでございますが、統制が出ますたびに、物價が高くなつてまいつて、家庭では大變困るのでございます。牛肉など統制が強化されたりいたしますと、もう百圓以上になつております。どうか統制を撤廢していただきたいということを、家庭の主婦としては祈つておりますが、政府の御所見を伺いたいと思います。○島本政府委員 この點につきましては、吉田總理大臣から統制の範圍について檢討するということについて御聲明がございまして、政府部内におきましても、これは申し上げてもいいのだと思いますが、各黨の特に關心をもつておられる方々と連絡をいたしまして、研究中でございます。しかしながらただいまのところでは、さて何をはずすか、やめるかという具體的の問題になつてまいりますと、今申しましたように、いろいろな困難があつて、今日もどこかの新聞にも書いてありましたが、政府は十分食わせもしないで、主食や野菜を十分臺所に送らないで、統制するのはおこがましいというのであります。まことにその通りであると存ずるのでありますが、ただいま十分お臺所に食物を差上げることのできないのは、統制がうまくいつていないからであつて、これを撤廢いたしましても、はたして現状よりも餘計にお臺所にそういうものを差上げることができるかどうか。むしろ統制が惡いからうまくまいらないので、これをよくするということに、力がどれだけあるかとお尋ねいただくと、はなはだ恐縮なんですが、そういう方向にいくより方法はないのではないかと今のところ考えておるのであります。○冨田委員 統制をはずした方が、業者は確かに出せる、こういうのであります。どうぞその邊を御賢察いただきまして、一日も早く家庭に物資がまわりますように、これは主婦としてほんとうに涙ぐましい叫びでございます。どうぞひとつ進駐軍の方へも皆の心持をおつしやつていただきたいと思います。○島本政府委員 ただいま申し上げましたように、政府で現在研究をいたしております要點は、お臺所に十分品物がまいる。そういうことにあると存じますから、そういう趣旨で調査研究を進めていきたいと存じます。○坂東委員 統制撤廢の問題は大きな政治問題でありますから、ここで事務的の問答をしてもしようがない。この請願もやはり統制撤廢の大政治問題の一環に過ぎないのでありまして、その趣旨で十分政府に研究を願うという意味で採擇を願います。○大塚委員長 ただいま冨田さん、坂東さんの御意見がありました通り、この問題は既に國民の輿論であります。この上におきましてはもう實行というより方法がないのでありまして、ただ研究で時日を遷延する間に物價はどんどん上つていく情勢であります。十分政府は實情を調べて適當なる措置を至急講ぜられんことを願います。この請願は採擇に御異議ありませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕○大塚委員長 採擇に決します。    ━━━━━━━━━━━━━○大塚委員長 今度は日程第一二、闇行爲の取締に關する請願、文書表第一二八號、紹介議員布利秋君。○坂東委員 代つて紹介いたします。本請願の趣旨はやみの追放は、政府の實力ではとうてい不可能なことであるのか、國民としてまことに疑いなきを得ない。ついては、政府はあらゆる手段を講じて、速やかに國民生活の安定をはかられたいというのであります。政府の御所見をお伺いいたします。○林(連)政府委員 この請願の御趣旨は、恐らく大藏當局に關する方が多いと思いまするが、内務省といたしましての考え方を、私より申し上げておきます。終戰後特に國民精神の弛緩に基く經濟道義の頽廢、諸經濟事情の不安定、その他食糧はじめ國民生活必需物資の不足等によりまして、經濟事犯は漸次普遍化の傾向にありますことは、まことに憂慮にたえないところであります。警察におきましては、この種經濟事犯の撲滅をはかり、國民生活の安定を期するため、昨年八・一肅正以來、死力を集中して間斷なき取締りを實施中でありますが、わが國經濟事情の變轉動搖は、今なお寸刻の偸安も許さない状況であります。わが國の經濟の現状においてやみ行爲の放任は、國民經濟をして早急に破局的混亂に陷れることは明らかなところでありまして、目下主要産業資材をはじめ食糧等國民生活緊要物資を中心として全國一齊に強力なる取締りを斷行中でありまして、やみ撲滅のためにせつかく努力いたしておる次第であります。しかしながら經濟事犯の撲滅はひとり警察力のみをもつてしては、きわめて困難なるところでありまして、これが實效を期するためには國民大衆の協力にまたなければその完璧を期することはできないのであります。檢察取締りに對しては、あらゆる機會におきまして、國民大衆の理解ある援助と協力をいただきたいと存ずる次第でございます。○坂東委員 やみ取締りは、食糧に困つておる人々に對する取締りは氣の毒でありますけれども、やみ商人は徹底的にぜひとも取締らなければならぬ。この間食糧視察團が來まして、この人たちの報告では、食糧に困つておるのは世界で十四箇國あるそうでありますが、そのうちやみ行爲の多いのは日本だけで、また政府の力の弱いのも日本だけだということであります。供出しないものへの強權發動も司令部の方から出てるということですが、これは日本としてよいことではないから、徹底的に取締るのがよろしい。やらなければ徹底しない問題でありますから、やるならどうか少くともやみ商人は徹底的に撲滅するように、十分政府の御努力をお願いしたい。○林(連)政府委員 全く御同感であります。政府といたしましては鋭意取締りをいたすことにいたします。○坂東委員 採擇を希望いたします。○大塚委員長 ただいま坂東君からこの問題についての御意見があつた通りでありますけれども、なるべくこれは徹底的にやつていただきたいことを希望いたします。採擇に御異議ありませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕○大塚委員長 採擇に決定いたします。    ━━━━━━━━━━━━━○大塚委員長 次は日程第一三、行政書土法制定に關する請願、文書表第一三〇號、紹介議員細川八十八君。○坂東委員 代つて紹介いたします。本請願の趣旨は、從來代書人と稱せられるものは、内務省令第四十號による代書人と、司法代書人とであつたが、司法代書人はさきに司法書士法の制定により行政代書人に比し、一段と地位が向上した。しかるに公務補助機關としての重要性と、公衆利用の度合のはるかに多い行政代書人に對しては、未だ行政書士法の制定がないことはまことに遺憾である。本件については、昭和十三年より前後三囘にわたり行政書士法案が衆議院に上程されたが、審議未了に終つている。ついては一般公衆と最も密接の關係にある行政代書人に對する行政書士法案の提出、竝びにこれが制定につき格段の御盡力を賜りたいというのであります。政府の御所見を伺います。○林(連)政府委員 ただいま請願の趣旨に述べられましたように、現下のわが國の情勢から見ましても、既にこの法案の通過を要望しておるように考えておる次第であります。請願の趣旨により當局としても努力してみたいと思つております。○坂東委員 採擇を希望いたします。○大塚委員長 採擇に御異議ありませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕○大塚委員長 御異議なければ採擇と決します。    ━━━━━━━━━━━━━○大塚委員長 次は日程第一四、留萌町に市制施行の請願、文書表第一五號、紹介議員坂東幸太郎君。○坂東委員 本請願の趣旨は、北海道留萠郡留萠町は、昭和二十年四月の調査によれば、人口三萬を突破し、現今においてはさらに増加しており、かつその港は日本海に面する重要港として、數年前に税關支所も設けられ、商港としての使命がますます重大ならんとしている。殊に附近町村の發展と、天塩沿岸における漁獲物の増産と相まつて、その發展は期して待つべきものがある。ついては、政府は速やかに同町に市制を施行せられたいというのであります。政府の御所見をお伺いいたします。○林(連)政府委員 よく請願の趣旨を調査いたしまして、できるものならばその趣旨に副いたいと思います。○坂東委員 採擇を希望いたします。○大塚委員長 採擇に御異議ありませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕○大塚委員長 採擇と決します。    ━━━━━━━━━━━━━○大塚委員長 日程第一五、増毛町別刈に船入澗築設の請願、文書表第二二號、紹介議員坂東幸太郎君。○坂東委員 本請願の趣旨は、北海道増毛郡増毛町字別刈は、全道隨一といわれる増毛町の水産場陸高の約七割を占める地で、住民の全部が漁業に從事しているような状態である。昨年の二億數千萬圓の水揚でこの別刈では一億六、七千萬圓の水産物があつた。しかも原始的なる港を使用していてさえこのような状態であるから、もしこの天與の港に相當なる船入澗を築設するならば、その産額の激増は火を見るよりも明らかである、ゆえに速やかに同地に船入澗を築設せられたいというのであります。政府の御所見をお伺いいたします。○林(連)政府委員 これまた事實を調査いたしまして、なるべく請願の趣旨に副いたいと思います。○坂東委員 採擇を希望いたします。○大塚委員長 採擇に御異議ありませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり。〕○大塚委員長 採擇と決定いたします。    ━━━━━━━━━━━━━○大塚委員長 日程第一六、稚内港を開港場に指定の請願、文書表第二六號、紹介議員坂東幸太郎君。○坂東委員 本請願の趣旨は、北海道宗谷郡稚内港は、本邦の最北端に位して、ソ連領樺太に相對し、かつ北洋漁業の策源地として重要であるのみでなく、背後には豐富な天然資源を控え、將來貿易再開の曉には、日ソ貿易に重要な地位を占めることは疑いないのである。ゆえに政府は速やかに前記稚内港を開港場に指定せられたいというのであります。政府の御所見をお伺いいたします。○林(連)政府委員 この問題はなかなか重要な問題だと思いますので、なお關係方面ともよく協議を遂げまして、なるべく御趣旨に副いたいと思います。○坂東委員 ちよつと林政府委員にお參考に申し上げますが、これはさきにも出ておりまして、大藏省の事務當局では贊成なんです。ところが政治的に上の方でまだきまつておらぬということでありますから、お含みおきの上十分善處をお願いいたします。採擇を希望いたします。○大塚委員長 採擇に御異議はありませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕○大塚委員 採擇に決定いたします。    ━━━━━━━━━━━━━○大塚委員長 次は日程第一七、音更川治水工事施行の請願、文書表第二八號、紹介議員森三樹二君。○坂東委員 依頼もあり私から紹介いたします。本請願の趣旨は、北海道音更川は、その源を遠く十勝、石狩兩國國境の十勝岳に發し、五十有五キロで、上士幌村、士幌村、音更村の中軸を北から南に向けて貫流し、帶廣市附近で十勝川に合流する河川であつて、その流域には農家戸數が軒を連ねて存在し、各種農作物の好栽培地である。さらに農地を適當に改革すれば、なお數百戸の入植も可能であるが、一朝洪水に會すれば、沃土もたちまち荒廢に歸し、その被害は人畜にまで及ぶ状態である。それで現在局部的には若干の護岸工事が施行されているが、何れも一時的應急の施設に過ぎない。ついては、この際全流域にわたつて國費をもつて速やかに治水工事を實施せられたというのであります。政府の御所見をお伺いいたします。○林(連)政府委員 この問題は國土局長とよく打合わせないとはつきり申し上げかねるところでありますが、請願の趣旨を承つておきまして、なるべく實行のできるように努力いたしたいと思います。○坂東委員 採擇を希望いたします。○大塚委員長 採擇に御異議ありませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり。〕○大塚委員長 採擇と決します。    ━━━━━━━━━━━━━○大塚委員長 日程第一八、苫前村力晝に漁港築設の請願、文書表第三〇號、紹介議員坂東幸太郎君。○坂東委員 本請願の趣旨は、北海道苫前郡苫前村力晝は、天塩國の中央樞要部に位し、海田一帶は有名な天塩昆布の産地であり、またあらゆる漁族の繁殖竝びに群來に適した本道屈指の水産資源地である。しかるに漁港の設備がないために、毎年數隻の難船を出し、せつかくの漁獲物もこれを逸し去つている。ついてはこの無限の大資源開發のため、速やかに前記力晝に漁港を築設せられたいというのであります。政府の御所見をお伺いいたします。○林(連)政府委員 本問題もなかなか重要な問題だと思いますので、關係方面としつくり打合わせをいたしまして、なるべく請願の趣旨の徹底するように努力を拂いたいと思います。○坂東委員 採擇を希望します。○大塚委員長 採擇に御異議はありませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり。〕○大塚委員長 採擇と決します。    ━━━━━━━━━━━━━○大塚委員長 日程第一九、羅臼漁港擴張の請願、文書表第七三號、紹介議員伊藤郷一君。○坂東委員 代つて紹介いたします。本請願の趣旨は北海道目梨郡羅臼村は知床半島の南西に位し、南は標津村に接し、前面には根室海峽を控えた純漁村である。しかしてこの海域は、オホーツク海及び太平洋を結ぶ一大魚田を有し、寒暖兩流が交錯して漁獲物がすこぶる多い。しかるに本村における船入澗は、昭和七・八年度に羅臼に築設せられたもので、その後昭和二十一年度に修築完成されたのであるが、終戰に伴う千島周邊の魚田喪失によつて、本村を中心として未開の知床魚田の開拓をして、水産食糧の一大増産を圖らなければならない。ついては、既設の船入澗を擴張し、漁港としての各種施設を完備せられたいというのであります。政府の御所見をお伺いいたします。○林(連)政府委員 これまたきわめて必要な事案であると思うのでありますが、いろいろな關係上なかなか實現は困難な問題ではないかと思いまするけれども、關係方面とよく協議をいたしまして、できるだけ請願の趣旨の徹底するように努力を拂いたいと思います。○大塚委員長 採擇に御異議ありませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕○大塚委員長 採擇と決定いたします。    ━━━━━━━━━━━━━○大塚委員長 日程第二〇、力晝、上平間道路改修の請願、文書表第九七號、紹介議員坂東幸太郎君。○坂東委員 本請願の趣旨は、北海道苫前郡苫前村字力晝、上平間の道路は、本道まれにみる難道であつて、その區間約四キロ、起伏はなはだしく、眞に危險な道路で、今日まで馬車、自動車、自轉車等の事故による損害は決して少くない。そのため數年前よりこれが改修の計畫はあつたが、時局の關係上果されなかつた。元來本道路は、留萠町より宗谷稚内に至る唯一の沿岸道路であつて、産業上、交通上重大使命を帶びいているので、これが改修の曉は關係町村はもちろん、本道進展の上に寄與する所絶大なるものがある。ついては速やかに該道路の改修を實施せられたいというのであります。政府の御所見をお伺いいたします。○林(連)政府委員 これまた國土局長とよく打合わせまして請願の趣旨の徹底するように努力を拂いたいと思います。○大塚委員長 この請願の採擇に御異議はございませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕○大塚委員長 採擇と決定いたします。    ━━━━━━━━━━━━━○大塚委員長 次は日程第二一、頓別村に漁港築設の請願、文書表第一〇四號、紹介議員武田信之助君。○武田信之助君 この請願の趣旨は、北海道枝幸郡頓別村字斜内というところに漁港を築設してもらいたいというのであります。終戰後千島、樺太等の世界的漁場を失いました今日におきましては、オホーツク海の漁業というものはきわめて重大であります。ところが現在におきましては、北は稚内から頓別に至るこの長大なる海岸線におきまして、一つの漁港もないのであります。しかもこの頓別村の沖合はオホーツク海面における最も漁族豐富な海域でありまして、主としてにしん、いわし、ほたて、なまこ、さけ、ます、かれい、かに、たら、いか、こういうものが間斷なくとれるのであります。從いましてこの頓別村の沖合に集中的に集まりまして、そこで漁業を營んでおるというのが實情であります。從いまして、この頓別村の斜内という所に漁港を築設することによりまして、漁業はますます振興發展を遂け、しかも斜内は漁港築設に最も好條件を備えておるというのであります。どうかこの請願の趣旨の徹底をお願いいたしたいと思います。○林(連)政府委員 私ちよつとお願いがあるのですが、今これだけの書類を私のところへ屆けてきておるのですが、一切はまだ見ていないのであります。それで今の問題は相當重要の問題のように考えますから、あまりいい加減な御答辯はできないと思いますので、政府の答辯を留保さしていただきたいと思います。この次にひとつ……。○坂東委員 政府に御參考に申し上げます。枝幸郡は私、よく知つておる所で、北海道の懸案ですから、なるべく早く政府も――政府のこしらえておる理由ということはなかろうと思いますが、あなたの御判斷で結構です。既定のものでありますから……。○林(連)政府委員 御答辯申し上げます。今請願の趣旨を承つておりますると、きわめて必要な、そうして急を要することのように考えられるのであります。直接關係方面とよく打合わせをいたしまして、實現でき得るものであれば、一日も早く實現するということに努力を拂いたいということを申し上げておきます。○大塚委員長 採擇に御異議はございませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕○大塚委員長 採擇と決定いたします。    ━━━━━━━━━━━━━○大塚委員長 日程第二二、名寄支廳設置の請願、文書表第一三四號、紹介議員太田鐡太郎君。○太田鐡太郎君 ちよつとこの理由を朗讀申し上げます。支廳設置に關する件、現在北海道廳上川支廳管内北海道廳、支廳管轄中より適當の區域を分割し、その分割地をもつて管轄區域とする北海道廳支廳を名寄町に設置せられるよう適當の措置をとられんことを望む。理由、現在の支廳管轄區域は明治三十年の制定にかかり、爾來年を經ることここに五十一年、世の變遷と時勢の進運に伴い、これが改正整理を必要とするもの少からずと思料す。特に上川郡名寄地方を中心として、該方面の地方行政廳の配置を按ずるに、現在の支廳管轄區域は廣汎にしてすこぶる不便と認む。よつてこれら關係支廳たる上川、網走、宗谷、空知の各支廳管轄區域の一部を割き、その分割區域、すなわち大正八年設置せられたる名寄區裁判所の管轄區域をもつて管轄區域とする支廳を、名寄町に設置する必要ありと認む。當局はよろしくこの樞要性に鑑み、速やかにこれを實現するよう適當の措置をとられんことを望む次第であります。これは過日建議委員會におきまして、政府當局の御答辯によりますと、地方制度の改正によつてその地方廳が必要だということになれば増設もでき、あるいは必要でないということになればこれを廢止するということで、大體中央の問題ではなくて、地方廳の問題であるという御答辯をお伺いしたわけであります。ちようど九十議會において御採擇を願いまして――この問題は約十七、八年間請願を續けてまいつたわけであります。その間選擧區等や何かの關係がありますので、なかなか政治問題としては容易ならぬ實情にあつたわけであります。もつぱら政府に參考送付として送付されておつたわけであります。ちようど九十議會に本委員會において御採擇になりまして、まことに心強く感じておつたところでありましたが、さらにまたこの促進に對し請願申し上げ、さらに一層政府のこれに對する御理解を願い、實現をお願い申し上げたいと思つて請願申し上げておる次第であります。地方事務所は、私はどういう工合にやるかわかりませんが、北海道の支廳といふのはほとんど大半國家の官吏で構成しておるわけであります。これも府縣の地方事務所と同じ取扱いでいかれるようになることは當然だとは思いますが、どういうようなことになるか、この場合さらによくお聽きしておきたいと存ずる次第であります。○林(連)政府委員 ちよつと私、今の趣旨をお伺いしたいのですが、支廳を設けるというのでありますか。○太田鐡太郎君 支廳をさらに新設する、増設するというわけであります。○林(連)政府委員 區域の變更ではないのですか。○太田鐡太郎君 むろん區域の變更になるわけであります。○林(連)政府委員 ただいま御説明を承りますと、十數囘請願委員會において通過いたしておる議案だということであります。きわめて適切な請願であるということは、想像するにかたくないのであります。何しろこの法規がまる三十年來そのままになつております關係上、大分いろいろな因縁があると思うので、やはり地方自治制の改革に伴つて、實情に即した設置をせなければならぬではないかと考えるのであります。ゆえに大臣初め他の關係者ともよく協議をいたしまして、なるべく實現をはかりたいと思う次第であります。○太田鐡太郎君 これは地方事務所と同じ取扱いにいくようになるわけですか。それならば、これは地方の問題として取上げていけばよろしいということになるのですか。やはり中央との關連をもつということになるわけですか。○林(連)政府委員 どうもこれはやはり、地方自治法の根本的な改革があれば、それに伴つていろいろな影響を受けると思うのであります。その際にやることがきわめて適切ではないか、こういうふうに思つておりますが、なお私よく直接關係者と打合わせをいたしまして、そうして實情に即した處理をいたしたいと思います。○坂東委員 採擇を希望いたします。○大塚委員長 探擇に御異議ありませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕○大塚委員長 採擇と決定いたします。 これで午前中は休憩にしたいと思います。午後は正一時より開會いたします。案件がたくさんありまするので、どうか委員各位の御出席をお願いいたします。暫時休憩いたします。   午後零時十二分休憩     ――――◇―――――   午後一時三十五分開議○小川原委員長代理 午前に引續き會議を開きます。司法省所管の日程第二四、朝鮮辯護士試驗受驗出願者に受驗資格付與の請願、文書表第三八號。紹介議員大石ヨシエ君――おられませんから、坂東さんにお願いいたします。○坂東委員 本請願の趣旨は、朝鮮辯護士試驗は、昭和二十年限り廢止となつたのであるが、昭和十八年以來戰亂のため、遠隔の受驗者は實際上受驗不能の状態であつた。その後敗戰の結果。該試驗は永久に廢止の運命となり、數千名の該試驗受驗準備者は、その希望を失い、方針に迷つている現状である。ついては、その救濟措置として、法律第五十二號試驗の受驗者と同樣、該試驗の受驗資格を從來の朝鮮辯護士試驗の受驗出願者に付與せられたいというのであります。政府の御所見をお伺いいたします。○吉田(安)政府委員 お答えいたします。本請願は御承知のように内地におきましても五十二號これは辯護士試驗受驗資格のことでありますが、受驗者に對しまして高等試驗司法科の受驗資格を付與した前例もあるのであります。從つて本請願の御趣旨には同感であります。さりながら朝鮮總督府事務殘務整理事務所などにつきまして調査いたしましたところ、朝鮮辯護士試驗の受驗者名簿、その他受驗者なることを立證するに足るほどの何らの資料も今のところないのであります。今これを實現しようといたしますれば、事務的にかなり困難なことがありはしないかと、かように豫想さるるのであります。從つて請願の御趣旨はよく了承いたしましたが、なおよく今申し上げましたような點を研究いたしまして、その上努めて御期待に副いたいと、かように存ずる次第であります。○坂東委員 政府はこの請願の根本趣旨には贊成であります以上、事務的にこれを實現するように、たとえば本人を呼ぶなり、それを確かめてなり、何とかの方法を立てる途はないものでありますか。○吉田(安)政府委員 その點努めてさように取計らつてみたいと思います。○坂東委員 採擇を希望いたします。○小川原委員長代理 坂東君の動議に御異議ございませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕○小川原委員長代理 採擇に決しました。    ━━━━━━━━━━━━━○小川原委員長代理 都合によりまして日程の順序をかえまして、日程第四二、赤崎林地國營開墾中止の請願、文書表第八四號、紹介議員中野寅吉君。○坂東委員 代つて紹介いたします。本請願の趣旨は、昭和十七年政府は戰時食糧事情により、國策として農地開發營團事務所を仙臺市に設置し、福島縣耶麻郡松山村、上三宮村、加納村、熱塩村の赤崎林開墾事業を起したが、その後事業なかばにして中止されてゐたところ、本年に至り再びこれが開墾を始められたが、元來赤崎林は農耕地として不適當なることは、昔から實地體驗者によつて明瞭であり、わずかに赤松のみに適し、他の植物には不適當な土地であつて、村民は現在該林より用材及び燃料を得ているような有樣であり、かつ講和會議後の自由貿易再開によつて、農村恐慌來も懸念される今日、一度失敗した土地を選んで、再びこれを開墾することは、多額の國費と、莫大な勞力を無益に消費することになり、國家的見地より見て、一大損失というべきである、ゆえに赤崎林地の國營開墾は中止せられたいというのであります。政府の所見をお伺いいたします。○笹山政府委員 ただいまお述べになりました請願の地區は、昭和二十一年以後着手の委託事業といたしまして、縣營をもつて施行しておる地區にあたつておるのでございます。この工事を施行するにあたりましては、縣の方から既に請書が提出濟のものでありまして、大體計畫は開田二十町歩程度、開畑が百二十町歩程度をこれによつて達成する。こういう計畫になつておるのでございます。そこでこの計畫が請願の御趣旨にありました通り、はたして開墾地として不適當であるかどうかという問題につきましては、私の方でも十分一つ調査をしてみたいと思うのでございます。なお水田計畫も不適當であるという點でございますが、これらも十分一つ調査してみるつもりでございます。從來われわれの方でこういつた事業の開墾に着手する前におきましては、適地であるかどうか。あるいは水田等の關係につきましても十分調査をした上で着手しておるような現状でございます、そういう關係でありまして、この請願通りであるかどうかという問題につきましては、もつと深く研究を要する必要がありますので、目下縣當局とこの問題の處理について檢討中でございます。○坂東委員 とにかく地元數十名の請願でありますから、うそを言うわけはないから、どうか十分御協議あらんことを希望いたしまして、採擇を望みます。○小川原委員長代理 採擇に御異議ありませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕○小川原委員長 御異議ございませんければ、採擇に決しました。    ━━━━━━━━━━━━━○小川原委員長代理 次は日程四三、鍋田、飛島兩村地先の干拓工事施行に關する請願、文書表第一〇五號、紹介議員神戸眞君。○坂東委員 代つて紹介いたします。本請願の趣旨は、愛知縣海部郡鍋田、飛鳥兩村は、伊勢灣を通じて外洋に面し、暴風、津浪の被害を受けること多く、堤防の決潰も數度に及んでいるのである。そのため今囘の干拓築堤施行にあたつては、兩村地先の定地漁業權をも犧牲にして贊成したのであるが、その後豫算の縮小により變更せられた設計によれば、過去の經驗に徴して、堤防の決潰は免れないものと思われる、ついては、この危險を防止し、住民をして安んじて生業のできるように、最初の計畫通り干拓工事を施行せられたいというのであります。政府の御意見をお伺いいたします。○笹山政府委員 ただいま御意見にありました地區は、愛知縣の西部でありまして、木曾川の河口の左岸にあるのでございます。當初この計畫を立てる場合におきましては、われわれの方においても干拓によりまして約一千町歩餘の水田を造成しようこういうような計畫をもちまして進んでおつたのでございますが、その後政府の方針が變りまして二箇年に效果をあげるような事業でなければ公共事業として採擇にならない。こういうような方針に變更されたのでございます。そこでやむを得ずそういつた豫算の縮小もあるのでございますし、多少の計畫を變更しまして、大體六百町歩餘の水田を造成するというふうに計畫を縮少してまいつたのでございます。そうした關係上、一應當初豫定されました地區が干拓されない結果、海岸堤防等が設置されないことになりますため、その關係がさらに從來の既設の堤防の補強という問題にも關連してまいつたのでございます。これらの問題につきましては、現場の方面からもいろいろ意見があり、また地元の關係村民からも熱心な希望がありますので、目下これらの計畫變更につきまして、どういう方法でやるかについて、愛知縣當局の方とも今檢討中でございます、なおこの工事をやりますために、既設の堤防について非常に壓迫を與えるというような問題については、この工事の既設の堤防の管理者となつておる愛知縣當局の方面にも、十分考慮していただく豫定になつておるのでございます。さような關係で、ただいまのところ地元民に御迷惑をかけないという方針をもつて、從來の計畫を再檢討してみたい。かように考えております。○坂東委員 これは速急に御調査を願うことにいたしまして、採擇を希望いたします。○小川原委員長代理 採擇に御異議ありませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕○小川原委員長代理 採擇に決しました。    ━━━━━━━━━━━━━○小川原委員長代理 商工省所管に移ります。日程二三、亞炭公廳設置に關する請願、文書表第一二三號、紹介議員庄司一郎君。○坂東委員 代つて紹介いたします。本請願の趣旨は、政府は石炭、コークス及び亞炭の重點配給を目的として、石炭公廳の設置を企圖しているように傳聞するが、同公廳は亞炭を石炭、コ―クスと共に取扱う機關のようであるが、亞炭鑛業者は、一亞炭を石炭に從屬せしめるような取扱いには反對である。二亞炭は石炭と異なり、その生産、輸送、消費等を、石炭と混用されることはかえつてその施策を阻害される。三集荷、輸送手段も石炭と同じものを經濟的に兼用することはできない。(四)石炭業者は亞炭、鑛業に關する知識がない等の理由により、石炭と同一機關による取扱いには反對である。ついては、政府は速やかに亞炭鑛業者に諮問して、亞炭公廳案を確立し、その機構、人事等についても業者の意見を徴し、また亞炭の販賣權を取上げる場合には、石炭のように過去において、政治的、經濟的保護を受けなかつたことに鑑み相當の補償を考慮されたいというのであります。政府の御所見をお伺いいたします。○鈴木(仙)政府委員 亞炭公廳設置に關する請願についてお答えいたします。今議會に政府が提出を考慮中の配炭公團法案の意圖するところは、現在わが國の産業が燃料、特に石炭の不足のために、極度に不振の状態にありますので、良質の亞炭を石炭とともに總合的に配給しようとするにあります。しかるに從來亞炭には配給機關がないので、石炭と總合的に配給し、適時、適量を適所に配給するには、今のままでは不十分で、どうしても一つの全國的配給機構を必要といたします。さらに石炭と亞炭とを總合的に配給し、一つの工場の必要量に對し石炭の足らぬときにはそれだけ亞炭を増し、亞炭の足らぬときには石炭を増加し、一定の必要量まで常に燃料を配給するには、一つの機關でともに配炭することがどうして必要であります。このため配炭公團に石炭、亞炭及びコークスを一手に配炭させるわけであります。亞炭の特殊事情竝びに石炭との歴史的因縁も政府としても了承しており、一度は亞炭配給公廳も考慮されたが、總合的配炭の面よりいかにしても不利であり、かつ配炭公團で取扱つても、亞炭の取扱事務機構の編成上特別の考慮を拂うことにより、亞炭の特殊事情も十分くめる見透しをもつに至つたのであります。從つて請願書の趣旨も事務機構、事務取扱方法竝びに役職員の人選に右の線に沿つて留意すれば十分生かされると思われます。今般の機構案になるまでには、各方面の意見により、三轉四轉と内容が變じてきており、その間しばしば亞炭業者の正式會合に提出し、十分その意見を取入れましたが、配炭公團は消費産業のための機構でもあり、必ずしも亞炭業者の希望したるところと一致しない點もありますことは了承していますが、今後の運營その他に萬全を期して各方面の贊同のもとに、産業再建に寄與したいと思うのであります。○坂東委員 只今政府より詳細答辯を承つたのでありますが、なおもつて請願の趣旨を全部受入れるだけの價値のあるものとは思えない。さらに御調査願いますため採擇を希望いたします。○小川原委員長代理 坂東君の動議に御異議ありませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕○小川原委員長代理 採擇に決しました。    ━━━━━━━━━━━━━○小川原委員長代理 政府の都合によりまして日程の順序をかえまして、日程第三〇、厚生省所管、性病豫防と撲滅に關する請願、文書表第一四一號、紹介議員竹内茂代君。○冨田委員 代つて紹介いたします。本請願の趣旨は、平和な文化的の民主國家を建設するためには、民族の質の向上をはからなければならない。しかるに敗戰後わが國における性病は著しく激増し、その害毒の及ぶところは實に深刻なるものがあります。ついてはその豫防と撲滅を期するため、結婚の場合における健康診斷書の交換、妊婦に對する身體檢査等を法の力によつて強制し、もつてこの恐るべき性病の豫防と撲滅とを期せられたいというのであります。政府の御所見をお伺いいたします。○小笠原(八)政府委員 第一の點につきましては、政府は目下花柳病豫防法を全面的に改正し、一般に性病患者の治療義務を規定するとともに、性病罹患者が相手に病毒を感染させた場合には、相當の罰則を適用するよう立案準備中でありまして、近く成案を得次第議會に提出する豫定であります。これによりまして、結婚に際しては双方健康診斷書を交換する良風を馴致するよう、積極的に指導奬勵をいたすつもりでおりますが、當面の施策としましては、國民の性病豫防知識の普及とこれが治療の完璧を期することが、現下喫緊の重要施策であることを思い、目下諸般の對策を進捗せしめつつある状況であります。 第二の點につきましては、現在妊婦は妊産婦手帳の交付を受け、保健所、醫師、助産婦、保健婦につき保健指導を受けつつある現状から考へましても、妊婦は身體檢査の際進んで醫師により性病罹患の有無を確かめるよう、性病豫防思想の普及をさらに徹底せしめることにより、別に法による強制をまたなくても、これが害毒を未然に防止することができるものと信ずる次第であります。○坂東委員 採擇を希望いたします。○小川原委員長代理 採擇に御異議ありませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕○小川原委員長代理 御異議がなければ採擇に決しました。    ━━━━━━━━━━━━━○小川原委員長代理 日程第三一、アイヌの保護事業に關する請願、文書表第八七號、紹介議員坂東幸太郎君。○坂東委員 本請願の趣旨は、北海道におけるアイヌ民族に對する保護事業は、從來往々にして實情に無理解な官吏によつて保護法を誤つて運營されたため、立法の精神に反して、かえつてアイヌ民族を拘束するような逆效果を生じた實例が少くない。ついては保護法の立法精神に基く教育の高度化、農業その他職業の確立、住宅の改善、療養施設等の保護事業を、アイヌ民族をもつて構成する協力團體により代行させることが最も效果的であると信ずる。それでアイヌ民族の保護事業に關する限り、社團法人北海道アイヌ協會を、法律を以つて國家の代行機關たることを認め、貧困なアイヌ民族の向上をはかることを目的とする厚生事業を、命令により代行させ、これに要する費用は國庫より補助せられたいというのであります。政府の御所見を伺います。○小笠原(八)政府委員 アイヌ族の保護につきましては同保護法の精神に從い、政府はせつかく努力中の次第であります。請願の趣旨は一應了解されますが、必ずしも國家代行の機關を設けなくても、政府竝びに北海道廳の努力によつて御趣旨に副うことができると思います。早速北海道廳と連絡の上十分實情を調査して保護の萬全を期するよう努力したいと考えております。○坂東委員 採擇を希望いたします。○小川原委員長代理 採擇に御異議ありませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕○小川原委員長代理 御異議なければ採擇に決しました。    ━━━━━━━━━━━━━○小川原委員長代理 日程第三二、北海道舊土人保護法中改正に關する請願、文書表第八八號、紹介議員坂東幸太郎君。○坂東委員 本請願の趣旨は、北海道アイヌ民族は和人と對等の文化に惠まれていないため、よくない和人の畫策に乘ぜられ、あるいは詐術に陷つて悲慘な貧困生活に落ちている。ついては北海道舊土人保護法により下付された土地に對してはもちろん、かつてアイヌが開墾占有し、現在他人の所有に歸している農地をアイヌが買戻して、農業に從事しようとする場合には農地調整法を適用しないこと、また給與地を、農地法による北海道における一般自作者の最高所有限度と同一に擴張し、さらに給與地の讓渡または交換の必要を生じた場合は、アイヌ同族間にのみ限定するように改正せられたいというのであります。政府の御所見をお伺いいたします。○小笠原(八)政府委員 北海道舊土人の保護については、北海道舊土人保護法の精神に則り、政府はつとに意を用いておる次第であります。請願の第一項及び第二項につきましては農地調整法の適用から除外することは困難でありますけれども、法の運用について北海道廳に至急事情を調査させ、農林省とも協議の上、實情に即するよう措置したい考えであります。第三項につきましては、各般の事情によりまして實施は困難であります。第四項につきましてはその趣旨は了とされるが、必ずしも委員會を設けることがなくても、北海道廳長官が實情に即した處理をするよう指導いたしたいと考えております。○坂東委員 採擇を希望いたします。○小川原委員長代理 坂東君の動議に御異議ございませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕○小川原委員長代理 御異議なければ採擇に決しました。    ━━━━━━━━━━━━━○小川原委員長代理 大藏省所管、日程第二五、宮崎市に煙草工場設置の請願、文書表第一三一號、紹介議員川野芳滿君。○坂東委員 代つて申し上げます。本請願の趣旨は、宮崎縣におけるタバコ耕作面積は、大正十五年度には二百六十餘町歩に過ぎなかつたが、氣候風土がタバコの耕作に適していることと、當局の熱心な栽培奬勵とによつて、昭和十七年度には耕作面積が一千餘町歩に達し、なお逐年増加の傾向を示していたが、不幸戰爭のため、耕作面積も激減するに至つた。しかし終戰後當局においても、戰災タバコ工場の復舊並びに増設等の計畫があるように聞き及んでいる。ついては葉タバコ生産縣たる本縣の現状並びに將來を考慮し、しかも縣の中心地たる宮崎市にこれが設置をせられたいというのであります。政府の御所見をお伺いいたします。○勝田説明員 御説明申し上げます。戰災によりまして、專賣局におきましてはタバコ工場が主要消費地の十四工場を失つたのでありますが、これの復舊擴張は國の豫算並びに物資計畫とにらみ合わせまして、できるだけこれを促進いたしたい意向でありますが、その順序といたしましては、まず戰災工場を優先するということが現地に手慣れた熟練工員が多數殘つているということもあつて、最も適當と考えるのでございます。九州地方におきましては、熊本及び鹿兒島の二工場が戰災を受けましたので、まずこれを復舊する計畫でございますが、これと申しましても資金、資材等の關係で、今直ちに本格的な工事は進め得られない實情でありますため、この際宮崎市にタバコ工場を新たに造營するということは相當な困難を伴うのであります。しかし宮崎縣が兩切タバコの主體原料である黄色種葉タバコの生産地といたしまして、ますます發展性のあることは十分これを認めておりますから、同市において戰災を受けた葉タバコ乾燥工場の復舊については、今後の葉タバコ生産増加に對應しましてなるべく速やかにこれを實現いたしたいと考えております。○坂東委員 これは十分調査を願う意味で採擇を希望いたします。○小川原委員長代理 坂東君の動議に御異議ございませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕○小川原委員長代理 御異議なければ採擇に決しました。    ━━━━━━━━━━━━━○小川原委員長代理 日程第二五、白山村安養寺に郵便局設置の請願、文書表第七七號、紹介議員青木清左ヱ門君。○坂東委員 代つて申し上げます。本請願の趣旨は、福井縣丹生郡白山村安養寺は、戸數百五十戸、人口九百名を算する所であるが、現在白山局よりは一里半の地點にあり、電話、電信、速達の便まつたくなく、危急の場合などには不便極まりない。ついては、本村安養寺に郵便局を設置せられたいというのであります。政府の御所見を伺います。○坪川政府委員 ただいまの議題となりました問題につきまして、關係當局もとくと調査いたしましたのでございますが、何分利用戸數がまだ標準でありますところの三百六十戸以上に達しておりませんので、その他との振合い上、今直ちに御趣旨に副うべくいたすことはなかなか困難かとも存じますが、將來いろいろな問題、いわゆる農産物その他の問題もありますし、篤と考慮いたしました上にこの御趣旨に副いたく存じております。○坂東委員 ちよつと一言いたします。三百六十戸ということでございますが、それは土地の事情等によつて畫一主義ばかりではいけないと思うのでありまして、地形によつてあるいはそれ以下でもこしらえる必要があるかと思います。從つてこの請願につきましては十分の御調査を願うという意味で採擇を希望いたします。○小川原委員長代理 坂東君の動議に御異議ありませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕○小川原委員長代理 採擇に決しました。    ━━━━━━━━━━━━━○小川原委員長代理 次は日程第二六、串良町大園原に郵便局設置の請願、文書表第一〇八號、紹介議員二階堂進君。○坂東委員 代つて申し上げます。本請願の趣旨は、鹿兒島縣肝屬郡串良町上小原字大園原は、上小原、下小原の中心地であるが、近接郵便局との距離遠く、交通の便が思はしくない。それで、もしこの地點に郵便局を設置するならば、その利用地域は、上小原及び下小原を主とする一方里半にわたり、人口七千に及ぶのである。しかもこの地域一帶は、農産物多く、一般に富の程度が高く、貯金の高も多い。殊に最近は中小商工業者の著しい發展に伴い、貨物の集散、人馬の往來共に活況を呈しつつあるので、住民の利便、經濟竝びに文化の向上に資する所きわめて大なるものがあると信ずる。ついては、速やかに前記の地點に郵便局を設置せられたいというのであります。政府の御所見をお伺いいたします。○坪川政府委員 この問題につきましては、第七十五議會におきましても一度問題になりまして、請願として出た問題でございます。篤と關係當局が調べましたのでございますが、附近の局との關係が非常に近い。近くにありますところの高山局とは一・八キロのような非常な近距離にあります。しかし利用戸數も今お述べになりました通り非常に多く、また農産物も非常に豊富でありまして、貯金高も多いように見受けられますので、他の振合いを考えました上に、將來この發展のために設置方を十分考慮いたしたいと思います。○坂東委員 十分御調査を願う意味で採擇を希望いたします。○小川原委員長代理 坂東君の動議に御異議ありませんか。  〔「異議なしと」呼ぶ者あり〕○小川原委員長代理 それでは採擇に決しました。    ━━━━━━━━━━━━━○小川原委員長代理 日程の順序を變えまして、農林省所管に移ります。日程第三六、新冠御料牧場竝びに日高種畜牧場開放の請願。文書表第八九號。紹介議員坂東幸大郎君。○坂東委員 本請願の趣旨は、北海道日高國所在の日高種畜牧場及び新冠御料牧場は、いずれもその創設以前には、多數のアイヌ民族が先祖代々墳墓の地として定住していた地であつたのであるが、これが提供竝びに轉住を強制されたときも、國家はアイヌ民族に對して、何ら生活基礎確立の對策も講じなかつたため、かれらは文化に後れ、今日に至るもなお住むに土地なく、漂浪の生活を續けている現状である、しかして聞く所によれば、新冠御料牧場の存在目的はもはや消滅し、他方日高種畜牧場の存在理由もまことに薄弱となつた今日、この兩牧場を全面的に開放して、創設當時犧牲となつたアイヌ民族を優先的に入植せしめられたいというのであります。政府の御所見をお伺いいたします。○今泉政府委員 新冠御料牧場は、現在宮内省の所管に屬しておりまして、今度憲法實施に伴いまして、大藏省所管の雜種財産として引繼ぎを受ける豫定に相なつております。これが利用につきましては、先般來關係官廳とも相談いたしまして、いろいろなこの活用方面について研究を重ねてまいつたのでありますが、農林省の御意向といたしましては、牧場としてぜひこれを存置したいという方針でありまして、一方北海道廳では、これを開懇適地として、自作農創設特別措置法の線に沿つて、農耕のためにできるだけこれを開放いたしたいという意見でございます。これがために、農林省所管であります日高種馬牧場の規模等に關する措置とも關連いたしまして、これをどういうふうに調整するかということは、目下關係方面と協議を重ねておる實情でございます。從つてこれらの牧場について具體的にどう處理するかは、新冠御料牧場の轉用方針と關連いたしまして措置することとなる見込みでございますが、農耕用等として開放せられる部分ができた場合には、北海道廳その他關係方面とも十分連絡いたしまして、本請願の趣旨にも副いたい、かように存じておる次第であります。以上お答えいたします。○難波政府委員 この新冠御料牧場竝びに日高種馬牧場開放につきまして、私から附け加えて申し上げておきたいと思います。申し上げるまでもありませんが、北海道はわが國の主要な馬産地でありまして、ここの馬産がうまくいくかいかぬかと申しますことは、日本全國の馬産の問題になり、あるいはまた畜産の問題に相なるわけでありまして、この北海道におきます馬産というものは、非常に重要なる地位を占めておるのであります。そうしてこういう環境にありますところに國が立派な牧場をもちまして、そうしてそこで改良の原々種となるべき種畜を生産するということは、日本全體の馬産ないし畜産を振興させます上において、どうしても必要なことであるのでありまして、この北海道の種畜牧場を全面的に開放するというようなことは、とうてい考えられないのであります。これはひとり北海道のためのみならず、日本全國のためであると私は固く信じておるわけであります。この種畜を改良増殖いたしまして家畜の増殖をいたしますと申しますことは、結局はそれ自體が畜産のためばかりでなくして、日本の農業全體の生産力を高めるゆえんでもありますし、農家の經濟を安定させますゆえんでもありまして、廣い意味においてきわめて大切なことでありますので、われわれはどうしてもこの基本となる種畜牧場の維持をやつていかなければならぬということを固く信じておるような次第でございます。ただただいまもお話がありました通り、日高種畜牧場と新冠御料牧場との間におきましては、ただいま懸案の問題がございまして、新冠御料牧場を農林省において引受けまして、これを從前よりは若干規模は縮小をいたしますけれども、北海道の環境に適しました、そうして全國の種馬の供給地となるようなふうに經營ができる程度の牧場の面積をもちまして、われわれの考えております程度の牧場經營を許されるとするならば、日高種畜牧場は開放いたしてもよろしいと考えておるのであります。從いましてそういう場合には、日高牧場を開放いたしまして、これに對して適當なる人々を入れるということはむろん可能と相なるわけであります。また新冠御料牧場も、今申しますように、そのまま全部の土地をわれわれが欲しいと申しておるわけではありません。しかし必要な土地はあるわけでありますから、それ以外の土地については開放をいたしてよろしいわけでございますので、これらの地に適當な人を入れていくことは差支えないことであります。さようにいたしたいと考えております。ただその點が全面的の開放、あるいはその地方の方々のお考えになつております開放の程度に達するか否かは、もう少し御折衝を申し上げてみぬとわかりませんが、われわれといたしましては、さようなことを考えておるのであります。なおアイヌ族が同牧場のありますところにかつて住んでおつたということは、一部の地域についてはあつたようでありますけれども、それらにつきましては、牧場を創立いたします場合において適宜の措置は講ぜられたように承つておるのであります。この點も附け加えて申し上げておきたいと思います。○坂東委員 ただいま政府委員の説明のごとくに、この取扱いは相當複雜であります。從つて十分政府に御研究を願うという意味で採擇を願います。○小川原委員長代理 坂東君の動議に御異議ありませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕○小川原委員長代理 御異議なければ、その通り決します。○小川原委員長代理 日程第三九、北會津郡における國有林拂下げの請願、文書表第九九號、紹介議員中野寅吉君。○坂東委員 代つて紹介いたします。本請願の趣旨は、福島縣會津地方は廣範なる地域を有してゐるが、その大部分は國有林であるから、これを拂下げて伐採し、燃料を生産し、その伐根を開拓して雜穀をつくり、食糧の危機を突破するとともに、引揚者、戰災者に生業を與え、自活の途を講ぜしめることは、刻下の急務であると信ずる。ついては、速やかに北會津郡添村大字平湯地内及び同郡東山村湯ノ入地内の國有林を拂下げられたいというのであります。政府の御所見を伺います。○中尾政府委員 お答えいたします。引揚者または戰災者等の入植のためには、國策に基きましてできるだけ便宜をはかる方針でありますので、ただいまお述べになりました箇所が開墾可能地であります場合には、これは積極的に開放するつもりでおります。また入植者の生活に必要な薪炭材あるいは生業資材としての薪炭材の拂下げ、あるいはまた入植者の勞力をできるだけ國有林その他の事業で活用して、生業を助成していくということは、全面的にはかつていきたいと考えております。○坂東委員 採擇を希望いたします。○小川原委員長代理 坂東君の動議に御異議ありませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕○小川原委員長代理 御異議なければ、採擇に決しました。    ━━━━━━━━━━━━━○小川原委員長代理 日程第四〇、木津、加茂兩町所在國有竹林地拂下げに關する請願、文書表第八五號、紹介議員木村チヨ君。○冨田委員 代つて御紹介いたします。本請願の趣旨は、京都府相樂郡内在住の海外引揚者は、昭和二十一年十二月協同組合を組織いたしまして、組合員に一人の失業者もないようにとの趣旨から、絹ホームスパン、なわない、竹細工、木工、製炭等の生産に從事するともに、消費の合理化竝びに教化、援護の徹底を期しまして、わが國農村における工業の發展に努力しているのであります。しかして竹細工は輸入物資の見返品としてもきわめて有望でありますが、その原料であるところの竹林の獲得は容易でありません。さいわい同郡内を貫流する木津川沿線にある木津、加茂兩町所在の國有竹林地を拂下げられるにおいては、現在に數倍する利益を收めることができるのであります。ついてはその濫伐を絶對に避け、集約栽培をなし、絶えず國土保全に留意するならば、郷土愛より、ひいては國土愛を濃化せしめ得るものと信じますので、速やかに右國有竹林地を拂下げられたいというのであります。政府の御所見を伺います。○中尾政府委員 お答えいたします。ただいまお述べになりました竹林を、土地とともに今直ちに拂い下げるということはできないのでありますが、竹林の産物の拂下げにつきましては、できるだけ御要望に應じたいと考えております。○坂東委員 採擇を希望いたします。○小川原委員長代理 坂東君の動議に御異議ありませんか。  〔「異議なしと」呼ぶ者あり〕○小川原委員長代理 御異議なければ、その通り決しました。    ━━━━━━━━━━━━━○小川原委員長代理 日程第四四、アイヌ厚生施設資金充當のため競馬開催許可等に關する請願、文書表第八六號、紹介議員坂東幸太郎君。○坂東委員 本請願の趣旨は、文化に後れたアイヌ民族と文化の進んだ和人とが、同一の經濟機構下で統治される場合、當然兩者の生活水準に差の生ずることは自明の理であるが、その差が余りにもはなはだしく、これを一般和人同樣に向上させるには、種々の急を要する懸案が山積しており、莫大な經費を必要とすることになるが、現下の國家財政に鑑み、アイヌ自身の努力によつて、その資金獲得の途を講ずるのが最善と信ずる。ついては、これが厚生施設の資金充當を目的とする競馬を、北海道内において開催することを許可するとともに、これに關する一切の課税を免除し、さらにこれと同一目的で開催する演劇等にも、同樣免税せられたいというのであります。政府の御所見を伺います。○難波政府委員 御承知のように競馬は、競馬法竝びに地方競馬法によつて許されておるのでありまして、それ以外には現在競馬をやる方法はないわけであります。しかして地方競馬法によりますと、それぞれ箇所の限定を受け、また開催日數が限定を受けておりますので、それ以上の競馬を施行いたしますことは、現在の法規においては許されておりません。そこでまず現在の法規におきましてどうなるかということと、將來あるいはこの法規を改正したらどうかという問題もあるかと存じますので、二つにわけて申し上げたいと思いますが、現在の法規におきましてやつております競馬は、いろいろな沿革もございましたが、箇所も日數も現行程度に限定するのがきわめて適當であろうというので、法律もさようにできたわけであります。從いまして、あるいは馬事の振興のため、またそのはいりました馬券の賣得金の利益の一部は、それぞれその開催者において地方的な處置ができる途も若干開かれております、從いましてその範圍において。こういう厚生資金等に寄附をいたしますことは差支えないかと存じますし、また中央の團體に納付されます納付金の一部等を利用することは、將來は考えられぬではないかと思います。けれども、現在においては、開催團體の關係でこういうことも困難でございます。從いまして現行法のもとにおきましては、どうもこういうことはよほどむつかしいではなかろうかと考えます。また法規を改正いたしまして、こういうことをやりますかと申しますと、これにつきましては、それぞれ一つの個々の目的を究めまして、競馬をそれぞれその地方で許すということは、どうも競馬自體の建前から申しましてよろしくないではなかろうかと考えます。ただ競馬の馬券によります賣得金の收入の一部は、これは競馬法に基く競馬でもやつておりますが、その大部分のものは馬産と申しますか、廣く畜産の施設に使つて、その復興に資すると同時に、一部は社會的事業に使いましてやつていく建前でございます。これは地方競馬においても將來はそのように考えてしかるべきものであるように考えますので、統一された組織のもとに社會事業の資金を出すというようなことは、きわめて結構かと存じますが、個々の競馬にそれぞれ目的の名稱を附しまして、區々にそれぞれある程度の日數だけ競馬を開催するというようなことを考えますれば、こういう問題は非常にたくさん出てきまして、競馬自體が非常に困つた立場になりはせぬかと思います。やはりある統一した制度のもとに社會事業方面に金を出すということにいたした方がよかろうかように考える次第であります。○坂東委員 今非常にアイヌ族に御同情のある御答辯がありましたが、そういうような意味におきましても、競馬の益金が、アイヌ民族に對する一種の社會施設にも使われるような途を研究してもらうという意味において、本案を參考送付せられたいのであります。○小川原委員長代理 坂東君の動議に御異議ありせんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕○小川原委員長代理 御異議がなければ參考送付と決しました。    ━━━━━━━━━━━━━○小川原委員長代理 次は日程第四一、外地引揚者の自家製木炭搬出認可の通牒徹底に關する請願、文書表第一一六號、紹介議員木村チヨ君。○冨田(ふ)委員 代つて紹介いたします。本請願の趣旨は、さきに農林省山林當局は、海外引揚者全國大會の代表に對して、引揚者の自家製木炭の府縣外搬出を認める旨を言明するとともに、地方長官宛に通牒を出したのでございますが、地方廳においては、これが數量に明示なきことを理由に、その搬出を認めず、右の通牒をほごとして葬り去ろうとするように見受けられて、まことに遺憾にたえません。ついてはこれに對して政府は速やかに善處せられたいというのであります。政府の御所見を伺いたいと思います。○中尾政府委員 お答え申し上げます。引揚者の自家製炭に關しましては、ただいま申し述べられましたように、昨年十二月二十三日附の山林局長名をもちまして、優先的に措置を講ずるように地方長官宛通牒をいたしたのでありますが、その後ただいまも申し述べられたような不徹底の點があるというお話を受けまして、さらに徹底方を通知いたしておいたのでありますけれども、ただいまの請願によりますと、それでもなお徹底しないように受取れますし、この點に關しましては、さらに本趣旨を十分に徹底させるような措置を直ちに講じたいと思います。なおこの點につきまして申し上げておきたいのは、この通牒におきましては、府縣外に搬出を認める場合には生産地の木炭事務所がその生産いたしました木炭を買上げて、その買上げました數量を讓受者の居住する府縣の木炭事務所に讓受者を指定して通知をいたしまして、これと同じ數量の木炭を正規の受拂手續によつて讓受者に賣渡すことになつておるのであります。自家製炭者が勝手に縣外に搬出するということは輸送關係その他からいろいろの支障がありますので、以上のような方法をとつておるのでありますから、この點御諒承をお願いいたしたいと思います。○坂東委員 採擇を希望いたします。○小川原委員長代理 坂東君の動議に御異議ありませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕○小川原委員長代理 御異議がなければ採擇に決しました。    ━━━━━━━━━━━━━○小川原委員長代理 大藏省所管日程第三三、外地引揚者に對する生業資金貸出し促進の請願、文書表第一一七號、紹介議員木村チヨ君。○冨田委員 また代りまして申し上げます。本請願の趣旨は、政府は海外引揚者に對して庶民金庫を通じて金融の途を講じておりますが、昭和二十一年十二月十五日以來、庶民金庫においては手持金なきことを理由にその取扱いを中止しているので、目下のところ政府より資金の放出なき限り引揚者は本資金を利用して事業に著手することができません。このまま空しく貸出を延ばされるならば、引揚者の生活はますます困難となるばかりでなく、事業に對する原料獲得の機を失い、遂には引揚者の企圖する計畫もくじけてしまうおそれがあります。ついては市場において資金獲得困難なる折柄、政府は速やかに庶民金庫に資金を放出せられたいというのでございます。政府の御所見を伺います。○賀屋説明員 お答えいたします。庶民金庫の海外引揚者その他に對しまする生業資金の貸出しは、最近同金庫の資金繰りが非常に窮屈になつてまいりました結果、昨年の暮一時中止のやむなきに至りましたことは、非常に遺憾に存じているところでございます。しかしながらこのままに放置いたしましては、御指摘のように、非常に社會的にも問題であると考えまするので、政府におきましては目下政府資金の放出を考慮中でありまして、できるだけ早い機會に貸出の再開をはかりたいと考えているのでございます。○坂東委員 採擇を希望いたします。○小川原委員長代理 坂東君の動議に御異議ありませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕○小川原委員長代理 御異議なければ採擇に決しました。    ━━━━━━━━━━━━━○小川原委員長代理 日程第三四、闇利得者に對する方策に關する請願、文書表第一二六號、紹介議員布利秋君。○坂東委員 紹介いたします。本請願の趣旨は、やみ商人が國民の血をすするようにしてかき集めたる新圓に對して、政府は何らの對策もなさず、これを自由主義なりとして放任せられているかのような状態であるが、國民としてはこれが公正に裁斷される日を待つているのである。ついては速やかにこれに對する方策を講ぜられたいというのであります。政府の御所見を伺います。  〔小川原委員長代理退席、大塚委員長著席〕○賀屋説明員 御指摘のようにやみ商人が相當多額の新圓をかき集めて不當に利得しているということは、正義觀から見ましてまことに遺憾に存ずるところでございます。これに對しましては、嚴正かつ適正な課税の方法によつて措置いたしたいと考えております。これらの利得につきまして増加所得税や一般の所得税が賦課せられますれば、相當多額の税額に上るのでありまするから、これら租税の適當な賦課をはかりたいと考えているのでございます。なお根本的にはこういつたやみ行爲の絶滅を期さなければならないのでありまして、これがためには今後とも一段と努力を拂いたいと考えております。最後に申し添えたいと思いますが、新圓に對して再封鎖等特別の措置を講じないということはつねづね申し上げている通りでございまして、新圓再封鎖のようなことをたとい萬が一やりましたといたしましても、こういつたやみ商人は、その利得をいつも新圓でもつているわけではないのでありまして、また巧みに事前に換物をいたしたりするであろうし、結局目的を達しません。のみならず、一般に換物運動を引起しまして、經濟再建に支障を與えることは、昨年の例に徴しましても明らかであります。從いまして、こういつた新圓に對して再封鎖をいたすというようなことは、今後とも絶對にいたさない方針でありますことを、この際繰返して申し上げておきたいと思います。○坂東委員 採擇を希望いたします。○大塚委員長 採擇に御異議ありませんか。  〔「異議なしと」と呼ぶ者あり〕○大塚委員長 御異議ないものと認めまして、採擇に決定いたします。    ━━━━━━━━━━━━━○大塚委員長 次に保留してありました日程第二七、旭川第二工業學校存置に關する請願、文書表第一二一號、紹介議員坂東幸太郎君。○坂東委員 本請願の趣旨は、北海道廳立旭川第二工業學校は、昭和十九年三月國家の要請に應じて、商業學校より工業學校に轉換したところの、北海道最初の五年制工業學校であるが、轉換とともに校舍の改造、設備及び教員の充實に努力し、工業學校としての體制を整え、昭和二十一年三月工業生として第一囘の卒業生を出した。しかるに最近再び商業學校に轉換するとのうわさがある。しかし學校當局はもちろん、父兄會、後援會も滿場一政現在のまま存置されることを希望している事實に鑑み、同校を工業學校として存置せられたいというのであります。政府の御所見をお伺いいたします。○岡田政府委員 今後日本再建にあたりまして、産業の復興をはかることはきわめて重要であり、緊急を要しますので、生産の急速なる再開にあたるべき工業技術者の養成はまことに重要であります。この趣旨からいたしまして、工業學校を存置するということは當を得たものと思います。請願の御趣旨の旭川第二工業學校といたしましては、地方の實情に即しまして決定いたすことが適當と考えますので、北海道廳などとも十分協議いたして善處いたしたいと考えております。○坂東委員 採擇を希望いたします。○大塚委員長 採擇に御異議ありませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕○大塚委員長 採擇と決定いたします。    ━━━━━━━━━━━━━○大塚委員長 次は日程第二八通信教育用用紙特配の請願、文書表第一四三號、紹介議員坂東幸太郎君。○坂東委員 本請願の趣旨は現在全國に所在する傷兵、引揚者、未亡人及び失業者等の戰爭犧牲者に對して、獨立自營のための職業教育として、簿記・珠算の講義録を發行し通信添削教授が行われている。しかるにこれが用紙の入手困難からやみ紙による負擔をこれら戰爭犧牲者にかけることは、眞に忽びないところである。ついては通信教育事業者に對して、その用紙の特配をはかられたいというのであります。政府の御所見を伺います。○岡田政府委員 教育の民主化の立場からいたしまして、通信教育制度を立てますことは、まことに適宜の措置と考えておりまして、文部省といたしましては、今囘通信教育制度を新たに實施することとし、ただいま準備中であります。これにつきまして、その用紙の確保のことでありますが、御承知の通り、國定教科書の用紙についてもその確保に非常な困難を感じているような次第でありますので、通信教育用の用紙を直ちに配給をいたすということはなかなか容易でないのでございます。しかしながら文部省といたしましては、この用紙の獲得につきましてはできるだけの努力をいたして、通信教育の振興をはかりたいと考えております。○坂東委員 採擇を希望いたします。○大塚委員長 採擇に御異議ありませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕○大塚委員長 採擇と決定いたします。    ━━━━━━━━━━━━━○大塚委員長 次は日程第二九、暦改訂に關する請願、文書表第一三九號、紹介議員笹森順造君。○坂東委員 代つて紹介いたします。本請願の趣旨は、現行の太陽暦は地球の公轉に則しないきらいがあるため、本邦の時候に合致せず、國民の大多數である農民中には改訂以來七十餘年の今日においてさえなおこれを愛用するに至らず、陰暦を襲用しようとする者が少くない。しかるに今やわが國は、農本立國に立ち返り、平和産業の發達を期するにあたり、農事に適切な暦書を作成するの要あることは論をまたない。ついては、ここに地球の公轉に基き、本邦農時に順應するとともに科學的原理に基く改訂を考案したのであるから、まずこれを本邦において實行し、ひいては世界的に改正を促進せしめられたいというのであります。政府の御所見をお伺いいたします。○岡田政府委員 世界が文化的に立體化いたしております現代におきましては、各國が使います暦は萬國共通のものであることが好ましいのでありまして、今後わが國が國際的にも文化國家として發展いたします上からみますと、萬國共通に行われているところの現行太陽暦をますます普及すべきものと考えるのでありまして、大體世界各國の輿論もこれを承認いたしております關係下今直ちにこれが改正をいたすことは困難であると考えます。○坂東委員 それはごもつともの答辯と思いますけれども、この請願の趣旨にも理由がありまして、實際農家は太陽暦では不便な場合があるのであります。それらに鑑みまして、何かの方法で農家に適するような暦のようなものを政府は考えてみる企てはないものでありますか。○岡田政府委員 暦の制度これを國家がかえるということは、今申しましたように困難であろうかと思いますが、地方々々におきまして、農事のために特に必要があるならば、それについて適當なる方策を考えることは何ら差支えないかと考えます。○坂東委員 この請願はただいま政府委員の答辯のごとく、研究を願うという意味で採擇を希望いたします。○大塚委員長 ただいま坂東君より同問題については、政府委員の答辯によりまして、研究採擇を希望しておられます。さよう決定いたしまして御異議ありませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕○大塚委員長 それではさよう決定いたします。    ━━━━━━━━━━━━━○大塚委員長 次は農林省關係、日程第三七、農地調整法中改正その他に關する請願、文書表第九一號、紹介議員田中重彌君。○坂東委員 代つて紹介いたします。本請願の趣旨は、わが國中、小地主は祖先傳來の農業を受け繼ぎ、自作農創設の線に沿つて、自作農として敢然立つ決意をもつているものである。ついては、農地調整法中次の二點を改正せられたい。その第一點は、附則第三條を「第九條ノ二ノ改正規定施行ノ期日ハ更ニ勅令ヲ以テ之ヲ定メル」と改正して、「本規定實施マデハ小作料納入ハ仍從前ノ慣習二從フ」という一項を新たに加えて、小作料の金納と物納の兩建を認められたい。その第二點は、本則第九條第三項の次に「但シ昭和二十一年十月二十一日法律第四十三號自作農創設特別措置法第三條第一項第二號及ビ第三號ニ定メタル許容面積以内ニ於テ農地所有者ガ自作ノ爲ニスル場合ハ此ノ限リニアラズ」の但書を追加して、自作農として希望ある者は、創設前より自作農たり得る状態にある者につき、優先的に自作農たらしめられたい。なお物納を金納とする場合の一部改訂・中・小地主保護法制定、不在地主の解釋決定、農業資産相續法再吟味、農産物價適正引上げ、農民の所得平衡化、科學的土地建物賃貸價格制の樹立等につき、再考せられたいというのであります。政府の御所見をお伺いたします。○上松説明員 御説明申し上げます。農地調整法の第九條の二の改正規定の問題でありますが、ただいまお述べになりました點につきましては、すなわち小作料の物納への復歸ということに相なりまするので、小作農解放の趣旨に反するということに相なりまするがゆえに、この點政府として容認することは困難と思うのでございます。 次に農地の取上げの問題でございまするが、農地調整法の第九條におきましては、正當の事由に該當いたします場合には、農地の所有者が返還を求め得る規定に相なつているのであります。その正當の事由にあらざる限りはこれを認めることはできないということに相なります。○坂東委員 この請願は非常に複雜でありますから、十分に研究を願いますために、一應採擇を願います。○大塚委員長 同問題につきましては研究の上、十分これに善處するということで採擇に決定いたしまして御異議はございませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕○大塚委員長 さよう決定いたします。    ━━━━━━━━━━━━━○大塚委員長 次は日程第三八、指宿町魚見地區を農地法適用より除外の請願、文書表第一三二號、紹介議員二階堂進君。○冨田委員 代つて御紹介申し上げます。本請願の趣旨は、鹿兒島縣揖宿郡指宿町魚見地區は温泉がわき出で、特に東南部は海水の浸入する濕地帶であつて、耕地面積も少く、從つて農耕地としては適當でないので、十餘年前から温泉都市を建設し、各種保健厚生の施設を講じて、國家民生に寄與するための計畫が進められ、多額の資金を投じて、昭和十八年には區畫整理施行の出願もされたほどであるが、時局のため實現できなかつたのである。しかるに今囘農地法の制定によつて、この地區も同法の適用を受けることとなるが、前に述べたように農耕地としては不適當で、むしろ觀光地として温泉附き田園都市とする方が、より效果的であるので、該地區を農地法の適用より除外せられたいというのでございます。政府の御所見をお伺いいたします。○上松説明員 當該地域は農地が比較的狹少でございまして、農地の地區を觀光地といたしますことにつきましては、政府としてはなお十分檢討をいたしたいと思うのでありまするが、市町村農地委員會が縣農地委員會の承認を得まして、農地以外の目的に使用することが相當であると認めまする場合には、政府において農地を買收することはいたさないことに相なつているのであります。從いまして地元の市町村農地委員會におきまして、現地につきまして公正な判斷をいたしまして、この問題を解決することを希望いたします。○坂東委員 この請願の趣旨は觀光地帶として天然に具わつているらしくもない。單に海水の侵入することやら、あるいは温泉があるというだけでは、觀光地という天然の理由はないので、この請願は政府に參考送付としてお取計らいを願います。○大塚委員長 ただいま坂東君よりいろいろ御意見がありました。これは一時研究するということで、參考送付という御意見でごさいますが、さよう決定して御異議ありませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕○大塚委員長 それではさよう決定いたします。    ━━━━━━━━━━━━━○大塚委員長 次の四五、四六は後囘しにいたします。    ━━━━━━━━━━━━━○大塚委員長 今度は運輸省關係、日程第四七、觀光地の調査指定に關する請願、文書表第一二七號、紹介議員布利秋君○小川原委員 布君がおりませんから私代つて御紹介いたします。本請願の趣旨は觀光事業の重要性に鑑み、これが準備のため、觀光地を調査し、公正に指定するとともに、これに要する關係道路の調査をも速やかに實施せられたいというのであります。政府の御所見を承りたいと存じます。○石井説明員 お答え申し上げたいと思います。觀光事業の振興のためには、全國の觀光資源につきましていろいろ調査をいたしまして、保存竝びに利用開發の計畫を立てるこれは必要でございまして、まず全國的に代表的な觀光地を調査選定をいたすことが先決問題でございます。これにつきましては目下觀光事業團體の綜合機關であります全日本觀光連盟をして、その傘下にございます各府縣の觀光協會を動員いたしまして、觀光地指定の基本的調査を實施させておる次第でございます。調査が完了いたしましたら、關係官廳その他各方面とも十分打合せいたしまして、公正な見地から觀光地の指定を行い、その指定されました觀光地については、速やかに道路、交通、ホテル等の施設計畫を立てて、これが利用開發に遺憾なきを期するつもりでございます。○小川原委員 本案の採擇を希望いたします。○大塚委員長 小川原君の動議に御異議ありませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕○大塚委員長 御異議ないものと認めまして採擇に決定いたします。    ━━━━━━━━━━━━━○大塚委員長 次は日程第四八、山川、西之表間省營連絡船の開航竝びに西之表、島間間省營バス運輸開始の請願、文書表第八二號、紹介議員上林山榮吉君。○小川原委員 上林山君おりませんから、私代つて説明いたします。本請願の趣旨は、鹿兒島縣種子島は、現在わが國最南端に位する大島礁であつて、亞熱帶的氣候による特殊農産物を産し、到る處地味が肥えていて、開拓の餘地が廣く、近海は有名な漁場であり、いわゆる南方の寶庫である。しかるに交通の現況は、海運においては月七、八囘の囘航あるのみで、陸運においても鐵道に惠まれず、わずかに數臺の民營バス及びトラツクあるのみで、輸送費の高價なことは全國にその比を見ないほどで、本島の資源開發上最大の障害となつている。ついては、速やかに山川港、西之表港間に省營連絡船の開航及び西之表、島間間に省營バスの運輸を開始せられたいというのであります。政府の御所見を伺います。○石井説明員 御請願の御趣旨には贊成でございまするが、省營航路の實施につきましては、現在鹿兒島、西之表間に、中川汽船株式會社の所屬汽船三百トン乃至六百トン級の汽船が三隻運行しておりまして、種子島本土間の交通連絡にはさしあたり支障がないように思われますので、本航路の將來性、地方事情あるいは旅客物資の動き、あるいは使用可能の船腹などについて調査いたしました上、國有鐵道の直營航路としての運營の價値につき十分檢討いたしたいと考えます。 次に西之表、島間の省營自動車の開設でございまするが、これにつきましては離島である關係もございますし、またその實施は豫算資材等の關係もございますので、早急に實施は困難と存じまするが、航路同樣調査研究をいたしたいと存じております。○小川原委員 この際當局に一言お尋ねいたしておきたいと思うのでありますが、省營バスを開始せられたいということになりましてから、政府は大變何かはれ物にでもさわるようなお考えでおられるようでありますが、強いて民營バスでなければならぬという説をなす人もありますけれども、省營バスでなければならぬという説を立てるものもすこぶる多いのであります。どつちが多いかということになると省營バスを運行してもらわなければならぬという人の方が多いと思うのです。しかしこれは止めておつたのです。それに脅やかされて政府は何とかかんとか手をつけられることを躊躇されますが、これは今日の交通を整理していくという上において非常な支障になつていると思うのであります。内地のこの東京附近であるとか、大阪附近、あるいは名古屋附近というようなところは、民營バスもよろしいのでありましようけれども、北海道のようなところであるとか、あるいはこういう九州のようなところであるとかいうところへ、ただ權利だけとつて、そうして車を運行せぬというようなことは、これは一體いつまでもそんなことで民營を許しておかれるのでありましようか。どうでありましようか。私は非常にこれは懸念いたしているのであります。そういう權利をもつて運行せないならば取上げたならばどうでしようか。民主主義の上からいつて、一つの會社が權利をもつているものを許しておかなければならぬことが民主主義か、乘る人が非常に困つているのを直してやることが民主主義か、この點ははつきりしていると思うのであります。こういう古い考えの人の頭を直さないから交通がこんなに混沌としているのでありますから、運輸省はうんと力を入れられましてびくびくする必要はないと思うのであります。そんなところにびくびくしておつたのでは交通整理はできぬと思いますから、一段と御勇氣を揮われまして、横暴の會社はこの際徹底的に權利を取上げて、乘る多くの人のために利益をはかつてもらうことが、私は民主主義であるということを考えているのであります。どうかこの點を一つお聽きしたいと思うのであります。○石井説明員 ただいまのお話は、私どもといたしましても、省營自動車開設について反對の聲が現在事業をやつておられる方面から出ていることも聞いておりますし、また反面地元の方々には省營自動車の運營を切に希望されている聲も十分承知しているのでございます。從つて省營自動車の開設につきましては、輿論と申しますか、民論と申しますか、できるだけそういう形のものをよく拜聽して、その上で開設の可否を決定いたしたい、かように考えて現在實施しているような次第でございます。またお話の中に、民營自動車において運營の思わしくないものを取締れという御趣旨もあつたようでございます。御指摘のような状態もないことはないかと思うのでございますが、これも一面には燃料あるいは修理資材などの關係で、業者としてもなかなか簡單に輸送を圓滑にいたすことができない事情もあるかと思いますので、政府としてむしろそういう方面についていろいろ手當をしてやる、面倒を見てやるということをいたしまして、圓滑に輸送がまいるように努力しなければならないと考えているのでございます。しかしながらただ權利だけをもつて公共事業である輸送を何ら顧みないという事例がございますならば、これはやはり事業の免許の本來の精神に則つて處理しなければならないと考えるのであります。○小川原委員 この際もう一言申し上げておきたいと思うのであります。體的なことを申し上げると、監督官廳からなぜ運行しないかと言われますと、他の線から車をもつてきて、言はれた當座は二、三日やつているが、それが濟むとまた利潤のあがるところに車をもつていつてしまう。その線は省營バスにしてもらわなければならぬと言われると、また車をもつてくるというやり方をするものが相當あるのであります。そういうものを徹底的に取締つていただかなければ乘る者が非常に困つております。そういうものについては何にも御心配になることはないと思います。よく承知してやつていることであります。それから油の配給などについて御配慮くださることはまことに結構なことでありますが、あのがたがたになつてしまつて困つている自動車は代りがないのでありますが、もし民間にそれを許されるというならば、省の車でも拂下げになつておやらせになりますか、どつちでありますか。その點をよく聽いておかないと話がぐずぐずになつてしまつてはうまくないと思います。事はてきぱきしてやつてもらいたいと思います。省でもつて車があるならば、休ませておくよりも省の方で運行させてもよろしいのだし、省の方ではやめるのだからそれを民間に拂下げるのだ。こういうことでもよい。どつちかてきぱきとやつていただかないと、民間が困つておるわけです。どちらでございましようか。○石井説明員 ただいまお話がございましたが、省營自動車が車が餘つていて、民間の業者に車がないというようなことはないのでありまして、省營自動車も現在の路線を運營いたしますために、相當修理その他に努力をいたさなければ、現在の運行も確保できないというような状態にあるのでございます。先ほど申し上げましたように、面倒をみると申しますのも、修理資材、あるいは修理工場の設備というような修理をよくする方面でいろいろ面倒をみなければならぬのではないか。こういう意味でございます。○小川原委員 政府委員は大變熱心に御親切なる御答辯を得ました。しかしまだ御答辯では満足はいたしませんのですが、ここは請願でありますから、そう追究する要もないと考えますので、政府の方でも十分のお取計らいを願いまして、本案の採擇を願いたいと思います。○大塚委員長 採擇に御異議ありませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり。〕○大塚委員長 御異議なしと認めまして採擇に決定いたします。    ━━━━━━━━━━━━━○大塚委員長 次は日程第四九、名寄、上名寄兩驛間に停車場設置の請願、文書表第一三六號、紹介議員太田鐡太郎君。○太田鐡太郎君 請願書に詳しく理由は書いてありますが、この停車場設置の問題は、大正十一年に請願書を出しまして、貴、衆兩院とも採擇に相なつておるところでありますが、その後いろいろ國家經濟のあまり潤澤でない、いわゆる不景氣時代、それからだんだん來まして今度の滿洲事變やら大東亞戰爭のために、遂に延び延びになつていたところであります。終戰と同時に、この邊には非常に未開の土地がありますが、たとえばここの御料地は農耕適地で、この御料林が約四千町歩の入植豫定地となつたわけでございます。それがために東京ないし名古屋方面から疎開者あるいは入地者がまいりまして、現在でも相當數の者が入つておるのであります。しかしこの概況はどうかと申しまするならば、名寄の驛と下川という所までの間は相當な距離があるわけであります。技術的にみましても、現地の模樣をみましても、まつたくここには停車場の必要を感じておつたわけであります。從つてこの停車場のできることによつて入地者は安心していわゆる入植ができて、開拓もできる。開拓地帶からは、大體當初は林木が出る、木材が多く出るのであります。こういうものを搬出するには、ここは一つの盆地になつておりますから、上名寄驛に通ずる假定縣道も名寄に通ずる假定縣道もそれぞれ中間に山がありまして、搬出上非常に差支えが生ずる。同時にこの驛ができることによりまして、この請願書にもある隣の風連村から農産物あるいは木材等を搬出するのにも便益を得られる。そういうきわめて必要な停車場なのであります。あまりこまごましいことは申し上げませんが、ここに大體の數字があがつておりまするが、これらによつてごらんになりましても、北海道の一町村と言いますれば府縣の大體三十箇町村を含んだようなものが一町村になつておるような次第でございまして、この名寄町にもこの停車場のできることによつて、ちようど四箇所の停車場ができることになるのでありますが、大體耕作面積、人口の上からみまして、もちろんこの停車場ができなければこの地方の開發はうまくいかないと思つておるのであります。政府のお考えはいかがでございますか。○石井説明員 名寄本線の名寄と上名寄兩驛間に新驛設置の御希望でございますが、本問題は議會では今囘初めて承わるのでございまして、實は鐵道當局といたしましては、現地の事情等の調査もまだ取りまとまつておりませんので、ただいまのところ御意見を申し上げる段階に至つていないような次第でございます。現地の札幌鐵道局におきましては、直接お話を承つておる模樣でございますので、近く何らか、鐵道局の方から意見の申し出があると思われます。その調査と意見をまちまして御希望に副うように處置いたしたいと、かように考えます。○坂東委員 採擇を希望いたします。○大塚委員長 採擇に御異議はありませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕○大塚委員長 採擇に決します。    ━━━━━━━━━━━━━○大塚委員長 次は日程第六五、名寄町に測候所設置の請願、文書表第一三五號、紹介議員太田鐡太郎君。○太田鐡太郎君 名寄町に測候所を設置してもらいたいという請願でございます。これは短いから請願書を讀みましよう。わが名寄地方たる天塩國上川、中川兩郡地方は既設測候所旭川地方とは、同じく内陸地方たるがゆえに、寒暑ともにはげしき點において相似たるものありといえども、塩狩國境を分界として春季及び秋季の氣候著しく異なり、かつ名寄地方は多雨地帶に屬し、夏秋季における天候の變調は常に冷害の因をなし、西方に羽幌測候所あるも、これは海岸地帶の氣象を觀測するに過ぎずして當地方とは縁の薄きものたることを免れず。 如上の理由により、當地方の有する特殊氣象を觀測し、地方農業の指導及び安定を期せんには、わが地方に一つの測候所を設置するのほかなく、この施設は最近數年にわたる冷害に鑑み、緊急捨ておくべからざるの儀につき、事情御洞察の上、至急これが設置を實現せられんことをお願いする所以であります。よく地形的に政府は御承知になつておられるかどうかわかりませんが、ここに坂東さんもおられますが、石狩と天鹽との國境を越えますと、積雪において著しく大きな相違があり、かつは羽幌とか稚内方面とは全然氣候が異なつておるのであります。殊に海岸地方に測候所が多いというのは、大體北海道の漁業に對する觀測が多いのであります。内陸地方があれだけ開けてまいつておるにかかわらず、どうも十分でない點がありますので、今度御料地そのほか未開地がどんどん開けてまいりますと、われわれの地帶がまず唯一の中心とならなければならないのでありますけれども、この農作物に對する觀測は大體うまくいつておらないのであります。そこでどうしても測候所の必要があるというので過般札幌の氣象臺に對しまして、いろいろ陳情を申し上げてありますが、これが私どもは運輸省の管轄になつておるということは承知しなかつたのでありますが、なにか戰爭中の飛行機の氣象觀測が何かのために、運輸省にこれが移つているということを承知しました。それでいろいろ陳情をしてみましたところが、氣象臺の方では、やつぱりその土地から相當の寄附を仰がなければ、なかなかこういうことは困難であるというようなことで、氣象臺長から、町長代理の助役にあてまして言つてきた書類がございます。これは「札氣發第五九號、昭和二十二年一月十八日、札幌管區氣象臺長、名寄町長代理、助役清野榮惣吉殿、測候所設置に關する件、標記については直ちに中央氣象臺長あて連絡しておきましたが、この種案件は敷地建物その他の寄附があると實現に關して促進されるもので、その可能性があるかどうか、一應照會する。追つて所要數量については、既設官署との關係あるいはその他により、中央氣象臺から正式に指示がなければ確定的なことは申し上げられませんが、從來の例から言えば、少くとも敷地は二千坪以上、建物は廳舍及び附屬家として七〇坪以上、官舍及び合宿所として三棟くらい必要ですから、あらかじめお含みおき願いたい。御參考までに、先に禮文島の香深村から同地に測候所設置の請願があり、來年度の豫算案に計上されておりますが、これは敷地三千坪、廳舍八十坪、及び官舍として五棟位の寄附方を要望されております。」こういう氣象臺から役場に通知がまいつておるのであります。全然生産に關係ないとは申し上げませんけれども、戰時中に運輸省に移つたものが、どこまでもやつぱり運輸省がやつていかれるお考えか。それともまたこれは、もとは農林關係でありましたが、農林省方面にこれを移されるようなお考えがありますか。併せてその點もお聽きしておきたいと思います。○逢澤政府委員 本件は先年同樣の趣旨をもちましての請願もあつた事柄であります。運輸省におきましても調査研究をいたしましたところ、地勢上はお話のように既設の旭川、羽幌、北見、枝幸の各測候所の所在地附近とは大いに異なつた氣象的の特性をもつておる地方であります。この地方が農業の一中心地帶をなしております關係上、産業氣象の見地からも、また交通保安の上からも、測候所設置の必要は十分にこれを認めておるのであります。しかしながら現下のわが國の財政事情から考えますならば、現に運營中の測候所、氣象臺のごときも所要の經費に不足を生じまして、辛うじて最小限度の繼續をいたしておるような状況であります。この測候所の急速な實現はきわめて困難だと――必要なことは是認しておりますが、經費の許す範圍におきまして將來考えてみたい、こういうふうに考えております。○太田鐡太郎君 そうすれば氣象臺から言つてまいつたような寄附行爲がなければできぬということになるのですか。またその地方の財政の許す範圍において御協力を申し上げて、そうして實現させていただくというようなことのできるものでございましようか。何を申しましてもこの頃の建築は非常に大きな金が要りますので、土地の二千坪ということでもこのごろ町のすぐそばでありますと非常に高くなりますけれども、町では敷地くらいは何とかしたい、しなければなるまいということを考えております。今御當局のお話のごとく、今年あたりでも旭川と別に違いはないと言いますけれども、零下三十七度までもあの地帶は下つておる。殊に雪は旭川のほとんど倍、札幌とは常に十度以上の開きがある。こういうような地帶でありまして、村の財政もなかなか容易ならぬ實情にあるわけですが、その邊を一つお伺い申し上げまして、なお町へ歸りましたならば、どうしてもこういうふうにやらなければというような腹もきめさしておかなければならないということもあると思いますから、この邊もお漏らし願いたいと思います。○逢澤政府委員 非常に熱心な御希望もあることでありまして、敷地の寄附、或は一定の工事を施行する寄附をしてまでやりたいというような熱烈な御要望なんでありまするが、そういうような御要望を考慮のうちに入れまして、なるたけ豫算をとりまして、そういうような非常な熱烈な御要望のある方から豫算の許す範圍においてつくつていきたい。こういうふうに考えております。○坂東委員 採擇を希望いたします。○大塚委員長 採擇に御異議はありませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕○大塚委員長 それでは採擇に決します。○大塚委員長 次は日程第五〇、釧路、北見相生間鐵道敷設竝びに鶴居村に停車場設置の請願、文書表第七五號、紹介議員伊藤郷一君。○伊藤郷一君 釧見線は明治の末年から議會において採擇になつておりました問題の鐵道でございまして、北見の美幌まで延びておつたのを相生まで引いてまいりまして、南方の方は釧路から雄別炭鑛の社線が雄別まで行つているのであります。その間が現在通じていないのであります。その中間地帶には將來の日本の石炭の重大な運命を擔つているところの釧路炭田がありますし、また木材に關しましては、阿寒湖周邊の釧路、北見の國境地帶には、實に北海道木材の約六割が包藏されているのでありますが、鐵道がないためにその伐採が全然できておらぬというような、まだ斧鉞を入れてないところの土地であります。なお特に最近進駐軍その他の觀光客が、國立公園であるところの阿寒湖畔に殺到してまいつているのでありますが、ただ遺憾ながら冬が半年もありますので、秋から六月までは全然觀光に來ることができない、こういうような、石炭木材の資源の立場から言いましても、觀光國策の立場から言いましても、この釧見線の急速實施というものは、日本再建のために急務中の急務と思うのであります。特に本請願の趣旨になつているところの、鶴居村を通していただきたいということは、釧路川の沿岸は御承知のように濃霧の非常にひどい所でありますけれども、鶴居村に行きますと、全然濃霧がなくなつているのでありまして、濕地帶から急に肥沃な農耕地帶にはいつておりまして、そこには鐵道を通ずることによりまして、新たに三萬町歩ばかりの農耕地が開かれることになつております。私も昨年の暮れに支廳長と踏査したのでありますが、もしそこに鐵道を敷設すれば、現在のバタその他乳製品の生産が約十倍にあがるということが豫想されているのであります。一昨日も陳情團が來たのでありますが、いろいろの觀點からよく勘案せられまして、他に先んじて優先的に、もう既に二十年三十年にわたつているところの鐵道の懸案を解決していただきたいと、衷心より希望する次第であります。○逢澤政府委員 お答えいたします。本件は、根室本線の釧路驛から相生線の北見相生に連絡する鐵道を敷設いたしまして、沿線の豐富な資源を開發するとともに、運輸系絡上に資せよ、またこれが實現の際は鶴居村に停車場を設置せられたいとの御趣旨でありますが、お話のように、この線路は敷設豫定線でありまして、延長は約九十キロであります。また第九十議會でも衆議院に請願が提出されまして、採擇になつた鐵道であります。お話のように沿線は林産物、農産物、石炭などの資源がきわめて豐富でありまして、途中には阿寒國立公園がありまして、風光明媚な阿寒湖竝びに著明な阿寒温泉などがありまして、觀光的な價値は輕視できない所であります。經過地は釧路川、阿寒川及び網走川などの流域を通過いたしますので地形も大體良好でありますが、釧路、北見の國境には延長二キロくらいの隧道ができる見込みであります。また釧路寄りには二、三の比較線がありますので、これが研究中で、どこを通るともまだきまつておらぬのであります。當局といたしましては、その必要度は十分認めているのでありまするが、目下の情勢ではいろいろ資材、資金などの關係がありますので、早急な敷設はむずかしいと思つております。何とかして資材、資金その他の都合がつきますならば、近いうちにこの鐵道の建設工事を豫算に計上したい、こういうように考えているのであります。なお鶴居村に停車場を設置せよとのお話でごさいますが、實施の際は十分研究して實施したい、こういうふうに考えております。○伊藤郷一君 政府當局の誠意ある御答辯に感謝いたします。なお一言この際附け加えさしていただきたいことは、北海道の港灣は、御承知のように小樽、函館、室蘭、留萠、みな北海道の西部に偏しておりまして、東北海道におきましては、ただ釧路一港なのであります。この北見の網走港は相當いい港でありますが、殘念ながら冬期結氷いたしますので、釧路だけが東北海道における唯一の不凍港となつております。しかるに現在この鐵道が開通しないために、北見の國一帶の物資は、遠く留萠、小樽の方にまで迂囘をしていつておるというような點が多大にあるのでありまして、この點も御考慮をしていただきたいと思います。特に鶴居村を通るということを鶴居村民は要望しておりますけれども、私は國家的に見まして、鶴居村を通つていければ農業開發上非常にいいが、それがマイル數上問題になるならば、今の雄別社線を買い上げまして、ここからつないでもいいし、とにかく一日も早く國家再建のためにこの開設をお願いしたい、こういう趣旨であります。○坂東委員 採擇を希望いたします。○大塚委員長 採擇に御異議はありませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕○大塚委員長 採擇に決定いたします。    ━━━━━━━━━━━━━○大塚委員長 次は日程第六四、石卷、雄勝間省營バス運輸開始の請願、文書表第一四五號、紹介議員内海安吉君。○内海安吉君 石卷市と雄勝町を初め、大川村、橋浦村、二俣村、飯野川町、大谷地村及び牡鹿郡稻井村は、いずれも水陸の交通機關に惠まれません。終戰後辛うじて一日一囘の運轉を續けてまいりました民營バスがあつたのでありますけれども、これも先ほど小川原委員の御主張なされたごとく、民營バスは名のみでありまして、ほとんど運休の現状におかれてあるのであります。これがために、この附近の住民の不便はまことに多いのでありまして、石卷市にある地方事務所、あるいは勤勞署、税務署、營林署、内務省土木出張所、農業會支部、これらの諸官衙と町村との連絡というがごときことも、ほとんど不可能な状態におかれておるような有樣なのであります。これにつきましては多年のこの關係市町村民の要望でありまして、仙臺の管理局長竝びに運輸省の郷野陸運監理局長の方々にもたびたび陳情申し上げまして、どうしてもこの際石卷市と雄勝間三十キロの間に急速に省營バス開設の實現をしていただきたいというのが請願の理由なのであります。御當局の御意見を承りたいと思います。○逢澤政府委員 御答辯申し上げます。いろいろ從來の經過などについてお話があつたのでありますが、本院としては本文書につきましては未だ調査いたしておりません。仙石鐵道のバスの運行路線でありますので、これは休止はいたしておるというようなことも情報は得ておるのでありますが、その實情をよく調査いたしまして善處いたしたいと考えます。○坂東委員 採擇を希望いたします。○大塚委員長 採擇に御異議ありませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕○大塚委員長 採擇と決定いたします。    ━━━━━━━━━━━━━○大塚委員長 次は、先ほど保留しておきましたものが二つありますが、日程四五は延期して、日程第四六、北海道産玉蜀黍を藥用に増配の請願、文書表第九〇號、紹介議員坂東幸太部君。○坂東委員 これは題名は「北海道産玉蜀黍」でありますが、藥劑をこしらえるための原料としてのとうもろこしの増配の意味であります。すなわち本請願の趣旨は、北海道におけるとうもろこしの生産高は、平時九十五萬俵であつて、昭和二十一年は五十萬俵で、そのうち自家消費用の三十五萬俵を差引いて殘り十五萬俵中七萬五千俵を食糧として一般配給にまわし、その半數の七萬五千俵を藥劑用原料として、日本唯一のブタノール及びアセトン製造工場である旭川市所在の合同酒精工場に配給する方針であるようであるが、ブタノール及びアセトンは各種藥品の原料である關係上、この七萬五千俵ではその需要を充たすことができない。ついては貴重藥品、化學工業の現状に鑑み、十五萬俵を藥品製造原料にまわされたいというのであります。政府の御所見をお伺いいたします。○片柳政府委員 お答えを申し上げます。お話の點はごもつともでありまして、特に北海道のとうもろこしの集荷につきましては、合同酒精會社が相當集荷の面にも協力をされておるということも聞いておりまして、かつまたぺニシリンその他の貴重藥劑の製造原料として欠くことのできないブタノール、アセトンのことでございますから、御趣旨に副いまして、できるだけ考慮していきたいと思つております。ただ昨今の北海道の食糧情勢が御承知のような状況でありまして、三月十日現在でありまするが、私どもの報告ではまだ五〇%以上に供出が出ておらぬのでありまして、從つて御要望の數量をすぐさままわすということは困難と思つておりますが、しかしその後さいわいに北海道の食糧の供出状況も好轉をしておるようでございます。この點につきましては。北海道廳と今いろいろとやつておりまして、まず供出をできるだけ順調にいたしまして、それに即應してできるだけ御要望に副つてまいりたいというふうに考えております。工場の原料のストツクが切れてしまいますと困りますので、さしあたりそのつなぎの原料だけはたしかこの間一部は賣却しておるのであります。今申し上げましたように、今後の數量につきましては、北海道の供出状況と即應いたしまして、できるだけ考えてまいりたいということで、御諒承を願いたいと思います。○坂東委員 これは私の地元のことでよく事情を知つておりますが、私ども個人的にもあるいは人を派して市町村を激勵してまわつておりますから、おそらく相當みな知つておると思います。それで請願の趣旨にもある通りでありますから、これはひとつこの工場の方にまわすようにぜひ御努力願いたいと思います。採擇を希望いたします。○大塚委員長 採擇に御異議ありませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕○大塚委員長 では採擇に決定いたします。    ━━━━━━━━━━━━━○大塚委員長 次はまた運輸省關係に戻りまして、日程第五一、白山、新發田間鐵道速成の件、文書表第九二號、紹介議員井伊誠一君。○坂東委員 代つて紹介いたします。本請願の趣旨は、越後線白山驛より新潟驛を經て羽越線新發田驛に連絡する白新線は、これが完成の曉には神戸・青森・仙臺・東京の交通網が完備すると同時に、再建日本の平和産業の發展、地方文化の振興を急速に展開できるのである。しかもその沿線町村は縣下の平坦地帶である關係上、米穀、蔬〓、果實等の本場であり、かつ淡水魚類の生産地としても知られているが、輸送不便のため多く他に移出し得ない現状にある。一面鐵道敷設工事は多數の引揚者竝びに復員者の失業救濟の一助ともなるので、速やかにこれが敷設工事に着手せられたいというのであります。政府の御所見を伺います。○逢澤政府委員 お答えいたします。本件は越後線の白山驛から羽越線の新發田驛に連絡する鐵道を速成して、沿線の豐富な農産資源を開發するとともに、運輸系絡上に資せよとの御趣旨でありますが、この鐵道は第六十九議會に輸送力増強の目的として建設費豫算に計上された線路でありまして、このうち關屋・新潟間は既に工事完成いたしまして、昭和十八年十一月から貨物運輸を開始しております。また新潟、上沼垂間と大形、新發田間は土工工事に着手いたしましたが、戰爭中資金と資材その他の關係から工事を中止したのであります。當局といたしましては、二十二年度は主として戰災竝びに水害の復舊工事に主力を注いでおりますが、この鐵道につきましては何とか一部でも工事を再開いたしたいと努力しておる次第であります。○坂東委員 採擇を希望いたします。○大塚委員長 採擇に御異議ありませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕○大塚委員長 それでは採擇と決定いたします。    ━━━━━━━━━━━━━○大塚委員長 次は日程第五二、多古線復活の請願、文書表第一〇二號、紹介議員寺島隆太郎君。○坂東委員 代つて紹介いたします本請願の趣旨は、舊成田鐵道多古線は明治四十四年四月沿線住民の要望により敷設され、爾來該地方住民の受ける利便は年とともに加わり、運輸事業は發展の一路をたどりつつあつたのである。しかるに戰時中軍部は、南方作戰のためと稱して、沿線住民の猛烈なる反對を押し切つてこれを撤去し、その一切を南方に移設したのである。その結果住民の不便はなはだしく、殊に三里塚、八街間のごときは何らの代替施設もないのである。ついては速やかに本路線の復活を實現し、もつて再建日本の産業振興に資せられたいというのであります。政府の御所見をお伺いいたします。○逢澤政府委員 お答えいたします。成田鐵道は戰時中その緊要度を勘案いたしまして、軍用に轉換せられたものでありまして、會社當事者は終戰後の資材難、厖大なる建設費などのために、これが復舊の意思なきやに認められるので、さしあたつての對策としては、右代行機關である省營自動車を擴充強化いたしまして、少しでも沿線住民の不便を除去していきたいと考えておるのでありますが、なおそれでも不十分であるならば、さらに各般の事情を十分に研究いたしまして、その對策を立てたいと考えております。○坂東委員 採擇を希望いたします。○大塚委員長 採擇に御異議ありませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕○大塚委員長 採擇と決定いたしました。    ━━━━━━━━━━━━━○大塚委員長 次は、日程第五三、二俣、佐久間間鐵道速成の請願、文書表第一一〇號、紹介議員竹山祐太郎君。○坂東委員 紹介いたします。本請願の趣旨は、靜岡縣磐田郡二俣町より同郡佐久間村中部に通ずる鐵道は、昭和二十二年に完成の豫定であつたが、國内諸事情のため、未だその實現を見るに至らないことはまことに遺憾である。しかるに本鐵道の完成は、沿線地域の産業資源の經濟化と、表裏日本交通の短縮化を可能ならしめ、國家再建に貢献するところ大なるものがある。ついては、速やかに本鐵道の完成をはかられたいというのであります。政府の御所見をお伺いいたします。○逢澤政府委員 本件は、二俣線の遠江二俣驛から飯田線の佐久間驛に至る佐久間線を速成して資源の開發と運輸交通の便を開けとの御趣旨でございまするが、この線路は第五十一議會に林産、鑛産等の資源を開發するとともに、運輸系絡上の見地から建設費豫算に計上された鐵道でありますが、爾來資金、資材、勞務などの面から計畫通り工事に着手することのできなかつたものであります。昭和二十一年十月から全線に省營自動車を運營いたしまして、旅客、貨物などの便をはかつております。二十二年度は戰災、震災並びに水害の復舊に主力を注いでおりまするので、建設線は大部分の工事は全國的にこれを中止するのやむを得ない次第であります。當局といたしましては、この鐵道はまだ實測もいたしておりませんが、第九十議會で貴衆兩院において請願、建議が採擇、決議されておりまするので、今後十分調査研究をしたいと考えております。○坂東委員 採擇を希望いたします。○大塚委員長 採擇に御異議ありませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕○大塚委員長 採擇と決定いたします。    ━━━━━━━━━━━━━○大塚委員長 次は日程第五四、伊東、下田間鐵道速成の請願、文書表第一一九號、紹介議員小池政恩君○坂東委員 代つて紹介いたします。本請願の趣旨は、靜岡縣伊東町より下田町に至る鐵道敷設は、昭和十六年度において、これが實現のため、幾度か計畫測量が重ねられたが、たまたま戰時となり、遂に中止の已むなきに至つたのである。しかるに本鐵道は、單に交通上の利便のみでなく、産業開發上きわめて重要なる意義をもつものである。すなわち廣大なる天城御料林を初め、伊豆連山より産出する木材、薪炭、又南伊豆より發掘せられる鑛産資源、さらに無盡藏なる海産物等あり、これに加うるに、當地方は國立公園として豫定せられ、風光明媚、天與の觀光資源は到るところに散在し、觀光客誘致にも絶好の地である。ついては、速やかに本鐵道を敷設せられたいというのであります。政府の御所見をお伺いいたします。○逢澤政府委員 お答えいたします。本件は伊東線を延長して靜岡縣加茂郡下田町に至る鐵道を敷設して、沿線の豐富な資源を開發するとともに、運輸交通の便をはかれとの御趣旨で、第九十議會、第九十一議會の兩議會に衆議院で請願採擇された線路であります。この線路は豫定線でありまして、第五十六議會に資源開發竝びに運輸系絡上建設費豫算に計上されましたが、第六十四議會で敗政上の關係から豫算を削除した鐵道であります。お話の通り、沿線には鑛産、林産、海産物などの資源が豐富でありまして、途中には數箇所に著名な温泉や名所、遺跡などがありまして、觀光遊覽客の多い所であります。經過地はおもに海岸部で、變化の著しい複雜な地形で、トンネルは大きなものはありませんが、小隧道が多數掘鑿を要する見込みであります。當局といたしましては、この鐵道の必要度は認めておりまするが、現在の鐵道工事は戰災、震災あるいは水害の復舊に主力を注いでおります關係上、これに要する資金、資材などの調達もきわめて困難な情勢でありますから、この鐵道も重要度は確認をいたしておりまするが、さしあたつて急速な敷設は困難であるように考えております。○坂東委員 できる限り速やかに完成せられんことを希望して、採擇を望みます。○大塚委員長 採擇に御異議ありませんか。  〔「異議なしと」呼ぶ者あり〕○大塚委員長 採擇と決定いたします。    ━━━━━━━━━━━━━○大塚委員長 次は、日程第五五、石卷線を雄勝まで延長促進に關する請願、文書表第一二二號、紹介議員庄司一郎君。○坂東委員 代つて紹介いたします。本請願の趣旨は、宮城縣桃生郡雄勝町は、牡鹿郡女川町石卷線女川驛より、北東約八キロの地點に位し、水・林産業が盛んであつて、さらに全國唯一の玄昌石、スレート、硯の製産地であるが、交通不便のため、本町の發展を期することができない。ついては、政府は石卷線を雄勝町まで延長敷設せられたいというのである。なお本件は、第九十囘帝國議會においても、採擇せられたものであるから、速やかにこれが實現を促進せられたいというのであります。なお本件は第九十囘帝國議會においても採擇せられたものであるから、速やかにこれが實現を促進せられたいというのであります。政府の御所見をお伺いいたします。○逢澤政府委員 お答えいたします。本件は、石卷線を宮城縣桃生郡十五濱村字雄勝まで延長敷設して、資源の開發と運輸交通の便を開けとの御趣旨で、第九十議會に衆議院で請願採擇せられました線路でありまするが、お話の通り、沿線には海産物資源が相當あるほかに、林産資源もある見込みであります。この區間は鐵道敷設法豫定線になつておりませんが、昨年一應現地の踏査をいたしました。線路の延長は約九キロで、經過地には急峻な雄勝峠がありまして、約二キロの隧道ができる見込みであります。目下の情勢では、さしあたつてこの石卷線を延長することは困難であります。○坂東委員 さらに十分研究を願う意味で採擇を希望いたします。○大塚委員長 採擇に御異議ありませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕○大塚委員長 採擇に決定いたします。    ━━━━━━━━━━━━━○大塚委員長 日程第五六、舊鶴見臨港鐵道外三鐵道拂下げに關する請願、文書表第一四〇號、紹介議員三浦寅之助君。○坂東委員 紹介いたします。本請願の趣旨は、國有鐵道鶴見線、南武線、青梅線及び五日市線は、元來地方鐵道として、鶴見臨港鐵道、南武鐵道、舊青梅電氣鐵道及び舊奧多摩電氣鐵道の四會社が經營して、地方交通産業上、大なる貢献をしてきたものであるが、今次戰爭の末期において、戰時輸送力強化のため、戰時的緊急措置として政府に買收されたものである。しかるに終戰後國有鐵道として經營する必要の解消した今日、鐵道國有法の精神及び沿線市町村民の希望に從い、前記各鐵道をもとの經營各會社に拂下げられたいというのであります。政府の御所見をお伺いいたします。○逢澤政府委員 お答えいたします。鶴見臨港線その他の拂下げをせよとのお話でありますが、戰爭中に買收したる地方鐵道につきましては、全面的に拂下げることは考えられていないのでありますが、その後の輸送状況の變化もありますので、輸送系路その他の諸點をよく檢討いたしまして、必らずしも國有鐵道といたしまして經營するの要がなくなつたものがあるかもしれぬと考えております。もしそういうようなものがありますならば、具體的に線路に關しまして研究して、處理したいと考えております。なお具體的に申し上げまするならば、この鶴見臨港線、南部線などは現在進駐軍關係の輸送その他の大量の重要物資の輸送を行つておりますが、省線として今後も經營していくべきかどうかは、なお十分研究の餘地があると考えます。○坂東委員 この請願は參考送付とせられんことを希望いたします。○大塚委員長 本案は坂東君より參考送付の御意見があります。さよう決定いたしまして御異議ございませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕○大塚委員長 さよう決定いたします。    ━━━━━━━━━━━━━○大塚委員長 次は日程第五七、標津、羅臼間省營バス竝びにトラツク運輸開始の請願、文書表第七四號、紹介議員伊藤郷一君。○伊藤郷一君 御説明申し上げます。先づこの羅臼の地理的條件を申し上げますと、北海道根室國の知床半島の中部に位しておりまして、前面に現在ソ連の占領下になつておりますところの國後島が見えております。現在そこに行くルートといたしましては、根室から海上船で六時間かかりますが、あともう一つは、この請願に現われておるところの根室、標津から陸上十二里の道を經まして、その羅臼に參ることができるのであります。この羅臼は終戰直前までは漁業上それほど重大な價値をもつておらなかつたのでありますけれども、千島竝びに北洋を失いまして、すなわち北洋漁業の上において大轉換をきたした今日においては、ただ一つの北方漁田開發の基地なのであります、戰爭中は千島漁業に眩惑されまして、オホーツク海の漁業というものは全然閑却しておつたのでありますけれども、その北洋漁業を補うに近いものがこのオホーツク海漁業において充たされる。こういう現在形勢でありますが、このオホーツク海漁場の中心になるところの羅臼は、根室と違いまして不凍港でありまして、今後北方漁田の開發上きわめて重大な所だと思つております。私先ほどもお話しまして、くどいようでありますが、私ここに十一月初めてまいつたのでありますが、北海道の人でもみな、釧路、根室の人でもまだ羅臼に行つた人は少いのでありまして、行つて見て實に魚の種類の多いこと、それから豐富なことに驚嘆してきた次第であります。非常によけいなことを言うようでありますが、その重要なる羅臼の交通の問題でありますが、現在羅臼には貧弱な船入澗がありまして、それによりまして便利を得ておるのでありますが、冬期間根室が凍港になりますから、根室に來ることができない。結局羅臼に港が、あるけれども、相手になる港がなくて困つている。標津もまた港がないのであります。風が強くて船が着かぬ。結局陸上交通によらなければならぬのであります。鐵道をかけていただきたいのはやまやまでありますけれども、まずそこに省營バスと省營トラツクを通しまして、それによりて物資の輸送に當らしたい、こういう念願であります。もちろん現在實に人道上許されないような貧弱な民營バスが一日一囘走つておりますけれども、十二里の道、私も乘つたのでありますけれども、約順調にいきまして六、七時間かかるというような状態であります。バスが途中で事故を起す、故障を起すというのも一つの原因でありますが、その間多數の川がありまして、その橋梁が落ちている。そのために人が自動車から下りて、また乘る。自動車もその川を渡るというような工合でありまして、民營に任しておいては當然道路の修復もできない。實に地方の住民は省營バス、省營トラツクの運轉をそれだけを切望してゐる次第であります。ソ連の燈が目の前に見える非常に寂しい所に住んでいるこの數百戸の村落でありますが、その人々のために省營バスを運轉しまして、國家の恩澤に浴せしむるとともに、先ほど申しましたごとく、雄渾なる北洋進出の據點にしていただきたい、こういうお願いでございます。○逢澤政府委員 お答えいたします。標津、羅臼間に省營バス竝びにトラツクの運轉を開始せよとのお話でありますが、本線路につきましては、ただいまいろいろ詳細なお話があつたのでありますが、當局といたしましては、まだ調査をいたしておりませんような事情であります。今後いずれ調査をいたしまして、研究をいたしたいと考えます。○伊藤郷一君 お願いいたします。○坂東委員 採擇を希望いたします。○大塚委員長 採擇に御異議ありませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕○大塚委員長 採擇と決定いたします。    ━━━━━━━━━━━━━○大塚委員長 次は、日程第五八、日ノ影、高森間省營バス運輸開始の請願、文書表第九四號、紹介議員伊東岩男君。○坂東委員 代つて紹介いたします。本請願の趣旨は、日豐線延岡驛より分岐して高森驛に至る鐵道は、現在日ノ影驛まで開通しているが、さらに高森驛までの開通を、關係市町村民はこぞつて要望しているところである。しかし現在の國情では、その急速なる實現は困難と思われるので當面の問題として、省營バスの運行開始を熱望するものである。由來同路線は、九州中央横斷線として、交通ますます頻繁を加え、物資の輸送も多くかつ延岡、熊本兩市を結ぶ最短距離でもある。ついては、農山村の文化向上からも、資源開發上からも、交通の便をはかることが先決問題であることに鑑み、右區間に速やかに省營バスの運行を開始せられたいというのであります。政府の御所見をお伺いいたします。○逢澤政府委員 お答えいたします。日ノ影、高森間の省營バスを運轉せよとのお話でありますが、本線路は、旅客運營につきましては、現在宮崎交通株式會社が運行いたしております。それでありますから、この點をよく考慮いたしまして目下研究中でありますが、豫算、資材等の關係で早急に實現は困難であろうと思います。○坂東委員 採擇を希望いたします。○大塚委員長 採擇に御異議ありませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕○大塚委員長 採擇と決定いたします。    ━━━━━━━━━━━━━○大塚委員長 日程第五九、北見を中心とする三路線に省營バス竝びにトラツク運輸開始の請願、文書表第一〇〇號、紹介議員飯田義茂君。○坂東委員 代つて紹介いたします。本請願の趣旨は、北海道北見市を中心とする美幌、留邊蘂、津別各町竝びに端野、相内、訓子府、置戸、陸別各村にまたがる一帶の地域は、背後に國有、地方費の大原始林と、廣大なる肥えた農耕地とがあり、かつ鑛産物の埋藏も無盡藏であるといわれている。しかるに交通機關としては、現在わずかに石北線と網走線の兩鐵道があるのみで、一般住民の不便はもちろん、國策としての未開地開發産業の進展も遲々として進まない現状である。なお大雪山、阿寒兩國立公園及びチミケツプ道立公園豫定地を結ぶ地帶でもある。ついては、北見環状線、美幌・置戸線竝びに小利別、イトムカ線の三路線に、省營バス及び省營トラツクの運輸を開始せられたいというのであります。政府の御所見をお伺いいたします。○逢澤政府委員 お答えいたします。北見を中心とする三路線に省營バス竝びにトラツクの輸送を開始せよとのお話でありますが、本路線につきましては、いずれ調査研究をいたしたいと存じておりますが、既設の路線の増強、それと豫算、資材その他の關係もありますので、早急に實現は困難と存じております。○坂東委員 採擇を希望いたします。○大塚委員長 採擇に御異議ありませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕○大塚委員長 採擇と決定いたします。    ━━━━━━━━━━━━━○大塚委員長 次は、日程第六〇、兵庫縣下における連合軍拂下げ自動車による省營トラツク運營中止その他に關する請願、文書表第一一八號、紹介議員森崎了三君。○坂東委員 代つて紹介いたします。本請願の趣旨は、今囘政府は、連合軍の厚意による拂下げ自動車をもつて、運輸省各局管内に省營トラツクを計畫している由であるが、その一としての、兵庫懸における村岡――八鹿――江原―出石線の如きは、民間會社との競合線となるのみでなく、同路線は狹小なる惡路で、常に自動事の運行上に困難を感じつつある現況においてさらに省營トラツクを配置されることはとうていこの道路の耐え得るところでない。また輸送物資の面より見ても、目下圓滿に輸送が行われていて、省營トラツクの進出する餘地がない。むしろ省營で使用せんとする資材、燃料等を民間業者に増配される方が、輸送能力上效果的である。ついては、連合軍拂下げ自動車による省營トラツク運營を中止し、その事輛資材等を民間業者に配給せられたいというのであります。政府の御所見をお伺いいたします。○逢澤政府委員 お答えいたします。今囘の事輛は政府によりまして私企業と競爭する目的に使用されてはならないということは、政府といたしましても十分留意いたしている次第であります。これがため實施にあたりましては、地方の輸送協議會等を開催いたしまして、關係者におきまして十分協議の上、その輸送品目、分野等につきまして協調をしていくつもりでおります。御承知のごとく今囘の車輛によりまして、日本再建にぜひとも必要な石炭、薪炭、材木、主食等の滯貨を緊急に處理いたしまして、一日も速やかにあらゆる生産活動を活溌にさせねばならぬのでありまするが、議會におきましても、地方におきましても、これらの重要物資の計畫的な、鐵道と一貫しているところの輸送を要望している聲が多いのでありまして、今次の拂下げ自動車におきまして、省の計畫といたしましては、特に主食品、薪炭、戰災復興資材などの重要物資の輸送、既設の自動車線の増強整備、進駐軍の工事材料の輸送などの面に充當する考えであります。○坂東委員 この請願に書いてある要點にはちよつと觸れておらぬような感があります。全體的の御意見をお伺いしたのでありますが、この點に對してはどういうふうにお考えになりますか。○逢澤政府委員 お答えいたします。お話の拂下げ自動事を省營にすることによつて民業を壓迫するというように承るのでありますが、それは後段に申し上げましたように、省がこの拂下げ自動事を使用しまする場合には、先ほど申し上げましたように、よく地方の關係者とも協議をしてやるということが一つであります。そうしてその運送する種目が後段に申し上げましたように、主食品とか、薪炭とか、戰災復興資材のような重要な物資を輸送するとか、あるいは既設の省營でやつておりますところの自動車路線の増強をするのに充當するとか、あるいは進駐軍の工事材料を運ぶのに充當するとか、この種に限定してこれを使用するというような方針でいつておることを御承知願います。○坂東委員 ここには兵庫縣における村岡、八鹿、江原、出石線のごときは民間會社との競爭にもなり、かつ道も狹いからいけないのだ、そういうような趣旨もあるのですが、それに對してはどうでありますか。○逢澤政府委員 お答えいたします。御説のような所は、あるいは一部分にはそういうような所が生ずるかも存じませんが、大局的に考えましてやむを得ないことではないかと考えております。○坂東委員 本請願は政府に參考送付にせられんことを望みます。○大塚委員長 坂東君より參考送付の御意見がありますが、さよう決定いたしまして御異議ありませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕○大塚委員長 さよう決定いたします。    ━━━━━━━━━━━━━○大塚委員長 次は、日程第六一、標茶、計根別間省營バス運輸開始の請願、文書表第一〇三號、紹介議員森三樹二君。○坂東委員 代つて紹介いたします。本請願の、北海道釧路國標茶驛より、根室國計根別驛に至る路線の通過地點にある標茶村虹別は、昭和四年第一次拓殖計畫のもとに、四百戸の入植移民を見たのであるが、その後轉出する者續出し、一時は殘存戸數百戸にまで減少したので、北海道廳の計らいにより、補助乳牛を入れて、主畜農業を樹立して以來、再び入植者が増加し、漸次四百戸以上にも達し、將來は酪農生産資源地として、重要なる地位を占めんとする情勢にあるが、交通機關不備のため、住民の生産意欲を減退せしめつつあることはまことに遺憾である。ついては、速やかに本路線に省營バスの運輸を開始せられたいというのであります。政府の御所見をお伺いいたします。○逢澤政府委員 お答えいたします。標茶、計根別間に省營バスを開始せよという御趣旨でありますが、本線路につきましてはいずれ調査研究いたしたいと存じておりますが、既設路線の増強と、豫算、資材などの關係もありますので、早急に實施は困難であろうかと考えております。○坂東委員 速やかに調査を要望いたしまして採擇を希望いたします。○大塚委員長 同案については調査を要望しておりますので、さよう決定いたしてよろしうございますか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕○大塚委員長 それではさよう決定いたします。    ━━━━━━━━━━━━━○大塚委員長 次は、日程第六二、省營バス加治木線牟多田停留場を驛に擴張の請願、文書表第一〇九號、紹介議員原國君。○坂東委員 依頼によつて代つて紹介いたします。本請願の趣旨は鹿兒島市より薩摩郡入來村、宮之城町を經て出水郡出水町及び米之津町に至る新設省營バス線路が、昭和二十二年二月中旬より北薩線として開通するのであるが、その中間に位する入來村牟多田は、加治木線省營バスの停留場であり、北薩線への交叉點となる重要なる位置にあるにもかかはらず、驛舍もない状態である。ついては加治木、北薩兩線を直結して、旅客交通の利便をはかる見地より、加治木線牟多田停留場を乘換驛として擴張し、人員を配置し、驛舍を構築せられたいというのであります。政府の御所見をお伺いいたします。○逢澤政府委員 お答えいたします。省營バスの加治木線牟多田停留場を擴張せよというお話でありまするが、本請願は、鐵道の入來驛にわずか四キロの地點でありますので、その點を考えまして、現在のまま旅客のみの取扱驛といたしておりましたが、詳細な御説明がありますので、その御趣旨につきましてはなお十分研究いたしたいと考えます。○坂東委員 採擇を希望いたします。○大塚委員長 採擇に御異議ありませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕○大塚委員長 それでは採擇に決定いたします。    ━━━━━━━━━━━━━○大塚委員長 日程第六三、長崎、茂木間省營バス竝びにトラツク運營開始の請願、文書表第一三八號、紹介議員本田英作君。○坂東委員 代つて紹介いたします。本請願の趣旨は、貿易、經濟、交通、文化の各般にわたり、わが國西部中樞の要地である長崎市は、各種工業の發展に伴う當然の現象として、その主要食糧、燃料その他の生活必需物資を近接各町村に依存し、殊に長崎市を去る六キロにして、農産物豐富なる茂木町に仰いでいる。一方茂木町も米穀、調味料、清酒その他を長崎市を經て移入しており、兩者は彼此相互依存の關係にあり、かつ戰災後長崎市内の住宅が極度に拂底したため、多數の官公吏、會社員、學生等は茂木町より通勤通學する有樣であるが、兩者を結ぶ交通機關としては、現在わずかに民營にかかるバスの運行があるけれども、運休多くして不便極まりない。ついては長崎市の復興と、茂木町の繁榮をはかるため、速かに兩者を結ぶ省營バス竝びにトラツクの運輸を開始せられたいというのであります。政府の御所見を伺います。○逢澤政府委員 お答えいたします。長崎、茂木町間に省營自動車の運輸を開始せよとの御要望でありまするが、國營自動車は國有鐵道網と一體なりまして、いわゆる陸上交通系絡の骨幹を形成すべきものと考えております。從つて路線は國有鐵道の先行、代行、短絡線、あるいは産業開發線、開拓路線等から選定いたしまして實施するのであります。本路線につきましては調査した上でないとはつきりしたことは申し上げかねるのでありますが、右に申し上げました國營自動車としてやるべき性質のものではないかと思いますので、いずれ實情を調査した上で研究したいと存じます。○坂東委員 本請願はさらに調査を願う意味で採擇を希望いたします。○大塚委員長 ただいま坂東君より調査研究を願う意味で採擇を願いたいという御希望でありますが、さよう決定して御異議ありませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕○大塚委員長 それでは採擇に決定いたします。    ━━━━━━━━━━━━━○大塚委員長 日程第四五は次會に延期することにいたしまして、これで本日は全部日程を議了いたしました。本日はこれにて散會いたします。   午後四時二十二分散會